【婚活】「独身こじらせている人」より「バツイチ」のほうがだいぶマシな5つの理由

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

アラサー・アラフォーの婚活中の女性のみなさん。

パーティーやお見合いで出会う男性達は、「いい年をしていつまでも独身で理想ばかり高くなり性格までねじ曲がってしまった、いわゆる『独身こじらせている人』」や「バツイチ」なども多くなってきますよね。

自分ももういい年で、贅沢も言ってられないので「独身こじらせている人」または「バツイチ」のどちらかを選ばなくてはいけなくなってしまう局面もあるでしょう。

さて、どっちがマシなのかなーと考えたとき、「バツイチなんて離婚されるような欠点があるに違いない」と敬遠しがちですが、よく考えてみて下さい!

「独身こじらせている人」と「バツイチ」なら完全に「バツイチ」のほうを選ぶべき!その5つの理由をご紹介します。




1.「バツイチ」はかつて結婚相手として選ばれた実績がある!

22076ca7dbf0b0b698dee35de06bbfbf_s

バツイチというのはその言葉の通り、バツがついてしまっているので、悪いイメージがつきまといますが、見方を変えると、バツがつく以前に一度マルがついたことがある、結婚できたことがある、ということでもあります。

結婚とは一生のうちの大きな決断ベストスリーには入るくらいのとてつもなく大きな決断ですよね。

それに選ばれた実績の持ち主、「これまでの人生において、誰かから自分の結婚相手にふさわしい人物だと認定されたことのある人」です。

かたや独身をこじらせた人というのは「30年とか40年近く生きてきて、一度も結婚相手として誰かに選ばれたことのない人」です。

バツがつくということは、何か良くない部分があるに違いない、でも、良い部分もあったから結婚できた、ということ。

誰からも結婚したいと思われたことのない人は、何か良くない部分があるに違いない、良い部分もないかもしれない、ということ。

もちろんバツイチにも独身をこじらせた人にも、いい人もいれば悪い人もいます、個人差は多々ありです。しかし、確率的にどちらのほうがよい人に当たるか、ということを考えれば答えは明確ですね。

2.「バツイチ」は一人の人と長く付き合える可能性大!

35c9efcb669c7a8ac7116ccfe5468323_s

3組に1組が離婚するといわれている昨今ですが、その離婚者達、結婚してから離婚までの平均年数は「10年」だそうです。

これは全年代、熟年離婚の人も含まれるので、30代のバツイチに特化すると、「5年前後」で離婚したという人が一番多いそうです。

「バツイチ」というと「一生添い遂げるはずのパートナーと長く居られなかった人」という、忍耐力がないような、悪いイメージがありますが、これを別の側面から考えてみましょう。

バツなしの独身男性が「いままで一番長く付き合ったのは5年」「5年つきあった彼女と別れたばかり」と言われたら、その人のことは「一人の人と長く付き合える人」という良いイメージなりませんか?

結婚後1年で離婚したという人ならともかく、そう5年程度続いていたというのであれば、それは結構忍耐力があるからこそできることです。

逆に「独身こじらせている人」に長く付き合った経験があるか聞いてみましょう。すごく短いかもしれません。

単なるバツイチと切り捨てず、まずは離婚までの結婚期間や交際期間を聞いてみて、「いままで一番長く付き合ったのは何年」という風に脳内で置き換えてみてください。

それだけで「独身こじらせている人」よりだいぶイメージがよいことに気づくはずです。

3.「バツイチ」は幸せな結婚へのハードルが低くなっている!

5d31d478e5966d3b215c444462d7c3e8_s

独身をこじらせまくった人の中には、結婚に対する憧れが変な方向に向かい、誰にも修正されずにどんどんエスカレートしてぶっ飛んでしまっている人が結構います。

古風な大和撫子の男性を立てる女性がいいよね。家事や子育てはしっかりしてくれる、家庭をしっかり任せられる人物でなくては。家事も育児も下手なんて女としてありえないでしょ。完璧にできて当たり前。

でも、専業主婦なんて寄生虫だから、もちろん共働き希望、このご時世平均年収は下がっているんだから男の給料だけでやっていけないのは当たり前、男女で半々くらは稼ぐべきだよね。

そんな、自分だけに都合のいい、身勝手ないいとこどりのような考えたかたです。誰も軌道修正してくれなかったので、考え方に偏りがあることに気づいていないのです。

そんな妻にとって苦行のような生活の中で笑顔でいられるようなスーパーウーマンなんているはずもないのに「癒し系の女性をお嫁さんにもらって、明るく笑顔の絶えない家庭を築きたい!」とか平気で言うわけです。

その点、バツイチ男性というのは、ある程度現実的で実現しやすい理想を掲げていることも多く、結婚相手に臨むこともハードルが低くなっています。

また離婚をして辛いことやどん底生活などをくぐりぬけてきた部分もあり、ちょっとした普通の日常に幸せを感じることができるようになっています。

そうい、変に理想を高く掲げず、小さな幸せをコツコツ積み上げていくようなことができるというのはよいことですよね。

4.「バツイチ」は結婚生活に対する経験値がある!

c1a7f7e219fac83280bd798392c0bd1b_s

初婚同士の結婚というのは、いわば結婚生活に対する初心者が2人が、今まで別の人生を歩んできて、突然一緒に生活を始めるわけです。

ですから、意見の食い違いから、ちょっとした相手の言動に対するイライラ、生活の細々とした手順の違いや、一人より二人であることのいろんな面倒さなど、多少の問題が発生するのは当たり前のことです。

こういった価値観の違いを徐々にすり合わせいき、妥協したり説得したり、相手に合わせたり話し合ったり、紆余曲折あって、ある程度生活が落ち着くまで、どんなカップルも一定期間を要します。

しかしそれがなかなか落ち着かずに、こじれにこじれて「価値観の違い」という理由で離婚に至るパターンもあるわけです。

すり合わせは初婚同士だと「初心者がふたり」なので、大変こじれやすいですが、バツイチの人というのは一度これらを経験しているわけです。

こじれやすい部分を把握していたり、自分の良くない点を反省して既に改善していたり、すり合わせをスムーズに進めるテクニックを身につけていたり、など、ある程度経験を積んでいます。

何事も、初心者だらけのチームより、一人でも経験者いるチームのほうが物事はうまく進みますし、チームのメンバーもそのほうが楽です。

ひとり経験者がいることで結婚生活がスムーズに安定に向かうことが期待できるわけです。こんなおいしい物件、簡単に切り捨ててはもったいない気もしませんか?

5.「バツイチ」は決断する能力がある!

555f4e2b33b0341007f00f8d24318b55_s

いい年をして結婚できない人は、これまでいくつかあったかもしれない結婚のチャンスに「今こそ結婚すべき」と決断できなかった可能性があります。

大事なことをここぞというタイミングで決められない人というのは、仕事もできなければ人間関係や生活を円滑にすすめていくこともできない人物である可能性が高いです。

バツイチ男性は、過去に結婚という人生の大きな決断をしたことがある、という実績があるということです。でも、結局離婚したのなら決断ミスではないか、と思いますか?

良く考えてみてください。バツ無しの既婚者でも結婚生活に不満がある人も多々いますよね。

配偶者のことが憎くて憎くて仕方がない、この結婚は間違いだったと思いつつも、事情があって離婚できない、耐えに耐えてストレスばかりの不幸な結婚生活を送っている人も意外と多いわけです。

既婚者の7割が結婚に不満があるという統計まであります。全体の7割が満足いく結婚をしていないということに。全体の7割が決断ミスなんです。

要は「ほとんどの人が決断ミスをする」「結婚前に見極めることはほぼ困難」といえます。

そして、7割いる不幸な結婚をした人々の中で、双方苦痛のままダラダラ結婚生活を続ける不幸な一生を過ごすより、離婚という「不幸をこれ以上長引かせないための大きな決断」に出られたんです。

「ほとんどの人が決断ミスをする」「結婚前に見極めることはほぼ困難」である決断ミスを認めて、今後のお互いの人生を改めようと新たに「離婚」という大きな決断をできた、的確な判断をした人物なんです。

人生において、大きな決断ができ、失敗したら素直に認め、反省し、次に生かすことのできる、そういう人物こそ、出世もできる、人間関係や日常生活を円滑に進めていける、頼りになる男性ではないでしょうか。

まとめ

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s

いかがでしたでしょうか。バツイチ男性のイメージが変わったのではないでしょうか。

婚活女性の中には条件に固執しすぎていい人を見逃している場合もあるので、こんな風にバツイチ男性に視野を広げてみるものとってもおススメです。

「独身こじらせている人」と「バツイチ」を比較したとき、「バツイチ」の人のほうがアタリの可能性が高い、というお話なので、もちろん人によるところは多いにあります。

バツイチ男性の中には(もちろん独身男性の中でもですが)、DV男やギャンブルや借金の癖のある人など、絶望的にダメな人物もいますので、それだけは気を付けてください!

視野を広げつつも、見るべきところはしっかり見て、素敵な結婚をしてくださいね!




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone