寂しさが最大の敵!遠距離恋愛の寂しさを紛らわすコツ5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

遠距離恋愛には寂しさがつきものですが、寂しさがピークを越えると、いろいろ起きなくていい問題が起きて関係がこじれてしまったりします。少しの寂しさは彼のありがたみがわかっていいですが、限度を越えるとよくありません。自分の中である程度消化することが大切です。

1.彼にもいいことがある趣味を始める

料理を習って今度会った時にふるまう。
ネイルを勉強してきれいな指先で彼に会えるよう、目標を立てる。
ジョギングでスタイルアップする。

など、自分が楽しくて、さらにある程度彼にも恩恵があるような趣味を持つことがいいでしょう。

2.自分の家族と交流する

彼と遠距離恋愛を長続きさせれば、いつかは結婚ということになるかもしれません。そうなったとき、今より自分の両親や兄弟と交流する機会は減るかもしれません。

今のうちだと思って、一人暮らしの人は実家にたくさん帰ってみたり、兄弟姉妹と飲みに行ったりしてみてもいいかもしれません。嫁に行ったら自分の家族とこんなに密に交流するとこもあまりない、という風に、この寂しい期間が貴重な時間に思えるようになるかもしれません。

家族との関係があまり良好でない人は今のうちに少しでも関係を回復しておくと良いです。もし結婚するようなことになれば、結婚式や結婚前の挨拶など両家の家族と交流する機会が増えるので、今の自分の家族と関係を密にしておくとそういったことがこじれずスムーズににすすみます。

恋人 足

3.友達と交流する

もしこの寂しさを乗り越えていつか彼との恋愛が成就したら、結婚を機に引っ越すなど、今の友人たちと距離が離れてしまうことも考えられます。また、距離的に離れることはなくても、結婚して子供ができたりするとなかなか夜遅く飲みに行ったりするような遊び方はできなくなってしまいます。

今のうちだけの貴重な時間だと思って、友人たちと楽しい時間をすごしたら、今まで以上に楽しめると思いますよ。

学生時代の友人などでしばらく会っていないけど、実際はとっても大事に思っている友人たちなどがいれば、交流しておくと良いことがあります。

数年後に結婚式に呼ぶようなことになると、しかももしかしたら彼のいる遠方での式なるかもしれないことを考えると「ほとんど連絡もとってなかったのに急に遠方の結婚式なんかに呼ばれても・・・」「スピーチ頼まれたけど全然近況とか知らないし・・・」なんて思われる可能生があります。

まだ結婚なんて全然話がでていないまめに連絡して楽しい思い出を作っておくことで、素直な気持ちでお祝いしてくれるはずです。スピーチなど頼まれる側も引き受けやすく思います。

4.仕事をがんばったり、スキルアップをしたりする

彼を結婚したら仕事を辞めるから、などと適当に仕事をしているのはよくありません。自立心がなく彼に寄りかかる気が満々だと彼もプレッシャーに感じてしまいます。

結婚とは大人同士がするものです。お互いしっかり自立している前提が必要です。経済的な自立も今のご時世では絶対に大事なことです。

結婚資金を貯めておく、という意味でも大事です。結婚式の費用、新居に必要な費用、折半でもいいですが、あなたが少し多めに出すくらいの余裕を持っておくだけで、「ウエディングドレスを素敵なものにランクアップしたい」「インテリアを私の趣味で凝りたい」などの小さな夢が叶えられることもあるかもしれません。

遠距離恋愛後の結婚だと、彼の居住地で再就職する可能性もありますね。そのための再就職先で就職しやすいようにするためのスキルアップ、仕事がみつかるまでの生活費の確保など、いろいろな面で大事になってきますよ。



Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone