40代女性が婚活で年下男性をゲットするには?成功のコツは3つある!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

近頃では、アラフォーと呼ばれる40代女性でも、なかなか結婚相手に恵まれず、ずっと独身生活を貫いているケースも多いようです。

このようなアラフォー女性の場合には、結婚したいと思っても、同年代である40代は既婚者も多いため、年下男性と婚活で知り合う機会も増えます。

けれど、相手が若ければ若いほど、年下男性との結婚を成功させるのは、難しくなってきます。

今回は婚活で年下男性をゲットするためのコツをご紹介します。

1.相手が年下でも年上のように扱う

table-71380_960_720

男性の場合には、女性に偉そうな態度を取られたくない、馬鹿にされたくないと言う人も多いです。

このような自尊心が高い男性の場合は、一緒にいても相手のプライドを傷つけないように、常に気をつけていなくてはいけません。

また、このような自尊心の強い男性の中には、相手が年上であったとしても、女性にはお金を出させてはいけない、男性がリードしないといけないと焦る気持ちを持つ人もいます。

そんな年下男性と付き合うならば、まずは相手を年下扱いせずに、年上男性とデートしているように、ふるまうようにしましょう。

男性が年下だからと言って、相手を子ども扱いするよりも、ちゃんと相手の言い分を聞いて、考えを尊重するようにすれば、男性もこちらを大事な人、一緒にいても楽な人だと認識してくれるのです。

2.結婚を焦らず成り行きに任せて

m030351

40代女性だと、周りも結婚している場合もあるため、結婚を焦っている人もいますよね。

子どもを早く生まないとと言う焦りの気持ちもあるかも知れませんが、相手が年下男性ならば、ある程度は余裕を持って付き合うと言う姿勢が大切になります。

特に20代の男性などは、まだまだ、相手のことよりも、自分の生活が第一と考えているものです。

このような男性に将来的に結婚を意識させるには、多少周り道になっても、ある程度余裕を持って接するように心掛け、焦りを感じさせないようにしましょう。

相手の態度もよく観察しておき、どうしても将来が不安な相手ならば、早くに見切りをつけることも大事です。

女性に充分な魅力があれば、相手も年齢に関係なく、この人を逃がしたくないと言う気持ちから、次第に結婚を意識するようになります。

3.過剰な家庭的アピールは逆効果になることも

FCFG100111356_TP_V
40代女性が年下男性をゲットするならば、まずは胃袋を掴まないと・・・という発想から、やたらとお弁当を作ったり、部屋まで行って、手料理をふるまったりするような人もいるかもしれませんね。

実は、こういった家庭的な女性をアピールする行為、相手によっては、迷惑だと感じることもあります。一部の独身男性に受けが良い場合もありますが、年下の若い男性ならば、逆に引いてしまうことも少なくありません。

そんなに結婚を焦っているのかと、相手の男性に思われることもありますし、若い20代ぐらいの人ならば、母親がフルタイムやパートで働いている家庭で育った人もいるため、小さい頃からお手伝いになれており、家事などは一通り出来るという男性も多いのです。

露骨に家庭的なアピールをして、かえって相手を追い詰めてしまい、別れ話を出されてしまうこともありますので、相手の男性よっては注意したほうが良いでしょう。

また、相手が若いと、収入もあまり無い、もしくは低いと言う場合も多いですよね。これらのことも、結婚などを考えるならば、相手の男性にはあまり話題として持ち出さないようにしましょう。

それに生活が苦しくても、結婚するならば、頑張って二人で働いて乗り越えるという気持ちも大事です。








Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone