いつまで待てばいいの?!何年も付き合った彼がプロポーズをしてくれないときにすべき5つのこと

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

もう何年も付き合っていて、結婚適齢期にもさしかかった、それどころか、既にちょっと適齢期を過ぎかけている!

子供を産む年齢を考えると、もういい加減プロポーズしてくれないと困る!人生設計が大幅に崩れる!

そんなお悩みを持つ20代後半の女性、多いのではないのでしょうか。

このご時世ですから、収入面に不安があったり、自信がなかったり、あるいは責任を負いたく無かったり、なかなか結婚に踏み出せない男性も多いようです。

そんな彼を信じて待つべきか、それとも彼とは別れてまだ20代のうちに結婚相手を探すべきか、女性が決断しないと後で取り返しのつなかいことにもなりかねません。

今回は、彼がプロポーズをしてくれないときにすべき5つのことをご紹介します!

1.何も決めぬままズルズルと30歳になってはいけません!

プロポーズされて喜ぶ女性

29歳と30歳、これは年齢が一つ上がるだけですが、婚活市場ではガクッと女性の価値が下がります。

そんなこと知っているとお思いかもしれませんが、新たに結婚相手を探すなら絶対に20代のうちに始めるべきです。

30代になってしまうことは思っている以上にとてつもない足かせになります。たかが1年、されど1年。1年といわず決断は早ければ早いほどよいです。

決断ができない男性、決断ができない女性、似ているようですが、30歳という節目に限って言えば、ここで決断しないことで困るのは女性だけです。

ぐずぐずしている彼が悪い!と思って彼のせいにしていてはいけません!あなたの行動にかかっくるということを肝に銘じてください。

彼に幸せにしてもらうのではなく、自分から幸せを勝ち取りに行かなくてはいけないのです。

今すぐあなたからプロポーズしてください。もしくは「結婚か別れるか今、即決で決めて」という質問でいいです。

ええ!そんな大事なこと!もっとタイミングを見て・・・できれば彼のほうから・・・なんて言っている時期はとうに過ぎました。遅いんです!今すぐです!

彼をそんな追いつめたくない、と思いますか?数年かけてじわじわと、もっとひどい窮地に追い詰められているのはあなたのほうですよ?追い詰めて平気でいるのは彼のほうですよ?

2.迷う意味なし!可能なら別れるほうがいい!

喧嘩する女性

さあ、そこで決断してもらえたならラッキーですが、それでもきっとここまで引き延ばした彼は決断しない可能性が高いでしょう。

彼のことは好きだし、他に彼よりいい人が見つかるとも思えない、長年付き合った情もあるし、信じてあとちょっと待ってみようかな、そんな風に思っている女性が多いと思います。

しかし、よく考えてみましょう。女性が30代になると結婚相手が見つかりにくくなること、出産できる年齢には限界があること、これらは誰しもわかっていることです。

本当にあなたのことを思っている彼なら、30代になる前になんとかしようと頑張ってくれているはずです。あなたへの思いはその程度なんです。

努力して結婚に必要な環境を整えて決断するほどの良い女ではない、でもなんとなく楽だから付き合って、もっと若くてかわいい女性が見つかったら乗り換えよう。

結婚をちらつかせてこちらが優位になるような付き合い方をしながらキープしておいて、乗り換える相手が何年もみつからなかったら結婚してやってもいいかな。そう思われているのです。

なので実は「どっちか迷っている」なら「今すぐ別れるほうがよい」と結論は出ています。あなた次第なのです。

私の彼はそんな人ではない、まだ結婚するには収入が低いとか、仕事に集中したい時期だとか、そういうちゃんとした理由があってまだ決断できないでいるだけだ、と思っていますか?

本当にあなたを大切に思っていて、どうしても結婚したければ、そうった問題にしっかり挑んでちゃんと結婚できる環境を整えることができるんです。

できていないならその程度の本気度なんですよ。何年も付き合ったんでしょう?努力してさまざまな諸問題を解決する時間はあったはずです。

3.待つことはどちらにせよ不幸です!

おびえる女性

「今すぐ別れるほうがよい」とわかっていても、それでもやっぱり別れが決断できない女性も多いですよね。

別れてもきっと彼を忘れられない。何年もして他に相手がみつからなければ結婚してくれるのでは?

そこに最後の望みをかけて待ちたい女性もいるかもしれません。

でもその可能性がとてつもなく低いことは覚悟してください。彼はあなたにとって一番大事な時に決断できなかったのです。

男性も30代後半くらいから40歳を前にすると「今結婚しなくては一生結婚できないかもしれない」という焦りが出て結婚を決めることも多いです。

あなたにとって一番大事な時に決断できなかったのに、自分が困るとサクッと決めるんですよ。あなたを見下しています。

その間にあなたより若くてかわいらしい女性と恋愛のチャンスがあれば確実に乗り換えます。

みつからなくて、乗換えられなくて、仕方なくあなたと結婚するかもしれませんが、そんな見下された状態の関係性で結婚してあなたは幸せになれるでしょうか。

結婚後の人生、大事な決断をすべきことが多くあります。

あなたのための大事な決断はできず、自分の都合のよいことは簡単に決めた人ですから、結婚後も、人生の節目節目でいちいち自分勝手な判断をし、あなたの気持ちは考えないでしょう。

そんな結婚生活、幸せですか?それでも彼との結婚に価値がありますか?信じて待つ価値がありますか?

待つ決断をしたのであれば、捨てられる可能性もあり、捨てられなかったとしても幸せな結婚なんてできない、と覚悟する必要があります。

4.並行して婚活するのもアリ!

パンチするポーズの女性

さて、それでもどうしても別れられない、わずかなチャンスに掛けたい。別れて別の男性とお付き合いしたり結婚したりできる気がしない、そんな女性もいるかと思います。

その場合、彼との別れは後回しにしておいて、お見合いをしたり婚活パーティーに行ったりするのはいい方法です。

自分の市場価値の把握ができ、本当の待てるギリギリラインがどこか身をもって体感できますし、うまく出会いのチャンスがあれば、今の彼を捨てる勇気も出てくるかもしれません。

「そんなのは浮気だ、良心が痛む」という人もいるかもしれませんが、あなたとの結婚に向けて努力をしない決断をしない彼の仕打ちのほうがよっぽどひどいです。

あなたを保険として、未来に現れるかもしれないもっといい女性を待っているわけですから、あなたが彼を保険にして出会いを求めてもやっていることは同等です。

婚活で新たな出会いがあり、正式に新しい男性とお付き合いを始める、という段階になったときに、きっちり今の彼とお別れすれば、きちんとけじめの付いた行動で、倫理上も問題ないと思います。

5.自立できるよう生活基盤を整えておくのも大切!

あきれ顔の女性

さて、それでも純粋に彼を信じて待ちたい人は、仕方がありません。

「だいぶ年をいってからあっけなく捨てられて一生独身」「結婚したもののわずか数年で離婚」という人生が考えられますので、どんなことが起こっても一人で大丈夫なように、生活基盤を整えましょう。

彼や結婚相手がいなくても、自分の生活が満足に営めるように、仕事をしっかりして、収入を安定させましょう。

派遣社員なら正社員に転職したり、資格を取ったりして収入アップを試みたりしましょう。

結婚なんてしなくても幸せな人はたくさんいます。人生を充実させる趣味を持ったりするのもよいでしょう。

マンションを買って生活レベルを上げてみたり、老後のための貯蓄も始めてみるのもいいかもしれません。

しっかり自立して、お金に少しの余裕があり、趣味などの人生の楽しみがあれば、彼に振られることなんて大したことありません。

人生まだまだ先は長いです。いろんな楽しみ方があっていいのです。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone