年上男を落としたいアナタに朗報!今すぐできるテクニック4選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

好きな人が年上で困っている。そういう人もいることだと思います。

年齢差があると、どういう風に接したらいいのかわからないことがありますよね。

そんなあなたに、今すぐできるテクニックを4つお教えします!

1.礼儀正しくふるまう!

8dd6f7b51862728c309158d717c6cd25_s

年下の可愛さをアピールしたいという人が犯しがちな間違いとして、失礼なことを言ったりして自由奔放に振る舞うのが可愛さだと勘違いしている人をよく見かけます。

しかしながらそれはNG!年上の人に対して礼儀正しく振る舞うということは、年上を落とすうえでの基本だといえるでしょう。

幸い今日は、インターネットも発達していますから、マナーや礼儀について学べる機会はたくさんありますよね。

一番手っ取りのは敬語を使うことです。「わかりました」を「かしこまりました」に、「あ、どーも」を「恐れ入ります」に言い換えましょう。

2.自分の知らないことを説明させる!

a0002_007795

次に有効なのが、自分の知らないことについて相手に質問し、相手が説明するのを真剣に聞くことです。

男性というのは誰かにものを教えたいという心理があるものですから、その人が得意な分野について説明させてあげましょう。

もし、その話があまり面白くなかったとしても、露骨につまらなそうにしてはいけません。

相手のほうをしっかり向いて、適切な相槌をうちましょう。感心し、感動していることを伝えましょう。

一生懸命自分の話を聞いてくれる人というのは、好感が持てるものです。

3.時には甘えてみる!

a1640_000180

親子ほどの年の人であれば、「あなたみたいな人がお父さんだったらよかったなあ」、と言い、兄弟ほどの年の人であれば、「あなたみたいなお兄さんがいたらよかったなあ」といった言葉をかけてみましょう。

家族的な甘え方をしてみるのもテクニックです。

このテクニックを使う場合、「家族的にしか見ていません」というメッセージになってしまうと逆効果ですから、親しみ深く甘えつつも、女性としての魅力もアピールするという意識が必要です。

サバサバした言い方ではなく、色気のある言い方をすることが必要です。

4.仕事能力をアピール!

persons-768683_960_720

また、年下だからといって、無能なふりをする必要はありません。

相手がしっかりした人であればあるほど、無能ではなく優秀な人をパートナーにしたがるものです。

仕事や勉強で、自分が得意なことがあるのであれば、そうした面をしっかりアピールしてください。

出来ることをできるということ、自分に自信を持つことはあなたの魅力を輝かせ、年上の男性に頼もしいと思ってもらえることに繋がります。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone