イライラ!モヤモヤ!全然告白してこない男の心理5パターン

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

さんざんデートを繰り返しているのに告白してこない!付き合う気あるの?ないの?付き合う気ないならなんでまたデートに誘うのー?私はキープされてるの?

何がしたいんだコイツは!草食系つっても限度ってもんがあるだろう!

そんなイライラモヤモヤなことありますよね。どういう心理が隠されているのでしょうか。

あまりに長期間進展しないのであれば、プライドやら駆け引きはこの際忘れて「私のことどう思っているの?」と勇気を出して聞いてみることが大事かもしれません。

1.本物の草食系の場合

ひとつに、本物の草食系である、というパターンがありえます。こんなにデートを繰り返して、楽しい時間を二人で過ごして、女子側からも好意をさんざん示していても、「もしかしたら振られるかも・・・」「告白はまだ早いかも・・・」「俺なんか付き合えるレベルじゃないかも」「振られたらこんな楽しいデートすらできないし怖い・・・」と真剣に思い悩んでいるパターンの場合です。

このパターンの場合は「私のことどう思っているの?」と素直に聞いてみるとその勢いで告白してくれることもあります。

意外とあっけなく付き合うことになって、イライラしてて損した~!となるかもしれません。

ec508eafaafdff457c13ef122130e10f_s

2.狙っている女性がいて、キープにされている場合

先に説明した「本物の草食系」パターンは実はさほど多くなく、キープにしている場合は結構多いです。「私のことどう思っているの?」と聞いてもなんやかんやではぐらかしてくる場合はちょと疑ってみてもいいかもしれません。

本命で狙っている女性がいて、できればその子と付き合いたい。でも振られる可能性もあるため、ほどよい関係をキープしているんですね。ただ、この場合、本命に振られたらあなたと付き合ってくれる可能性があります。それを可とするか不可とするかはあなた次第。

キープなんて失礼しちゃう!と思うか、浮気にならないよう一応けじめはつけていたんだな、と評価するか・・・・。

3.既婚、もしくは付き合っている彼女がいて、遊ぼうとしている場合

浮気に踏み込もうか、という心理もありながら、罪悪感もあり、バレたら怖いのでなかなか最後の一歩が踏み出せない、あわよくば女性側から誘われたらラッキー?とか思っている場合です。数は少ないですがこのパターンの可能性もあります。

いつかバレても「女性側から強引に誘われてつい・・・」なんて言い訳をしようと企んでいます。浮気するならするでバシッとやれ!と言いたくなるくらいの中途半端な男ですね。

妻や本命彼女の気配がないか、いろいろ探ってみてもいいかも?「私のことどう思っているの?」と聞くと「好きだけど今は・・・」となんだかもやっとした回答が返ってくるでしょう。

「実は妻がいるけどうまくいっていない」などと言い出したらそれは嘘の可能性大なので「では離婚がきちんと成立してから会いましょう」とサクッと離れましょう。

4a8f8586fd92f2e6be01254aabfd73d7_s

4.いろんな女性と遊びたい場合

「つきあう」というのはいわば「つきあっている間は他の女性とは関係をもたない」という約束をしていることですよね。こういうことに縛られたくないと思っている場合があります。

たくさんの女性と関係をもっていたい、ということですね。「つきあいましょう」「はい」という会話さえされていなければ、浮気を問い詰めても「俺たち付き合ってないでしょ?そんなことひとことも言ってないし」と言い逃れられるからです。

本命もいなければキープでもないけど、軽い関係でいたい、ということです。なんて無責任な!風俗でも行ってろ!って感じですね。

この場合「私のことどう思っているの?」と聞くと、結論を出さなきゃいけないと察知して向こうから離れていくことがあります。




5.事情があって付き合えない場合

わずかですが、これまでに述べたパターンに合致しないパターンもあります。

実は今無職で働いていると嘘をついてしまっている、本当のことを言ったら離れていきそうだから言えない、就職が決まったら告白しよう、とか。何か病気があって、手術などを控えている為、今付き合って相手に負担をかけたくない、無事終わったら告白しよう、とか。

事情があって付き合えない場合は何か解決すると告白してくれるかもしれません。でもそれが解決するのが数年後とかなら、貴重な若い時期をモヤモヤしたままこんなこと続けたくないですよね。待つにせよ、待たないにせよ、事情を知る必要があります。

「私のことどう思っているの?」と聞いてみることで、抱えている胸の内を話してくれるきっかけになるかもしれません。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone