合コンで、彼氏が欲しいのにお持ち帰りされて終わる女性の5つの特徴

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

合コンで真剣に彼氏を作りたい。婚活のひとつとして真面目に合コンに通っている。そんな女性もいますよね。知り合いの知り合いという関係の男性と出会えるので、合コンも出会いの場として悪いわけではありません。

ただ、男性の中には、お持ち帰りしたいだけ、彼女は欲しくない、ただ遊びたいだけ、という理由で合コンに来る人もたくさんいます。

なので、女性側としては、合コンに真剣に彼氏がほしくて参加してるのに、そしてモテないわけではないのに、なぜか「お持ち帰りされて終わる」「その日限りで恋人にはなってもらえない」というちょっと困ったことになってしまう場合も多いのです。

でも同じ合コンに参加してもお持ち帰りされずに、その後真面目なお付き合いをしている女性もいる、なんで私だけ「お持ち帰りだけ」になっちゃうんだろう。そんな「彼氏が欲しいのにお持ち帰りされて終わる女性の特徴」をご紹介しますね。

1.好みの男性に自分からグイグイ

お目当の男性を見つけると、積極的に隣に座ったり、その人ばかりに話しかけたり、ボディータッチをしたり、もうその場の全体の盛り上がりなどを無視してターゲットにアタックしまくるという女性です。他の参加者からはちょっと空気を読んでほしいと思われるくらいの勢いです。

そしてそのターゲットが「遊びたいだけ」である場合、たいした努力もしないで遊べそうだ、しかも向こうから来るならあとで責任取らされたりしなさそう、となって完全に「お持ち帰り専用女」になってしまいます。

男性が真剣になるのは「手に入りそうで入らないところにいる、追いかけたくなる女性」です。グイグイいきすぎるのはやめましょう。

2.色気を振りまきすぎる

胸元のあいた服装や、パンツの見えそうなミニスカート、そしてやたらとボディータッチするなど、セクシーさを出しすぎる女性も「遊び用の女」に認定されてしまいます。

男性とはエッチな本やキャバクラや風俗店ではものすごくセクシーな女性が好きでも、実際に彼女や奥さんにしたいのは清楚で控えめな女性がいいという、ちょっと勝手な生き物なのです。

ほんのりした色気は想像をかきたてて効果的ですが、やりすぎた色気は「身体目当て」としか見てもらえません。そして一度そっちの女として認定されると真面目なお付き合い側に見てもらえるようになるのはかなり困難です。そうならないようにしましょう。

ビールで乾杯するグループ

3.近くで一人暮らし

お持ち帰り目当てできている男性は、「一人暮らし?こっから家近いの?終電無くなっちゃったし今から行っていい?」というノリになりやすい女性をターゲットにしている場合が多いです。

早々に近くに住んでるか聞き出そうとしてくる男性にはちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。住んでいる場所についてはちょっと「XX線沿線で」などと適度にごまかしつつ様子を見たほうがいいかもしれません。

明日なんか予定ある?明日仕事休み?じゃあ遅くなっても平気?などと今夜泊まっても大丈夫かを探ってくる男性も気を付けましょう。

4.メイクやファッションが派手

何度もいうように、男性とは、遊ぶ女は派手で美人がいい、真剣に付き合ったり結婚したい女性は少し地味めでいいから清楚でおしとやかな女性がいい、という勝手な生き物なのです。

髪のカラーがかなり明るい色だったり、ネイルがゴテゴテと派手だったり、アクセサリーがジャラジャラついていたり、派手好き=遊んでると思われる傾向にあります。

清楚できちんとした格好のほうが真面目な出会いに繋がりやすいです。よく遊ばれてしまうという女性は、普段からそういうファッションに切り替えたほうがよいです。

5.経験人数や下ネタの話がOK

経験人数何人?過去の恋愛はどうだった?などという話題になった時や下ネタなどの話題たいして、上手に聞き流せるようにしましょう。ここでウケるからと言ってグイグイ話題に入っていけてしまう女性はノリがいいとは思われますが、遊び女認定されてしまいます。

話の流れをぶった切るのではなく上手に受け流し、自分の話はしない、暴露しない、というのがポイントです。よくあるのが、普段は下ネタNGなのに、酔うとグイグイいってしまう人です。要注意ですね。

合コンで出会って結婚まで持ち込める人も多いのです。遊ばれて終わるのではなく、真面目な出会いができるよう、上手に利用しましょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone