【結婚式のお悩み】もっと協力してほしい!結婚式を2人でつくるためにどうすればいい?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

ご婚約おめでとうございます。これから、ご両親へのご挨拶や、職場への報告、式の準備と忙しくなることだと思います。私も一度経験しましたが、この時期は忙しいながらにとても幸せな時期でした。

しかし、それは彼の協力があってこそだと思います。1人で全て背負うとなれば、もう嫌になって、大げんかして婚約破棄…なんてこともないとは言い切れません。

今回は、彼が非協力的な場合でも、どうすれば楽しく素敵な式の準備が出来るかについて考えていきたいと思います。

1.ふたりで一緒に頑張る

fb46f007172c0226e58f5cda5237440d_s

これが1番理想的ではあります。非協力的な彼に、『とにかく一緒に頑張りたい』という思いを伝えます。間違っても『協力してよ!』などと強気で言ってはいけません。

可愛らしく、『2人の式なんだから、一緒にやりたいよ』と甘えてみましょう。

彼が消極的な場合は、デートの合間に結婚指輪を探してみたり、ウェデイングフェアなどに参加して気分を盛り上げてみると良いでしょう。

2.役割分担をする

wedding-1255520_960_720

仕事を分担します。真面目な彼にはこの方法はなかなか有効だと思います。例えば、彼には金銭管理を任せて予算を立ててもらったり、ドレスやブーケなどの金額の決定権を彼に委ねたりします。

もっと簡単なところでは、『会場は私が探すから、あなたは予約をお願いね』などでも良いでしょう。

3.とことん自分の好みにする

wedding-443600_1280

指輪、会場、ドレスにブーケ…こだわりだすと、ウエルカムボードやペーパーアイテムまで、式の準備はとにかく悩みます。どれもステキなんです。

ところが、多くの男性はそういうものに、あまりこだわらないのが現実です。『正直どれも同じに見える』というのが男性の意見です。

なので、とことん自分の満足いくように選んで良いのです。その中で、『これとこれならどっちがいい?』と彼の意見も取り入れることで、一緒に選んだという満足感も得られます。

4.諦める

8adca21264245c16709989478b0a457b_s

上記のように彼にアプローチしても、全く心を動かしてくれない彼だとしたら、一体どうすれば良いでしょうか。

もう、諦めましょう。何を諦めるのかは、個人の問題です。

ただ、結婚後の生活でも同じようなことが起こり得ます。それでも結婚したい!という強い愛があるのなら、式にこだわりすぎるのは諦めましょう。

結婚式場のウェデイングプランナーさんが、ステキな式をコーディネートしてくれます。ヘアメイクも担当の人が、自分に合ったヘアメイクを施してくれますし、写真もプロの人が綺麗に撮ってくれます。

ペーパーアイテムも、ネットでもステキなものを注文することができます。彼が協力してくれないのなら、周りの人たちの協力を求めるのも良いでしょう。

大好きな彼との結婚が決まり、とても幸せな時期ではありますが、マリッジブルーと言いますか、やはり女性ですから精神的に不安定になったりもします。

出来ることなら彼と一緒に式の準備も頑張りたいですが、時には妥協したりして、2人で素晴らしい結婚式をつくってくださいね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone