やっぱりこの娘が好きなんだ!「彼女に惚れ直す瞬間」5パターン

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

どんなカップルでもある程度の期間付き合うと、多少のマンネリはありますよね。仕方のないことです。

長続きするカップルにはどきどき、お互い「相手に惚れ直す瞬間」が訪れるようです。それを期に、お互いを思う気持ちを再確認でき、変わらずにラブラブでいられるのです。

今の恋人といつまでも仲良くいたいなら、「惚れ直す瞬間」がときどき訪れたほうがいいようです。男性はどんなときに彼女に惚れ直すのでしょうか。

1.いつもと違うファッションやメイク

夏祭りで浴衣を着たとき、友人の結婚式などでパーティドレスを着た時、美容院でバッサリ切ってと髪型を変えた時、など、いつもと違ったイメージで、それがかわいいと思ったときに、男性はちょっとドキッとして、やっぱり彼女はかわいい、と惚れ直すことが多いようです。

彼はカジュアルが好きだからいつもカジュアルファッション、というような考えでいつもと同じだと、いくら好きでもそのうち見慣れてしまうのです。ときどきイメージを変えて、刺激を与えることが大事なようです。

2.料理がおいしかったとき

おつきあいをしていると料理を作ってあげることもありますよね。それが、とびきりおいしかったときや、家庭的な味付けだった時、見た目が華やかだったときや、どこか懐かしい感じがしたときなど、惚れ直すことがあるようです。

例えば、ホームパーティーなどで彼の友人にふるまって、友人たちが「彼女料理うまいな」と言うなど、第三者に褒められるというのもポイント高いです。

胃袋をつかめ、などと昔からいいますね。こういうのはいつの時代も変わらないのかもしれません。いつも似たようなものばかり作っている場合は、ちょっと変わったものを作ってみてください。料理が得意な人は新たな料理に挑戦してみてください。

料理がさほど得意でない人も凝ったものを作る必要はありません。いつもパスタやハンバーグなど洋食が多い人は煮ものなどおふくろの味と言われるような家庭料理を作る。逆に普段、煮物や和食などが多い人はちょっと華やかに盛り付けたイタリアンなどを作ってみる、など、変化をつけてみましょう。

9848a7c1c1683703d441e9074e31417e_s

3.趣味などを一緒に楽しめた時

スポーツ観戦や、ライブやコンサート、一緒にジョギング、映画を見たり、好きなマンガを読んだり、など、共通の趣味があれば、それを一緒に楽しみ、感想を言い合ったりしたときなどに「この娘だからこんなに楽しめた」と惚れ直すことがあるようです。

マイナーな趣味であればあるほど、一緒に楽しめる価値が上がります。共通の趣味がないカップルも、イベントごとに一緒に行ってみたり、アウトドアに挑戦するなど、一緒に楽しめそうなことを二人で探すのもいいかもしれません。

4.クリスマスや記念日で

クリスマスやバレンタイン、お互いの誕生日や付き合った記念日など、カップルならではのイベントで楽しく過ごせると、「また一緒にこんな記念日をすごしたい」と惚れ直すことがあるようです。プレゼントが素敵なものだったり、サプライズを仕掛けたり、素敵な思い出になるように、ちょっとがんばってみるのもいいかもしれません。

仕事などでぴったりその日にお祝いできないことも増えていくかも知れませんが、そこでスネたりせずに、「○日はダメだけど、ふたりのお祝いは△日にあらためてしようね」と別の機会にきちんと二人でお祝いする機会をもうけるようにしましょう。

5.困った時に助けてくれた

お互い困った時に助け合えるような仲ならやはりずっと一緒にいたくなりますよね。風邪をひいたときに看病してくれた、仕事で失敗して落ち込んだ時に励ましてくれた、疲れた時に笑顔で話をきいて癒してくれたなど、何か困ったり弱ったりしたときに救ってくれたとなるとやはり「彼女がいてよかった」と惚れ直すことがあるようです。

落ち込んでいてどうしてあげていいのかわからない、疲れているようだけど会いに行って励ましていいのか一人にしてあげた方がいいのかわからない、と迷うこともありますよね。その人の性格にも状況にもよるので、そういうときは「どうしてほしい?「と聞いてみるのもいいかもしれません。

いかがでしたでしょうか?何度も恋に落ちてもらって、いつまでも好きでいてもらいましょうね!



Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone