本当は仲良くしたいのに…彼との喧嘩を減らすコツ5パターン

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

喧嘩するほど仲がいい?そんな言葉もありますが、せっかくお付き合いをしていても喧嘩ばかりじゃ楽しくないですよね。仲直りできればいいですが、大きな喧嘩で別れてしまうカップルもいます。

しょっちゅう喧嘩になってしまうカップルにはいろいろと足りないものがあるのかもしれません。普段の自分たちを省みて、喧嘩を減らすコツをおさえておきましょう!

1.言葉に出す

「ごめんなさい」「ありがとう」「好きだ」「不安だ」こういったことは言葉に出してください。察してるだろう、言わなくてもわかっているだろう、そういう甘い考えが誤解を生じます。伝わっていても声に出してほしいときがあります。こういったすれ違いは喧嘩に直結するものです。

声に出すことは相手のためだけではありません。自分のためにもです。普段から感謝の気持ちを声に出していると、相手への感謝の気持ちを忘れずに胸に刻みつけておけます。浮ついた気持ちになりにくいです。普段から好きだと口に出すことで、好きな気持ちを再確認でき、薄れたり迷ったりしなくなります。

2.上に立とうとしない

何かこうしてほしい、直してほしいということがあっても、上から目線ではいけません。たとえ相手が間違っていることを注意するときでも、言い方に気をつけるだけで全然違います。

こうしてくれたらうれしいな、ここを直してくれたら素敵だな。お願いする、おだてる、といった風に、うまくやりましょう。男女平等の世の中といえども、男性は今も昔も、女性に上から目線で言われるとカッとしてしまうものなのです。

23123

3.ヒートアップしない

売り言葉に買い言葉、ついカッとなると、本心ではなく、相手を傷つける言葉を言ってしまったりするものです。後で後悔してももう取り返しのつかない言葉というものもあります。ヒートアップしそうになったらいったん休戦するよう心がけましょう。深呼吸したり、ちょっとトイレに行くだけでも違います。

ヒートアップしても何も問題は解決しません。冷静になれるよう、お互い頭を冷やすタイミングを持つようにしましょう。

4.素直な気持ちを伝える

これを言ったらかっこ悪い、言いだした手前いまさら後にはひけない、プライドが許さない、そんなことから喧嘩を大きくしてしまうことがあります。今、口に出そうとしていることは、本当にあなたが言いたいことですか?いまいちど考えてください。

不必要に嫌な言い方をしたり、オブラートに包んだような表現、遠まわしに言って追い詰めたり、そんなことをしていたら何も解決しません。素直な気持ちを冷静にやさしく伝えましょう。これだけで喧嘩はぐっと減らせます。

5.別れるべきなことも

借金やギャンブル、浮気症など、明らかに問題のある男性と、同じようなことで何度も何度も喧嘩をしているようであれば、それは控えるべき喧嘩ではなく、別れるべき状況なのにあなたが離れられていないだけ、という場合もあります。

「これはよくありがちな恋人同士の喧嘩だ」と自分に言い訳して、自分たちの関係を客観的に見ることから逃げていませんか?自分で気づいていない、気づくのを避けている場合があります。どっちかわからない場合、友人など第三者に相談してみてください。周囲からみたら明らかだったりします。



Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone