【片思い】これはアウト!意中の彼にドン引きされちゃうLINEメール4選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

LINEやメールはもはや恋愛に無くてはならないツールになりましたよね。片思い中LINEのやりとりで仲良くなろうと頑張っている人も多いと思います。

さて、彼との距離を縮めようと送ったLINEやメールがちょっとから回りしてしあまって、結果、彼をドン引きさせてしまうなんてこと、あるみたいです。

今回は「意中の彼にドン引きされちゃうLINEメール4選」をご紹介します!

1.ものすごい頻度のどうでもいい日常報告

JS745_sumafodesakura-thumb-autox1000-15200

ランチは何を食べた、仕事で上司に怒られた、から始まり、今起きた、今電車に乗ったなどなど、彼と交流したいばっかりにどうでもいいメッセージをすごい頻度で送りつけていませんか?

恋人同士ならともかく、まだそこまでの距離じゃないのに、ものすごい頻度で、しかもわりとどうでもいい内容のメッセージが何度も来たらドン引き間違いなし!

LINEやメールでも会話はキャッチボールです!一方的に何度も何度も送りつけるのはNGです!

ちょうどいい頻度はお付き合いしていく上でみつけていくとして、まだ片思いのうちは相手の返事を待って、相手の頻度に似たペースで返すのが正解です。

2.アイコンが本人とかけ離れた加工しまくり写真

YUKA150701488564_TP_V

上目遣いで上から光が当たるようにして一番かわいく見える角度で取った奇跡の写真に、加工アプリでさらに美白に目を大きく・・・

なんていう写真、「かわいく撮れてうれしい!」かもしれませんが、それをアイコンになんかしたら、いつものあなたを知っている人はもれなく思っています。「この子・・・痛い・・・」

写真うつりの良いものを選ぶのはいいのですが、普段のあなたとあまりにかけ離れた写真は何とも痛々しく、それを男性が見て「かわいい!」とは思いません!

別人になるのではなく、自分らしいナチュラルなかわいらしさを追求するようにしましょう!

3.ネガティブで病んでいる内容

PAK86_youtubemiteruo20141221140217_TP_V

多少弱気になったり落ち込んだりすることは誰しもありますが、それを誰かに丸ごと受け止めてもらおうというのは誤った考えです。

「つらい・・・」「しんどい・・・」などそういう「かまってほしい感」満載のネガティブで自分勝手なLINEはドン引きされるだけで心配してはくれません。

悩み相談で仲良くなる、というコワザもありますが、「ここが困っているけどがんばりたいからアドバイスがほしい!」というような前向きでポジティブな感じで相談しましょうね!

基本的にはまだそこまで親しくない彼には、ポジティブな内容が9割以上を占めるようにしたほうがいいでしょう。

4.何してる?どこにいる?詮索がすごい!

SAYA160312050I9A3455_TP_V

恋人がいるのか気になるのでさりげなく言ったつもりの「昨日は誰とどこで何してたの?」的な発言。

プライベートを彼女でもない女性にアレコレ話す義務はありませんよね。普通はなんだか詮索されているような不快な気分になることが多いです。

さらに現在進行で尋ねる「今どこ?何している?」なんてのは「こいつと付き合ったら束縛がすごそう」みたいなことまで考えてしまい、ドン引き間違いなしです。

詮索するつもりのない、何気ない会話のつもりでも、文字にしてみると表情や声の高さなどがないので、相手の受け止め方が大きく変わってきたりします。注意してくださいね。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone