合コンが失敗しがちなのは男女の目的が違うから!逆手に取って合コンマスターになろう!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

合コンしてなんだか期待と違ってぐったり、反省会ばかりしている女子集団はいませんか?

知り合いの知り合いで構成される合コンは出会いの場としてはとても良い環境のはずですが、期待に反して失敗することも多いみたいです。

それは男女の合コンに対する目的の違いがあるから。合コンを上手に利用して、ぜひ運命の出会いをしちゃってください!




1.男性はお持ち帰りしたい・女性は彼氏がほしい

楽しく飲みたい!その先は?

そもそもの合コンに対する目的が男性と女性で違いますね。みんなで楽しく飲みたい、というのはもちろん男女ともにありますが、その後の展開として、若い年齢層だと、合コンをきっかけに彼氏がほしいのが女性、男性はお持ち帰りがしたいというもの。

良くありがちなのが楽しく飲んで騒いだ勢いで、お持ち帰りされちゃった、そしてその後も特に付き合うわけでもなく、一夜限りの関係に終わった終うこと。ひどい場合そのままセフレみたくなっちゃうこともありますね。

男性側としてはこの展開はラッキーであり、望むところだ!ではありますが、女性からすると悲しい思いをしている人も多いです。

男性は恋愛をハンティングのようなものととらえていますから落とすまでを楽しみ、見事落として自分のものになったら安心してやりきった感が出て、気持ちが冷めてしまうことがありますね。

女性は逆です。好意はあったもののそこまで本気ではなかったけど、身体の関係を持ったことで側にいてほしくなる、また会いたくなる、という感じで、ついつい本気で好きになってしまうんです。そのうちズルズルと都合のいい女になってしまいつらいを思いをします。

男性側としては、いい感じの女性がいたものの、お持ち帰りできなかった場合、目的が達成できなかったと感じ、テンションが下がります。

今夜決める!と意気込めば意気込むほど、お持ち帰りできなかった時のショックは大きく、真面目にアタックすれば落ちていたかもしれない女性に、アタックするまでの勢いが出ないこともありますね。

38d2828a15f6ff2da7f03faaa2273cb3_s

目的の違いを逆手にとりましょう

目的が違うのはわかりました。でもこれを逆手に取って合コンをうまく使いましょう。

男性はお持ち帰りを目的とせず、真面目に彼女を作るために参加しましょう。合コン!撃沈!合コン!撃沈!と繰り返すと経費もかさみます。一人の女性にターゲットを絞ってデートを繰り返すなどして真面目に落とした方が、経費も時間も労力も含めて、ベッドインまでの近道だったりすることもあるはずです。

女性は男性側のハンター的なテンションを下げないことが大事です。一夜限りにならず、ちゃんと付き合ってくれるならお持ち帰りもアリだよ、という意気込みも見せていきましょう。

付き合っていない人とそういうことはしない、でもちゃんと彼氏になってくれるなら話は違うよ、と釘をさすことです。女性だって好きな人となら、私だけを見てくれる人なら一夜を共にすることは喜ばしいことですよね。

大事なのは「真面目に付き合う」という確約が得られない限り、身体を許してはいけない、ということ。ただ、そこにどれだけ時間を費やすかは多少譲歩してあげてもいいかもしれません。




2.男性は彼女がほしい・女性は結婚したい

同年代だと結婚への意識の差が!

20代も後半にさしかかると結婚相手をみつけたい女性が増えてきますね。ここでもまた合コンに対する目的の差が顕著に表れてきます。年代的に10代のチャラチャラギラギラした感じの男性は減ったものの、結婚に対する意識はやはり男女差があります。

女性なら20代のうちになんとか結婚したい、遅くとも35歳くらいまでには子供を産みたい、という人が多いですね。

男性が真面目に結婚を検討し出すのは30歳を超えてからが多いです。そろそろ結婚しないとやばい、と焦ってくるは35歳を過ぎてから、場合によっては40歳くらいになってからということも。

若いころの合コンが男性がギラギラしていましたが、今度は女性側が結婚に対してギラギラしてきます。男性は気軽に付き合える恋人が欲しくて合コンに出会いを求めていると、女性のギラギラ感に「ちょっと重い」と気遅れしてしまう、もしくは「お務めはどちら?」「年収は?」なんて質問にひいてしまうことも。

ここで付き合ったら責任とらされそう、一生便利なATMとして働かされそう、と恐怖におののいて、彼女を作るどころか何とか逃げる手だてを考えていたりってこともまで!

これは双方うまくいくわけがありませんよね。

a67417fd2311db2524954b9dbb40c43b_s

年代をずらすのがお互いのため

20代後半で同年代との合コンはこうなる確率が高いです。どうしても参加したいなら、女性は「気軽な恋人」を探すつもりでいきましょう。結果的に結婚できることもあるのですからあせらない。

男性も20代後半で同年代との合コンに参加したいなら「結婚まで視野に入れる恋人」を探す覚悟で参加すること。

そうではないのであれば、参加する合コンの年齢層を調整しましょう。女性は5歳から10歳くらい年上と合コンする、男性は5歳から10歳くらい年下と合コンする、ということです。

20代後半の女性は年上と合コンすることで、どちらも「結婚まで視野に入れる恋人」を探す年代になり、双方の目的が合致します。

20代後半の男性は年下と合コンすることで、どちらも「気軽な恋人」を探す年代になり、こちらも双方の目的が合致するのです。

学生時代まではどんな人も比較的狭い世界で過ごしていますから、なんとなく同世代と過ごすことが多かったため、付き合う人も同世代が多かったと思いますが、年代の違う人との恋愛も楽しいものですよ。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone