合コンやお見合いパーティーで親しくなったもののデートが続かない人の対策5つ!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

合コンで一人だけ連絡先を聞かれた!お見合いパーティーでカップルになった!意外とここまでのステップは簡単に乗り越えている人も多いですよね。

しかしそこから「彼女になる」「結婚する」までの道のりは長く、実は「1回か2回はデートするけどその先が続かない」という人がかなり多いそうです。

3回目のデートに誘ってもらえなくなってしまった、2回目までのデートでなんだか自分が冷めてしまった、そんなことあるみたいです。

運命の人ではなかったから?縁がなかったから?でもこれ、何度繰り返してても同じではありませんか?DVなど致命的な原因でない限り、相手と真剣に向き合って恋愛しないことにはいつまでたっても同じことの繰り返しです。

せっかくの縁なので相手も自分も冷めることなく、気持ちを盛り上げていきたいですよね。どうやって対策したらいいでしょう。

1.貸し借りで次に会う機会を作る

好きでも嫌いでもないし、何か問題があったわけではないけど、気持ちの盛り上がりがなく続かない、そんな場合も何度も会う事で愛着が湧いてきたり、良いところが見えてきたりで気持ちが盛り上がることもあります。

ものすごく嫌われている場合を除けば、実は強制的に会うような状態に持って行くのも悪くないことなんです。本やDVDを貸し借りして、絶対に次に会わなきゃいけないようにしてみましょう。同じように、忘れ物をする、なども手です。

家に相手の物があるだけで相手を思い出したり、相手のことを考えたりするきっかけが増えるのも良い方向につながります。




2.デート中に次のデートを決めておく

なんとなくデートしてなんとなく別れてしまうと、次に誘われる確率が低くなります。誘われないと自分が冷めてしまうきっかけにもなります。

次は今やっているこの映画を観に行こう、という話をしておくと、その映画の公開期間が終わるまでにはデートしなきゃ、という心理にお互いがなります。

決めてあることなら女性側から誘うのも勇気が出ますよね。草食系男性が増えているので、女性側としてもただ誘いを待っているだけではいけません。デート中に決める、というのも大事です。楽しいプランを自分から提案してみましょう!

3.お礼やお詫びという理由で誘う

この前のデートで遅刻してしまったので、お詫びに次回は奢らせてください。というようなお礼やお詫びのついでにお食事して下さい、というと向こうも悪い気がしませんし、こちらも誘いやすいです。

下手に出る、相手を立てるというような状況にすることで、相手もまんざらでもなくなって、恋愛感情に繋がりやすくなりますよ。

次につなげるセリフとしては使いやすいので、恋愛初心者さんにも安心です。素敵なお店を選ぶなど、女性側からも素敵なデートプランが提案できるようになるといいですね。

a1180_005046

4.頼る、お願いする、という感じ誘う

パソコンを買いたいけど詳しくないので一緒に選んでほしい。行ってみたいお店があるけど、一人じゃ入りにくいのでどうしても一緒に入って欲しい!

教えて!付き合って!お願い!という感じで誘うと男性も頼られていると状況が男心をくすぐられて、恋愛感情も盛り上がりやすいです。

相手の得意そうなこと、相手が好きな事をチェックしておくといいかもしれませんね。

a0002_008310

5.すぐに身体を許すな!

気持ちを盛り上げよう、女性からも積極的に攻めよう、という心がけは大事ですが、安売りするのとは違うので間違えないでください。

女性がポイっと捨てられる状況として多いのがやっぱり、すぐに身体の関係を持ってしまい、男性側がもう目標は達成したからいいや、となってしまうパターンですよね。

やはり、徐々に仲良くなることで、なかなか手に入らない女性、手に入れたら大事にしなくては、という心理になります。時間をかけてじっくり親しくなりましょう。

今日こそはお泊まりデートか?という雰囲気のときに早めに帰るなど、ちょっとじらす方が追いかけたくなるかもしれません。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone