【婚約のギモン】ご両親への挨拶は済んだけど、ご兄弟への挨拶はどうする?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

結婚を前提として交際しているカップルにとって、お互いの両親への挨拶はもちろんのこと、兄弟への挨拶も必要になってきますよね。

そこで今回は、婚約している交際相手の兄弟への挨拶の仕方やタイミングなどをご紹介します。

1.お盆やお正月を利用する

architecture-1836070_1280

大抵の家庭では、お盆やお正月には普段あまり実家に顔を出さない兄弟たちもみんな集まるものですよね。

普段であれば仕事が忙しく時間が取れなかったり、遠くに住んでいる兄弟は長期の休みでなければ帰省できないなど、顔を合わせたいと思っていてもなかなか思うようにいかないものです。

いくら自分の交際相手を紹介したいからといって、わざわざ忙しい合間をぬってスケジュールを合わせてもらうのは兄弟たちにも申し訳ないですし、場合によっては「こんな忙しい時に顔合わせだなんて非常識だ」と婚約者の印象も悪くなってしまうかもしれません。

そこで、兄弟たちが集まりやすいお盆やお正月のタイミングを狙って挨拶のキッカケをつくることで、兄弟たちも快く顔合わせに応じやすくなるでしょう。

2.前もって打ち合わせする

PAKS_BISTROtennai_TP_V (2)

婚約者の兄弟に挨拶に行く場合、日にちや時間はもちろんのこと、どこで顔合わせするのかを前もって決めておく必要があるでしょう。

中には、兄弟が先に結婚していて家庭がある人もいますよね。その兄弟に家に挨拶に行く場合もあるでしょうし、どこかのお店で待ち合わせをするパターンもあるでしょう。

相手のスケジュールも聞かず勝手に家にお邪魔しては迷惑になりますし、前もって打ち合わせをすることでお互い嫌な気分にならずに済みますよね。

3.手土産を持参する

gift-bags-2067663_960_720

特に高級なものでなくてもいいですが、気持ちとしてちょっとした箱菓子を持参することも必要でしょう。

出来れば事前に、婚約者から兄弟の好きなものを聞いておいて、好みのものを持参することでさらに喜ばれるのではないでしょうか。

また、兄弟に家庭があるなど、人数が複数いる場合には、お菓子の数が足りなくならないように少し多めに持って行くのが望ましいでしょう。

4.失礼のない格好をする

d073512a24334f3807378a6fd4356d59_s

結婚式や結納といったお祝いごとではないので、特別着飾る必要はありませんが、失礼のないように生活感のある格好で顔合わせすることをオススメします。

ジーンズやTシャツなどのラフすぎる格好はさけ、スラックスやスカート、ブラウスやジャケットなど少し改まった格好のほうが印象がいいでしょう。

特に女性スカートの丈が短すぎたり肌の露出が多い服装はさけ、清楚に見える服装が望ましいでしょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone