40代女性必見!40代で恋愛対象になる女・ならない女の違い4選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

「まだ一度も結婚したことがない」「バツイチで子供が居る」など、40代の女性でもまだまだ恋をしたいと思っている人も少なくありません。

40代でも男性からアプローチを受けたり交際相手がいるなど、恋にに自由していない人もいれば、なかなか良い相手に恵まれない人もいます。

それでは同じ40代でも、恋愛対象になる女とならない女にはどのような違いがあるのかご紹介します。

1.外見に気を使っている

陳列されたハイヒール

40代でも外見に気を使っている女性は、恋愛対象になりやすいでしょう。「もう歳だから…」とすっぴんのまま外出したり服装もヨレヨレの物を着るなど、身なりに気を使わない女性は、周りの40代に比べて老け込んで見えます。

派手にする必要はありませんが、最低限の身だしなみを整え気を使うだけで印象もだいぶ違って見えるでしょう。

2.可愛らしさを忘れていない

口紅を塗るかわいい女の子

年齢を重ねるにつれて、がさつになったり考え方がオバサン化し、可愛げが無くなっている女性がいます。そのような女性は何気ない態度にもがさつさが表れやすいですし、顔からも笑顔が消え仏頂面になりがちです。

このようになると男性が近寄り難くなり、声が掛からなくなってしまいます。

その反面、いくつになっても可愛らしさを忘れず、笑顔でいる女性は男性から誘われやすいでしょう。

3.アクティブである

スーツケースを引く女性

「最近何をしても楽しめない」「興味を持てる物がない」など、何ごとにもやる気が起きず生きがいのない女性は、魅力が半減してしまいます。

その反面、趣味や習い事などアクティブに活動している人は、生き生きとしていてオーラもキラキラしています。そのような女性は男性から見ても魅力的に映り、恋愛対象になりやすいのです。

また、趣味や習い事をしていると出会いの機会も増えるため、さらに男性から声が掛かる可能性が高まるでしょう。

4.過去に恋愛経験がある

海を眺めるカップル

現在、恋人がいなくても、過去に恋愛経験がある女性は40歳を過ぎても恋愛対象になりやすいでしょう。どうしても40歳になると若いころよりは出会いの率は減りますが、それでも恋愛経験の有無は大きいです。

恋愛経験がある女性は、男性との付き合い方をある程度分かっているため、年齢を重ねても恋愛できます。

しかし、これまで恋愛経験がなく40歳まで来てしまった人は、残念ながら恋愛対象にはなりづらいでしょう。40歳になるまで恋愛経験がない女性の多くは、男性とどのような話をしたら良いかわからず先へ進めません。

また、相手の男性からも「この歳になるまで一度も彼氏がいないなんて、何か欠点があるのでは…」と敬遠されがちです。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone