【婚約】婚約したことを職場に伝えるベストなタイミング3つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

彼氏彼女という普通の交際であるならば職場に伝える必要もありませんが、婚約となればいつまでも職場に秘密にしておくわけにもいきませんよね。

そこで今回は、婚約者がいることを職場に伝えるタイミングはいつがいいのかをご紹介します。

1.職場の飲み会や食事会の席で話す

ed1dc7948e243638de0ee61e73136445_s

忘年会や社員旅行など、職場の人たちとゆっくり話ができる場を利用して、婚約者がいることを話すのがベストでしょう。

このような場では、普段話づらい上司やあまり話す機会がなかった同僚などとも、フレンドリーに話しやすい雰囲気になることが多く、自分のプライベートのことも話しやすいのではないでしょうか。

お酒を飲むことでさらに雰囲気が和んで、いつも気難しい上司もご機嫌よく対応してくれるかもしれませんし、婚約を発表する本人自体もお酒の力を借りていつもより緊張せずに話せるかもしれません。

また、このような場面では、職場の人がみんな集まっているため、社員全員の前で発表することで報告が一度で済むでしょう。

2.まずは上司にこっそり話す

3686c03727d9a2f106d6f6148fa05932_s

婚約したことを必ず上司には知らせなければならないといった職場がほとんどですよね。

そこで、最初に上司が一人でいる時を狙って「実は婚約することになりまして…」と上司に個人的に報告することをオススメします。

上司の性格にもよりますが、上司に話したことで、そこから他の社員へと自然と広まるかもしれませんし、上司が朝礼などで婚約を発表する場を設けてくれる場合もあるかもしれません。

3.親しい人に話す

2d08cd5b3ccb1d7652ff25f911f33391_s

上司や他の社員には言いづらくても、普段からプライベートな話をする親しい同僚などには、婚約したことを話せるという人も多いのではないでしょうか?

このような場合は、まず親しい同僚に話し、何気に他の社員にも伝えてもらう形をとるのも良いでしょう。

「絶対内緒だよ」と言わなければ、こういった話題はすぐに他の人の耳にも入りやすいものですし、黙っていてもあっという間に「○○さん、婚約したんだって!」といったようにみんなに広まるでしょう。

そうすると周りのほうから「婚約したんだって?」「結婚はいつ?」などと興味深々で質問してくるものです。

そのときに、婚約した事実や結婚の時期などを周りに話すことができるので、わざわざ自分からそのような場を作らなくても職場のみんなに婚約を伝えることができるのではないでしょうか。

普段から照れ屋だったり、自分のプライベートを大げさにしたくないと思っている人にはおススメの方法です。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone