たった2%の成功例!35歳以降に結婚できた女性の5つ特徴

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

アラサー・アラフォー女性たちが婚活に焦る理由は、「女性は若い方がモテる」「出産の年齢には限界がある」という点がありますね。

実際に婚活事情は年齢が上がれば上がるほど厳しくなるようで、ある統計によると、35歳で独身の女性が、その後の人生で結婚できる確率はたった2%というものもあります。

確かにこの数値は厳しく思えます。しかしその2%に入ることができればいいので、あきらめることはありません。その2%の人たちはどのような理由でその狭き門をくぐって結婚できたのでしょうか。

35歳以降に結婚できた女性はどういう風に結婚したかその背景や性格や考え方を見ていきましょう!

1.癒し系でおおらかな性格の女性

一緒にいて「癒される女性」というのはやはりいくつになってもモテるようですね。

それに加えて、年齢を重ねたからこそ身についた、相手を包み込むような包容力と、細かいことは笑って許せるいつでもほがらかで「おおらかな性格」というのがポイントのようです。

こういった性格の女性は多少不利な年齢になっても男性から人気で、結婚できる、ということのようです。

結婚を目指すアラサーアラフォー女性は、こういった雰囲気が出せるよう努力してみるのもいいかもしれませんね。

男性から守ってもらいたい、支えてもらいたい、という思考を、私が守ってあげる、支えてあげるという風に変えてみるのも手です。経済面でも支える覚悟をしてもいいかもしれません。

12312312312

2.長く付き合った恋人とついにゴールした女性

35歳以降に結婚した女性のひとつのパターンとしては20代の頃から付き合っていた男性がいて、その人とめでたく結婚できた、というものがあります。

なかなか結婚してくれない優柔不断な男性は多く、結婚を意識した場合、結婚適齢期に別れる決断をする女性も多いですよね。

そこで別れる決断できなかった女性というのはやはり結婚できないリスクを背負ってでも彼を信じて長年がんばってきた女性。そこにやっと男性側も観念して結婚してくれる場合もあるようです。

ただこれはかなり運が良かった場合です。ずるずる付き合った挙句、サクッと捨てられて、パパッとみつけた若い女性と結婚する男性も多いので、信じて待つのはかなりのリスクだと思ってくださいね。

3.度重なる挫折にも負けず、くじけずに婚活を続けた女性

123123123

30代になって周りが結婚するので焦って婚活を始めたものの、やはり若い頃に比べるとびっくりするほどモテない!

若い頃はこっちからバンバン切り捨てていたようなレベルの男性にもバッサバッサと切り捨てられる!そんな状況にショックを受けて、プライドもズタズタに、婚活が怖くなったり落ち込んでしまう女性も多いようです。

そこで精神的な苦痛に耐えかねた人は諦めて独身を楽しむことに精を出しますね。確かにそんなつらいことを続けてまで結婚しなくてもいいか、と思ってしまう気持ちもわかります。

しかしそんな苦痛のなかも諦めずに「それでも結婚したい!」と何度も何度もチャレンジし続けた人、そんな人はやはり最終的に結婚できているようです。

「夢は諦めなければいつか叶う、叶わなかった人はどこかで諦めたからだ」という考え方に似ていますね。婚活を続けたからこそ、ということでしょう。

4.婚活を諦めたらなぜか結婚できた女性

さて、苦痛に耐えて諦めずにかんばった人が結婚できた一方で、諦めた途端にすんなり結婚できたというパターンもあるようです。この差はなんなんでしょうか。

頑張りすぎて「何が何でも結婚しなきゃ!」とギラギラメラメラ燃えてしまっていた人、そういう人はどうも相手の男性に威圧感や怖い印象を与えていることもあるようです。

「ちょっと焦りすぎてて怖い・・」そんな印象を抱かせてしまっていたばっかりに、これまで全然うまくいかなかった、そんな女性が「もうダメだ」、と諦めた結果、肩の力が抜けて、印象もかわり、やさしい雰囲気に。

結果的にお見合いパーティーなどの婚活でなく、自然な出会いで結婚できた、ということのようです。結婚を諦めて一生できる趣味に没頭し始めたら、その趣味のつながりで出会った人と、というような、パターンですね。

必死になりすぎて顔がひきつってませんか?頑張る気持ちは大事ですが、必死感が仕草やしゃべり方にあらわれていませんか?そういう場合は一度婚活をお休みしてみるのも手かもしれませんね。

1312312312

5.周りばかり見てた!やっと自分に合う人に気づいた女性

自分に合う男性がどんな男性か気づいたらあっという間に結婚できた!という場合があります。

基本的にいつまでも結婚できない女性はいったん固定観念をまっさらにしないと結婚できない傾向にあります。一種の病気のようになってしまっているんです。結婚適齢期を過ぎたら起こる、思春期みたいなものですね。

例えば「年収600万以上で、家事も育児も手伝ってくれて、顔も不快ではなくて、身長が私より高くて、親と同居しなくてよくて、おしゃれで、デートのエスコートもスマートで・・・」というように全般的に完璧な男性を求めていて、それ以外は瞬時にシャットアウトしているパターン。

でもこれって、実際は見栄や周りの目を気にするからこそ起こる願望です。考えてみてください。

・友人夫婦と同等のレベルの暮らしができていないとカッコ悪いからこのくらいの年収の人がいい。
・家族や友人に夫を紹介するときにデブやブサイクだったら恥ずかしい。
・男性を女性が養っているなんて、誰が見てもカッコ悪いし、ヒモみたいな悪い人みたいな印象を持たれそう。
・ここまできて変な男性と結婚したら「妥協したな」って思われるしイヤ!

周り目を気にしないで、本来の自分の願望だけを考えてみましょう。周りがどう思おうと、あなたが幸せならいいんですよ!そこをよく考え直してみてください。

・よく考えてみたら顔さえカッコよければ私は満足だった!経済的には私が支えてもいいかな。
・大きな家にさえ住めれば満足だった、お金さえあれば、相手がデブでもハゲでも別に平気!
・バツイチでも別にいいと考え方を変えたら、素敵な人が周りにいっぱいいる!
・収入も見た目も全てが平均よりちょっと下の男性、でも大きな欠点もないし、何より私をすごく大事にしてくれる!これってすっごい幸せじゃない?

そんな風に周りの目や変なプライドに惑わされず、本当に自分に合う人を探している女性は年齢に関係なく結婚できます。この「考え方を変える」をできた人から結婚できるんです。できてない人が独身のままなんです。

冒頭に挙げた「年収600万以上で、家事も育児も手伝ってくれて、顔も不快ではなくて、身長が私より高くて、親と同居しなくてよくて、おしゃれで、デートのエスコートもスマートで・・・」という完璧に見える男性と結婚してみたら、DVに悩まされているというような女性もいます。

欠点は後から見えることもあるんです。完璧な男性がどこかにいるように思えるかもしれませんが、それは幻想です。そんな人、いません。あなただって完璧ではないでしょう?

それよりはここだけは譲れないひとつのことを基準に選んだほうが幸せになれますよ。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone