結婚後に態度や言動が豹変してしまう男性の結婚前の見分け方5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

晩婚化が進んで、一生結婚できない人も増えている、そんなニュースも気になりますが、3組に1組が離婚する、という統計もまた気になるところです。

愛し合って、しっかり選んで結婚したはずの夫婦が、どうして3組に1組も離婚してしまうのでしょう。我慢強さがなくなっているのでしょうか。結婚前に抱いていた生活と全く異なってしまった、という人もいるかもしれませんね。

DV男性やモラハラ男性から逃げるように離婚する女性も増えているようです。素敵な男性だと思ってあなたが選んだ旦那さまが、結婚後に急にDV男に豹変したらどうしますか?

結婚後豹変する人って男も女も一定数いるみたいです。できれば結婚前に見分けたいですよね。




1.母親や妹に対する態度をチェック!

a0002_007009

母親や妹、長年一緒に暮らしてきた家族、そして女性です。これは結婚後、長年連れ添った妻に対する態度にある程度似てくると考えて問題ありません。

まずよく見かけるタイプでマザコン男がいますね。母親を愛するものの、自立していない、なんでも母の考えを優先する人物であれば、結婚後もしばらくは母親にべったり、あなたより母親を優先します。

そして母親が亡くなってからは、あなた何でもかんでも依存して、言うことは聞いてくれるかもしれませんが、大事なことを自分で決められない、困った時に面倒を押しつけてくる、世話を焼かないとスネる、など高齢ながらも世話の焼ける役に立たないガキと化するでしょう。

また、母親に暴言を吐いたり、上から目線の偉そうな態度をとっているような男性は、今はやさしくても結婚後にあなたにそういう態度を取ってくると考えてください。

また、父親にはぺこぺことへりくだって何も言えないのに母親には横暴な態度、というのは完全に日常生活でもはなはだしい男尊女卑の思考を持って生きているでしょう。夫婦間や家族内だけでなく、仕事などでもそのたぐいのトラブルを起こす可能性大です。

母親や妹に対して、大事にしつつも、普段はしっかり適度な距離感が保たれていて、困った時には積極的に助けている、そういう男性を選びましょう。

2.飲食店などで店員への態度をチェック!

123123

飲食店や買い物中など店員さんがちょっとした失敗をしたときがチェックのチャンスです。横柄な態度で説教したり怒鳴ったりするようであれば、結婚後にあなたが犯した小さなミスでさえもそのような態度を取られること、間違いなしです。

私はお金を払って買い物や食事をしているお客様なのだから、ミスを怒鳴ったり説教したりできる立場にある、と思っているので、家庭でも、稼いできている立場なのであるから、もしくは夫であるのだから、妻を怒鳴る(時には殴る)権利がある、と思っているのです。

例えば、飲食店で店員の悪意のない不注意によって服を汚されたのであれば、クリーニング代をもらう権利くらいはありますが、怒鳴ったり人権を傷つけたりするような発言までする権利まではないはずです。

ミスの度合に対する態度のレベルをよく見ておきましょう。あなたに数年後同じことをしますよ。

逆にミスをしても指摘しないまま、その場は我慢するものの、陰で悪口をいいまくり、友人知人など周りにその評判をひろめ、ネットに悪評を書き込み、一生その店にいかない、という態度をとる人物は、結婚生活でも、あなたに対する不満をため込み、表面上はニコニコしつつも、裏でいろいろやっているかもしれません。

穏やかな態度で冷静に指摘し、ごく小さなことなら許し、必要があれば最低限の対価を要求するなど、冷静な交渉ができる人が一番いいですね。




3.小さな嘘がないかチェック!

87f269f41917762ce6a7978542807023_s

嘘をつく人っていますよね。結構平気な顔で次から次へと嘘を吐いてくる人、何が本当で何が嘘かわかりません。

こういう人は他の部分がいくらすばらしくても、結婚生活に問題を持ち込んでくる可能性大です。嘘は都合の悪いことを隠すためにつくことが多いからです。

ひとつ小さい嘘があった人は、ほかにも裏に大きな嘘を抱えているパターンがあります。例えば年齢をサバを呼んでいた、仕事に行くと言っていたのに遊びに行っていた、などです。

その小さな嘘がどうでもいいことであっても、後々取り返しのつかない大きな嘘が襲いかかってきます。

4.仕事がある程度安定しているかチェック!

12312312312

1回、2回ならともなく、短期間の間に転職を繰り返していたり、いい年をして意味もなくフリーターだったりする男性は要注意です。さらに「俺はそのうち大物になる」みたいな具体性のない出世欲が大きい人も危険です。

結婚生活はある程度の我慢強さが必要です。また、仕事がうまくいかない人は人間関係を円滑に進めることが苦手です。幸せな結婚生活は、ある程度仕事を安定されせられるような人物でないと続きません。

高給取りである必要はないのです。年収は低くとも、同じところでコツコツ積み上げている人は、結婚生活も派手ではないものの穏やかでゆるやかに進んでいくでしょう。




5.お金の配分をチェック!

123123

お金を何に費やすか、それは人生において何を重視しているか、ということが現れます。ここではバランスがとれていることがすごく大事です。

家賃や食費を極端に削ってでも趣味に多額のお金を費やす人は、結婚後、どの程度趣味にお金をかけるつもりか、確認しておく必要があるかもしれません。特にブランド物や高い車で身の回りを固めていて、他は極端に質素な生活をするような人は、家族が苦労していようとも、見栄のためにお金を費やす傾向にあります。

逆にまったくの無趣味な人も心配です。仕事以外に楽しみのない人は仕事の失敗が生活に直に影響してきます。心のやすらぐ場所がないんですね。

貯金が趣味な人は一見よさそうに見えますが、今多少我慢してでも、将来の安心を手に入れたい、ということですよね。あなたにも我慢を強いてくるかもしれません。その貯金を何に使おうをしているかが大事です。マイホームのため、とか老後に旅行するため、早期引退するため、など具体的で金額的にも現実的な額なら問題ありません。

ただ、何も使い道が具体的でないのに、ただただケチって貯めている人は、強迫観念のように取りつかれている可能性があります。心配で仕方がないんですね。小さなリスクも許容できない、大きなことに進めない、ただただ我慢する、そんな結婚生活になるかもしれません。ただただケチくさい生活をさせられた挙句、自分が死んだ後に多額の貯金だけ残っても意味がありません。

身の丈にあった生活をして、趣味も適度に楽しみ、少しは貯蓄もしている、そんな人を選びましょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone