【婚活】結婚相手は吟味しちゃダメ!実は「ひとめぼれ」がうまくいく3つの理由

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

婚活に苦戦している女性のみなさんは「結婚という人生で一番大きな決断をするのだから、相手をしっかり見極めてよく吟味して決めるべき!」と思っているかもしれません。

婚活で出会った人を「この人は結婚して大丈夫な人か」「ダメなところはないか」という目線で見ていて、「ああ今日もイイ人がみつからなかった」とガッカリして帰って来ていませんか?

実は統計上、結婚相手は「ひとめぼれ」で決めてしまったほうがうまくいくらしいです!

「ひとめぼれで結婚」カップルの離婚率や「お見合いで出会ってすぐ結婚」カップルの離婚率は、他のカップルに比べて格段に低いそうなんです。なぜなんでしょう?理由をみてみましょう!

1.本能で相性を感じとっているから

MIYAKO85_kaigandekyakkya20140725_TP_V

お見合いパーティーなど婚活で出会う場合、まず相手の年収や職業などステータスが全面に出てきて、そちらをチェックしてしまいがちですよね。

それに対して「ひとめぼれ」という現象は、見た目や雰囲気だけで、しかもほぼ一瞬で決まります。直感ですね。直観というものは理論が働きません。

「いいスーツをきているからお金持ちだ、結婚に適している」というような理論的で現実的な判断がされないのです。

直観的に察知しているのは無意識下での判断です。理論的とは逆、つかりより動物的、本能に近いんですね。本能で選ぶということは「遺伝子的に、彼との間に、よりよい子孫を残せるか」という判断がされるのです。

人間も動物も植物もより優位に生き残るための本能が遺伝子に組み込まれています。そこで判断されるんですね。

そうなると後日、彼を良く知ってみて、例えば「彼の年収は希望してた年収より低い」なんて条件が出てきてしまっても、本能的に「それでも彼と一緒にいたい」と感じ、うまくいくんですね。

人間誰しも完璧ではないので悪い部分のひとつやふたつあるものです。理論的な判断をすると「悪いところがある=この人とは結婚できない」で終わってしまうんです。

本能でぐっときた相手なら小さな欠点なんてどうでもよくなるんですね。あなたの婚活で邪魔になっているものはあなたの理性ではないですか?よく考えなおしてみてください。

2.お互いへのハードルが低いから

CON_udekumu8615092102_TP_V

婚活で吟味に吟味を重ねて、ものすごく完璧な相手がみつかったとします。

「見た目もかっこいいし、お金持ちだし、やさしいし、頭もいいし、家事も半分やってくれるし、他にもアレコレ・・・まさにパーフェクトな男性!」

パーフェクトな彼と結婚できたらしばらくは幸せでしょう。さて、どんな人も人生いいことばかりが続くなんてことはなく、トラブルや悪いことなども起こるでしょう。それはどんなカップルにも訪れる試練です。

さて、彼がリストラに合ったら?パーフェクトだった彼の「お金持ちだし」の部分が無くなってもあなたは彼を好きでいられるでしょうか?彼が太って禿げてきて、見た目がカッコ悪くなったら?

「パーフェクトな男性」だって、いつもいつまでたってもパーフェクトで居続けられるわけではありません。「パーフェクトな男性」と「パーフェクトな生活」ができるはずだと信じてたあなたはガッカリ。

吟味に吟味を重ねて様々な条件をクリアする男性を見つけた場合、その「様々な条件」がいくつが崩れると離婚に直結してしまうカップルが多いんですね。

逆に「ひとめぼれ」で結婚した場合、直観で選んでしまったので「もしかしたら合わない部分もあるかもしれないな」という前提で生活が始まります。

最初から相手への期待度が低いので、ちょっとしたことが喜びに変わります。「年収が低いと思っていたけど、ものすごい貯め込むタイプで結構な資産があった!」「あまり料理をしないタイプかと思っていたら、料理が得意ですごくおいしい!」

吟味しすぎたカップルは、小さな亀裂ですぐに崩壊してしまうカップルに、直観で結婚したカップルは小さな喜びを積み重ねて幸せを感じられるカップルになる可能性が高いんですね。

3.ひとめぼれをするタイプの男性は収入が安定する傾向があるから

GAK95_yuuhikappurushiruetto_TP_V

やはり、結婚後幸せになれるか、という点でお金の話は避けては通れません。どうしても無いよりはあるほうがいいんですね。

年収がものすごく高すぎても離婚率は高いんですが、それは一部のかなりのお金持ちの話で、一般庶民の層の話だけすると、やはり年収が低ければ低いほど離婚率も高いということが統計的に分かっています。

衣食住もままならないなら相手を気遣う余裕もなくなってくるでしょう。やはりある程度の生活がキープできて、心に余裕があるほうが相手に思いやったりできるものですよね。

さて「ひとめぼれ」をしやすい男性としにくい男性というのがいます。

若いころにチャラチャラして、浮気症で、ものすごくたくさんの女性と遊んできた男性と言うのは、多くの女性を見てきたのでいろんなタイプの女性を見慣れている分「ひとめぼれ」はしにくい傾向にあります。

そしてそういうことばかりにうつつをぬかして生きてきたので、女性を口説く技術は高くても、学校では勉強もあまりせず、真面目にコツコツと将来のために努力してこなかった分、年収は低い場合が多いです。

逆に勉強など真面目にコツコツ努力をしてきた人というのは、恋愛経験があまりなかったり、あったとしても真面目に一人の人とお付き合いをするので、経験人数が少なくなりますね。

真面目で誠実、コツコツ努力もしてきたのでそこそこ成功していて仕事も安定しいてる、こういう人は女性に対しあまり免疫がないので「ひとめぼれ」しやすいのです。

つまり「ひとめぼれをするタイプの男性」は、傾向として、まじめで誠実で仕事もそこそこ収入も安定していることが多いのです。これは結婚して幸せになれそうですよね。

まとめ

TSUCH160130150I9A6583_TP_V

いかがでしたでしょうか。よく「初めて会ったとき直観的にこの人と結婚すると思った」なんて話聞きますよね。直観とはあなどれないもののようです。

「ひとめぼれ」「お見合いですぐに結婚を決めた」吟味したい派の人には「そんなのうまくいかないのでは?」と思うシチュエーションでもうまくいったりするのはこんな理由があったからなんですね。

婚活で苦戦している人は案外直観で選んでしまったほうがうまくいくのかもしれませんよ。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone