40代向けの婚約指輪は?一生に一度だからこそ手に入れたい婚約指輪ブランド6選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

晩婚化に伴い40代で結婚するカップルも増えてきました。

40代の婚約指輪の平均的な相場は30〜50万円と言われており、確かなブランドや大きさにこだわったダイヤを選ぶ傾向がある一方、着ける機会の少ない婚約指輪は購入せず、結婚指輪にお金をかけたり、家の購入などに回すという現実的な人も少なくないようです。

比較的資金にも余裕がある40代の大人婚のカップルにおすすめの、大人の女性に似合う高級ジュエリーブランドをまとめてみました。

1.「ハリーウィンストン」HARRY WINSTON

世界中の女性を魅了し続ける「ハリーウィンストン」の最高級のダイヤモンド。

厳選された原石のみを扱い、確かな技術力に裏打ちされた最もダイヤを輝かせるデザインとセッティングは他に類を見ない「ハリーウィンストン」だけの輝きを生み出します。

その輝きは年を重ねるごとに美しさを引き立ててくれ、まさに一生に一度の宝物となるでしょう。

2.「ティファニー」Tiffany & Co.

幅広い年代から支持される「ティファニー」は女性達の永遠の憧れ。ティファニーダイヤの美しいカットと独自の輝きは着けているだけで幸せな気持ちにさせてくれます。

また若い時と違って「ティファニー」で買えるものを選ぶのではなく、大きさやデザインにもこだわった本当に欲しい指輪選びができるのもこの年代になってこその楽しみです。

3.「カルティエ」Cartier

誰もが知る世界でも指折りのトップブランド「カルティエ」。確かな品質とブランド力においては「カルティエ」の右に出るものはいないでしょう。

長く愛される定番シリーズが多いのもその証拠で、共に永く年を重ねていく一生に一度の婚約指輪にはエイジレスな「カルティエ」の指輪がぴったりです。

4.「ヴァンクリーフ&アーペル」Van Cleef & Arpels

世界5大ジュエラーの1つに数えられると共に、パリ、ヴァンドーム広場に店を構えるグラン・サンクの1つでもある名門ジュエラー「ヴァンクリーフ&アーペル」。

限りなく無色に近い最高級のダイヤモンドだけを使い、熟練の職人が手作業で仕上げています。

アルハンブラに代表されるように「ヴァンクリーフ&アーペル」の上品で可愛いモチーフは大人の女性にこそ良く似合います。

5.「ショーメ」CHAUMET

かのナポレンに愛された歴史と伝統あるブランド「ショーメ」。

独自の基準による厳選されたダイヤを使い、フランスらしい洗練された個性的なデザインの指輪は世界屈指の高い技術を持つ職人を抱える「ショーメ」だからこそ作り上げることができます。

高級ブランドでありながらあまり人とかぶることがないのもオススメのポイントです。

6.「ミキモト」MIKIMOTO

日本らしい繊細さと丁寧な作りの「ミキモト」の指輪は日本人の指を知り尽くした国産ブランドならではのつけ心地の良さです。

「ミキモト」といえばパールが代名詞ですがダイヤにもこだわりその品質は一流で、研磨技術もトップクラスです。

またダイヤではなくあえて「ミキモト」の最高級パールを婚約指輪に選ぶのというのも素敵な選択のひとつかもしれません。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone