彼女でも許せない?男性がドン引きする女性の2つの恋愛遍歴!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

女性なら誰でも隠したい恋愛の過去はあるんではないでしょうか?彼氏に知られてしまったらドン引きされるよなと思うような過去。

男性たちがびっくりしてしまう女性の恋愛遍歴を2パターンご紹介します。

1.バレる可能性大!パパがいた過去

bag-652955_960_720

同性の私でも驚いた恋愛遍歴を持つ友人がいます。その彼女はこれまでその恋愛遍歴のために数々の恋愛に失敗もしてきているのです。

その恋愛遍歴とは、過去に、パパと呼ばれる人が何人もいたということ。彼女は割とモテる人だったので、年上からもとてもかわいがられていました。

また彼女が甘えるのもうまい。だから20代前半はいつもパパと呼ばれる人がいて、何か買ってもらったり、海外にも連れて行ってもらったり…。同性からはうらやましくもあり、時には引いてしまう恋愛をしていたのですね。

今の彼女には、パパはおらず、彼がいるのですが、これまでの彼も彼女のあまりのブランドバックの持ち物の多さや、海外旅行の多さに驚いて、彼女に疑いをかけて聞いてきてそうです。それでパパがいたことがばれていたんですね。

そりゃそうですよね。パパがいたということは、うまく年上の人に取り入られて、いろいろ貢いでもらっていたということですから。彼としてはショックでしょう。またそんな女性だったのかとドン引きすること間違いなしなのです。

2.いつの間にか日常化してた!調教の過去

YUKA160421270I9A2690_TP_V

女性の中には、彼に束縛されたり、命令をされることを好む女性もいますよね。男性の趣味によってはそれがちょっとSMチックであるということもあります。

それが言葉とかなら、ちょっと二人の関係のスパイス的な要素になって問題ない場合でも、それが少し行き過ぎて道具なんかを使うようになってきたら、ちょっと引きてしまいますよね。

でもね、恋愛渦中にある二人には、周りのことが見えずに自分たちが楽しかったら、それが一番だ、それが基準なんだとやっていることが分からなくなってくることもあるんです。

ちょっとSMチックに慣れた女性は、普通の彼とのお楽しみに満足できないこともあるみたい。

そんな時に、ちょっともう少し激しく、縛ってなんて女性からいわれると男性としては、過去にこんなことをしたことがあるんだろうかと疑ってしまい、はっきり言ってドン引きですよね。

女性としては同じ嗜好を持つ男性だったらそれを口に出してもいいけれど、そうでなければ絶対に口に出さない方がいいですよ。男性にドン引きされること間違いないことですから。




この人と結婚していいの? (新潮文庫)

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone