【婚活】高齢バツ無し独身男性が地雷か見分ける3つのチェックポイント【お見合い】

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

女性は30歳を過ぎると、男性は40歳を過ぎると、婚活市場ではだいぶ不利になってしまうということが言われていますよね。

身をもって実感している女性も多いのでは?

婚活市場には長年婚活をやっていてもうまくいかず、というよりも自分の欠点を治さず、相手や相性やタイミングが悪かっただけだと思い込み、延々婚活を続けているうちに結構年齢を重ねてしまった「独身こじらせている人」が結構います。

「独身こじらせている人」、結構たくさんいるので、婚活を始めたばかりのころは「結婚相談所やお見合いパーティーなんて、そんな人ばっかりなのか」と思ってしまうかもしれませんが、安心してください!

普通の人もたくさんいますし、とっても魅力的な人だって中にはいます。基本的に、若い人なら、多少の欠点はあったとしても、そこまでこじらせていない場合が多いです。

でも自分が30代女性、特に35歳を超えている年代であれば、相手の男性についても40代以降の男性を視野に入れる必要も出てきますよね。

まず、40代以降の男性の中でも、バツイチさんは「独身こじらせている人」よりまだマシだったりすることが多いです。

関連記事:【婚活】「独身こじらせている人」より「バツイチ」のほうがだいぶマシな5つの理由

問題は「バツ無し」の婚活市場にいる、40代50代の男性ですね。「独身こじらせている人」、いわば「地雷」な確率、結構高いんです。

相手の40代、50代男性を「独身こじらせている人」か、ちょっと結婚のチャンスを逃しちゃっただけの普通の独身男性か、見分ける方法をご紹介します!

1.大きな原因が隠されていない人は、地雷ではない!

悩む男性

婚活パーティーのプロフィールカードや結婚相談所で知ることができる相手の基本情報に「長男で家業を継いでいる」「実家で親の介護中」「収入が平均よりだいぶ低い」というような、いかにも「結婚相手として避けたい家族の条件」が記入されているとき、これはある意味「地雷ではない」です!

もうそこに特大の結婚できなかった要因が見えていて、それ以外の要素は結婚相手として問題はなかったりすることが多いです。

婚活市場においては避けがちな条件ですが、よく考えてみましょう。他の男性と結婚してもそういった問題はいつ降りかかってくるか、なんとも言えませんよね?

今は元気な親が介護が必要になることもありますし、家族の誰かが交通事故にあって障害者になるかもしれません。

家業は継ぐ気がなかった男性でも、数年後に考えが変わるかもしれません。

どんな高収入の男性だって、リストラや倒産など、失業することだってあり得ます。

結婚後にボロボロ問題が発覚して大変になるか、婚活の場で既にちょっと見えているか、それだけの違いです。

何よりそうった問題を隠さずに最初から公表している点は、正々堂々としていて潔いではありませんか。

今、既に介護中であるほうが、あとから発覚して長引くより、ツライ期間はすぐ終わるかもしれません。

家業のお手伝いだって、家業の内容や相手のご両親の性格次第では楽しくやりがいのある仕事かもしれません。

収入はあなたの収入をプラスして生活できるかを考えてみましょう!低収入でもある程度の年齢であれば貯蓄がしっかりされていることも多く、貯蓄がある程度あれば、子育てなどで一時的に仕事から離れても案外大丈夫なものです。

「親の介護なんてあと数年だ、介護が終わってからの人生のほうが長い!」「向こうの親と合ってみて、感じのいい人たちか確かめてから判断しようかな!」「向こうが家事能力が高いから、共働きも楽しいかも!」と前向きに考えてみましょう!

2.見た目があまりイケてない人は、地雷ではない!

ショックを受ける男性

薄毛だったり、太っていたり、実年齢より老けて見えたり、なんとなく女性からは好かれなさそうな見た目をしている、こういう高齢独身男性は、ある意味「地雷ではない」可能性が高いです。

独身をこじらせてしまったというよりは、単にその見た目のせいで結婚できなかっただけ、性格や収入などは問題がなかったりする場合が多いです。

ただ、すごく卑屈でネガティブな性格をしているパターンもありますので、そういう場合は地雷です。それだけを避ければいいので簡単です!

見分け方は簡単!見た目に難ありだけど、例えばハゲやデブをネタにして笑いを取れるような、明るくてポジティブな性格をしているか、そいうった人は少しお話すればすぐわかりますね。

一般ウケしない見た目の男性というのは、浮気の心配も少なく、しっかり信頼関係を築けば、長く大切にしてくれることが多く、女性としてすごく幸せになれますよ。

だからと言って生理的に受け付けないような男性とわざわざ一緒にいることを選ぶ必要はありません。

一般的には絶望的にモテない感じの見た目をしているけど、よく見たらかわいいな、私は彼の良さを分かってあげられそうだな、というような、あなたにとって感じがよい人を選べばいいのです。

3.「仕事が忙しくて」「いい出会いがなくて」は地雷!

暗いビジネスマン

さて、見た目や公表している基本プロフィールに問題がありそうな人は、ある意味その部分さえOKなら地雷ではない、ということをここまでお話してきました。

ということは、逆に考えると、そこそこイケメンでそこそこ高収入、プロフィールに全く問題が見られない、バツ無しの高齢男性が実は地雷です。

そういう人にずっと独身だった理由を聞いてみましょう。

「仕事が忙しくて」「いい出会いがなくて」って答えませんか?この抽象的な感じ、地雷の可能性、さらに高いです。

仕事がデキる、忙しくしている人でも、ちゃんとした人なら40歳くらいまでに結婚しています。

「仕事が忙しくて」「いい出会いがなくて」が文字通りの理由で通用するのは35歳くらいまででしょう。事実売れ残っているのですから、問題はあるのです。

性格に絶望的な問題を抱えていて、でもそれを仕事や環境せいにすることで、自分は悪くない、出会いがないだけ機会がなかっただけ、と思い込んでいるのです。

その性格の問題点は若者ならある程度柔軟に軌道修正することができますが、高齢独身男性だと、もうここまでくるとほぼ治せない重症な感じになってしまっています。避けたほうが無難でしょう。

ずっと独身だった理由を聞いたとき、答えが「友達も少なく、人と話すのも苦手で」「ちょっと浪費癖があって」と自分の性格の問題点をきちっと把握している場合は、まだマシ、多少は先は明るいです。

「友達も少なく、人と話すのも苦手」だけど「一度親しくなれば話せるので、あなたと親しくなって、自分を知ってほしい」

「浪費癖がある」だけど「これ以上浪費したくないので、結婚して妻に家計を任せたい、お金を管理してもらえれば大丈夫」

そういった問題点を把握しつつ、改善に向けて努力をする意志が感じられれば、まだ大丈夫です。

「ずっと独身だった理由」や「結婚できなかった問題点」もうちょっと突っ込んできいてみてくださいね。

改善する意志を具体的に感じられれば一緒になって応援してあげるのもいいと思います。結婚とは本来、互いに不足する部分を補いながら、助けあって一緒にやっていくものなのですから。

まとめ

ガーデンウエディング

婚活中につかえる、高齢独身男性が地雷か見分ける方法、ご紹介してきました。これ、男女逆でもある程度当てはまります。

あなたが女性で、ちょっと年齢的に不利になってきたら、自分がなぜ結婚できないのか、しっかり考えてみましょう!

出会いがないから、と思いこんで、自分の欠点や問題が見えていない、それどころか年々問題が悪化していく、なんてことのないように、気をつけてくださいね!

欠点や問題があっても、改善に向けて努力する姿勢があれば、いくつになっても結婚できるものですよ。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone