復縁後ゴールインできるカップルの特徴3つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

前にお付き合いしていた人と復縁してそのままお付き合いが続き、ついに結婚。結婚後も幸せになった。そんな復縁がっプルもいる一方でうまくいかないカップルもかなり多いようです。

合わない部分があり、双方納得して別れたはずなのに、復縁、同じような理由でまたお別れ、同じ過ちを繰り返すようなカップルや、彼女として復縁したつもりがセフレのような都合のイイ女になってしまった女性がツライ思いをするようなカップルもいるようです。

復縁後、うまくいったカップルに共通する傾向をまとめました。




1.仕事の都合などが理由で別れ、その問題が解決したため復縁したカップル

SAYA160312200I9A3531_TP_V

数年ほど海外赴任になり、結婚適齢期の彼女を何年も待たせておくのも申し訳ないと別れたが、任期を満了して今後は日本で働けるようになった。ちょうどフリーだった彼女と復縁、お付き合いを再開した。

嫌いで別れたわけではなく、仕事や大事な試験、家族の介護や看病など、集中したいことがあり、お別れを選択したカップルというのは、恋愛以外のことに、人生において大切にすべきことにしっかりと優先順位がつけられる側面がそもそもありますね。

恋愛に夢中になりすぎるあまり、相手に依存したり、他の大切なことがおろそかになったりしません。無謀な夢を追いかけたりせず、現実的な判断もできます。

相手のことを考え、むやみに寂しがったりせず、邪魔にならないよう信じて待つことができます。

こういうカップルは、結婚後も、男性は出世する傾向が強く、女性側も彼を献身的に支えたり、彼の負担にならないよう行動のとれる素質があり、幸せになれる可能性が高いでしょう。

2.ひとりの時間もお互い楽しく有意義に過ごせたカップル

PAK853_namiuchigiwa14171502_TP_V

復縁してうまくいかないカップルの特徴として、一人が寂しいから復縁した、という場合です。

恋人がいない状態が寂しいだけで、手っ取り早い元恋人を穴埋めに使った、というだけだったんですね。要は誰でもよかったわけです。

そうなると、やはり少しするとマンネリ化したり、一度別れた原因となったことで再びもめたり、生産性のないことを繰り返してしまいます。これではお付き合いをしている意味がありません。

恋人は寂しいから作るものではなく、2人でいることでよりよい人生が歩めるものでなくてはいけません。

復縁してうまくいくカップルは寂しいから復縁するのではなく、別れていた期間も楽しく有意義にすごし、別れていた期間分だけお互いひとまわり成長し、そんな成長した2人であれば、以前より意味のあるお付き合いができる、と思えて再度のお付き合いが始まります。

3.別れていた期間も付き合っている期間も相手の幸せを考えているカップル

PAK99_tewotunaidadanjyo20140301-thumb-autox1000-16752

別れた後も相手が幸せであればいいな、特に連絡はとらないけど相手の幸せをお互いに願っていたカップル。

もちろん前に付き合っていたときも、再度お付き合いを再開したときも、ずっと相手の幸せを願っている、そんなカップルは復縁してもゴールインする可能性が高いようです。

間違っても喧嘩別れし、「私と別れて後悔すればいいのに」「俺を振るなんて不幸になればいいのに」なんてこと、別れている間にも、一度も思ったことありません。

男女が別れるには相手の幸せのために分かれることもありますよね。今の自分じゃ相手を幸せにできない、と判断し分かれ、何年もたって成長し、相手を支える自信がついてからの復縁と言う場合もあります。

このようなカップルはお互い相手を気遣う気持ちがあり、復縁後はうまくいく可能性がとても高いと言えるでしょう。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone