出会いがないから彼氏ができないという女性の3つの勘違い

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

どうしても彼氏がほしい!どうしても結婚したい!でも出会いがないから彼氏ができない!私が悪いのではなく「出会いがない状態」が悪いだけです!あーあ、出会いさえあれば彼氏できるんだけどな。

そんなことを思っている女性はいませんか?

それは勘違いかもしれません!出会いがないことを、自分の努力不足や悪いところに目をつぶる言い訳にしているだけってことありませんか?

本当に本気で彼氏が欲しいなら自分を省みて反省すべき点を反省し、行動を起こしましょう!

1.出会ってるのに無意識に切り捨てている

職場に中途採用の男性が入ってきた、通っているジムに独身と思しき男性がいる、友達の結婚式の2次会に新郎友人がたくさん来ていた。などなど、新たな出会いは周りにたくさんあるのに、無意識に恋愛対象外と切り捨ててしまっていませんか?

「高校時代くらいまではモテた」という女性にありがちな勘違いです。高校生くらいまでは同じ地域に住み、同じ教育をうけ、同程度の学力で、同じ年、というほとんど同じ価値観の人とお付き合いをすることが多く、それが当たり前になってしまっているのです。

そのせいで、ちょっと年が離れているだけで、地方出身なだけで、学歴に差があるだけで、当たり前のように恋愛対象外にしてしまっているのです。

高校時代のような同じ価値観の集団のだけ中で生きることは今後はありません。年を取るにつれて新しい価値観の人ともかかわりを持つことが増えてきます。それは悪いことばかりではありません。世界が広がっていいこともたくさんあります。

新しい気づきや発見があり、新たな生き方や趣味がみつかったりすることもあります。早々に切り捨てるのはもったいないです!よくまわりを見渡して、無意識に切り捨てている人がいないか探してみてくださいね。

123123

2.彼氏がほしいのに待ってるだけ

彼氏がものすごく欲しい!という状態にも関わらず、何も行動を起こさず、それでいて「出会いがないんだけど」と愚痴るあなたは単なる「行動不足」です!

例えば女性と既婚男性しかいない職場に勤めていて、仕事場と家との往復しかしていない生活なら「出会いがない」のは想定内のはず。

何か行動しなきゃ彼氏ができないのは当たり前ですよね?それともあなたは通勤電車に乗っているだけで車両中の人が注目して惚れぼれするくらいの美人さんなんでしょうか?そうでないなら行動してください。

出会いは降ってくるものと思ってますか?違います、そんな状態のあなたは「出会いがない」ではなく「出会いを避けている」状態ですよ。避けてたら恋愛なんか始まらないでしょう。

ジムに通う、趣味のサークルに入る、合コンを開催してもらう、お見合いパーティーに行く、逆ナンパ、まじめな出会い系サイト・・・。本当に本気で彼氏がほしいならプライドを捨ててなんでもやってみるべきです。

そこまでしなきゃいけないならいいや・・・と思う人は一生おひとり様の覚悟を決めてください。婚姻率がものすごく下がっています。そこまでしないと凡人や平均的な女性は結婚できないのが現代の婚姻事情なんです。



3.新たに出会う必要、ある?

そもそも彼氏を作るのに、新たに出会う必要あるの?という勘違いの場合があります。今までの人生で出会ってきた男性の中から探した方がいいのでは?ということ。

先ほども言ったとおり、価値観が似ている男性と出会っているのは学生時代が多いです。これからの出会いはどんどん価値観が違いが大きくなるでしょう。

価値観が違う人とお付き合いするのも楽しくていいですが、結婚するとなるとじっくり向き合ってすり合わせをしていく時間が必要になってきます。それも恋愛の醍醐味ですが、年齢的に焦らなきゃいけない女性にはもどかしいかも?

となると過去に付き合った人や学生時代の悪友、昔の遊び仲間、職場の同期入社、遠い親戚、などから選んだ方がしっくりくることも多いと思います。難関はちょっとこっぱずかしいことくらいでは?

いまさら!友人としてしか見れない!なんて思ってるならそれはもったいない!いい友人なら人間的にもいい人!

いまさらラブラブドキドキはしない!という場合でも、結婚するのに、一緒に住むのに、邪魔にならない、一緒にいると落ち着くのはとってもいいことですよ!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone