誰からも真面目に思われている人がなぜか不倫に走ってしまう3つの理由

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

不倫というと一般的には好ましくないものであたり、不倫をした方が悪いと言われるものですが、有名人をはじめとして今も昔もかなりの数の人が不倫に走ってきました。

中には普段仕事ぶりが有能だったり、家庭では良き妻で良き母親だったという人が突然不倫をしてしまったということもあり、周囲を驚かせることもあります。

ではなぜそのような真面目だと思われている人までもが不倫に走るのでしょうか。

1.相手から強引に誘われてしまった

部屋で話し合うカップル

真面目な人は相手から強い態度で出られてしまうと、それに応えたいと思う気持ちが出てしまいます。

不倫に関しても相手が自分のことを好きだと言ってきたり、付き合いたいと積極的に言われてしまうと相手を傷つけたくないという気持ちが起きてうまく断り切れないため、相手の気持ちを受け取ろうと不倫をしてしまうのです。

最初は1回きりのデートで断ろうとしても相手を悲しませるのはいけないという思いが生じてしまい、いつの間にかズルズルと不倫関係を続けてしまうのです。

2.本気で不倫相手のことを好きになってしまった

デートするカップル

真面目な人は好きになった人を一途に愛する傾向があります。そのため結婚した相手を生涯にわたって愛するのが当然のことだと思っているものです。

しかしながらパートナーに冷たくされている、もしくは話をしても気の利いた返事が返ってこないという状況で新たに魅力のある異性、もしくは自分のことを好きになってくれるような異性を見つけてしまった場合、今度はその異性の方を本気で好きになってしまうものです。

根が真面目なのでその異性に対しては何かと優しくするようになり、次第に不倫相手として付き合うようになってしまうのです。

3.自分が真面目でいるのが嫌になってしまった

カップルの足元

真面目というのは周囲から見てメリットにはなるのですが、何かと付き合いづらいと思われる場合や面白くないと感じ取られてしまう場合も多々あります。

そのようなことを薄々感づいてくると、何かしら不真面目と思われるようなことをしたくなるものです。

しかしながら仕事や家庭内では不真面目なことをするとすぐに見つかってしまう上に人に迷惑をかけてしまうということから、人に見つからないように不倫をして1度くらい不真面目な自分をさらけ出してみたいと思う人も多いのです。

この場合は不倫が発覚しないようにとにかく証拠を隠滅したり帰宅時間を遅らせないようにするなど、表上は真面目を装っているのです。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone