【恋愛】年下男を落とす!今すぐできるテクニック3選をご紹介

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

映画やドラマではよく目にする「年下の彼氏」、私には無理だ!なんて決めつけるのはよくありません。

あなたの持っている魅力を最大限に引き出すことで、年下の男の子を落とすことができます。

ここでは、年下の男を落とすテクニックをご紹介します。ツボを押さえた立ち居振る舞いで、ぜひあなたの希望を叶えてください。

1.年齢ネタは使い方による

barcelona-1620957_960_720

職場や学校でよく言われてしまうのが、年齢ネタ。

自分の年齢を気にしているアナタ、うまく自分の年齢についてネタにすることで、うざいどころか好感度上昇につなげることができるんです。

注意したいのは、よくある「私何歳に見える?」という問いかけはうざいと思われる可能性が高いので言わないことです。

そうではなく、年齢は変えられないことなので、堂々としていましょう。

そのうえで、たとえば、「可愛いものが好きな自分」や、「子供っぽいスポットが好きな自分」というものをネタにしましょう。

年相応の落ち着きと共に、無邪気さも兼ね備えたあなたなのだということをアピールするのです。

たとえば、「大人なのに恥ずかしいけど、パステルカラーのグッズって大好き」「私ってもういい年なのに、クリームソーダが大好きなんだ」など、ギャップを狙った可愛さをアピールすることで、カウンター的に魅力アピールが可能です。

2.パーソナルカラーを取り入れたおしゃれをする

ウエディングカップル

最近の若い男性は、残念ながら、それほど経済力に自信がある人は少ないです。

特に年上のあなたが、あまりにもブランドばりばりの恰好をしていると引かれてしまう可能性があります。

年上のあなたに一番わきまえて欲しいのは、自分に似合う色彩を取り入れたコーディネートをするということです。

最近、パーソナルカラー診断を手軽に受けられるようになりました。お金や時間がないという人は、無料でネット上の簡易診断を受けても良いでしょう。

ブルー系、イエロー系など、自分に似合う色をさりげなく取り入れたおしゃれは、何よりもあなたを若々しく魅力的に見せます。

若さだけではない、深みのある魅力をアピールしましょう。

3.知らない知識について、あえて尋ねてみる

cf4785b72688c7da8e25ee8d2886dbf2_s

年上の女性が引かれてしまう理由として、偉そうに見えてしまうということもあります。

年齢を使ったカウンター攻撃として使えるのは、「私、いい年してこういうことを知らないの。教えてくださる?」という、謙虚な姿勢です。

知っていることでも、あえて天然のふりをしてもいいので、年下の男の子に何か知識について尋ねてみましょう。相手が詳しい分野のことがいいです。

連発するとおバカだと思われる危険もあるので逆効果ではありますが、あえて謙虚に年下の男の子の知識を頼りにする姿勢は、ギャップ萌えを生み出します。

ポイントを押さえて、たまには天然を演じてみましょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone