なかなか告白してこない!イライラ!男性が女性に告白したくなるシチュエーション5パターン

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

何度もデートを重ねて、確実に私に好意を持ってるよね?!何で告白してこない?!イライラ・・・そんなもどかしい思いをしている女性はいませんか?

草食系の男性が増えている、といろいろなところで言われているように、勇気をもって一歩踏み出せない、石橋を叩いて渡るどころか叩いて叩いて叩きまくって壊す!ぐらいのわけのわからない男性が増えています。

女性側が告白しやすいシチュエーションを作ってあげて、背中を押してあげましょう!どんなとき男性は告白してくるのでしょうか。




1.仕事の成功などで自信をつけたとき

824f60d4d3dfa0a09d545ad2f50694be_s

男性は戦う生き物です。それは大昔に狩りをして生きていた頃のなごりで遺伝子にインプットされているのです。今は狩りをして生きている男性なんて少ないので、何か別のことで戦っています。

日本のような平和な国で暮らしている場合、「戦い」とは多くの成人男性にとって「仕事」だったりします。昔の人たちが、狩りが終わって食事の心配はしばらく大丈夫だ、とホッとしたとき、それは子孫繁栄に適したタイミング、その流れで子作りに励んだわけです。

その本能は今も残されていて、現代では仕事がちょっとした成功をおさめて達成感を得た時、男性は自信が持てて、女性にアタックしたくなるものなのです。

そういう心理をうまく使って、彼に達成感を与えることが大事です。仕事に限らず、日常のほんのちょっとの成功でも「やりとげたね」「すごかったね」「さすがだね」と大袈裟に褒めたたえましょう。気になる女性に言われることで、さらに自信をつけることができます。

2.確実に両想いだと確信したとき

cdde98e4c3ead9b610a5d4cb926cdb88_s

恋愛経験に極端に乏しい男性にありがちなのがこれです。振られたら怖いから、100%大丈夫だ、と確信するまでは告白しない!ってやつです。

こんなにデートに何度も付き合ってあげているんだから、嫌いなわけ、ないでしょ?!こんなに好きアピールしてるんだから、わかるでしょ?女性からしたらそう思う状況でも、この手の男性にとっては「90%の確率でOKもらえそうだけど、10%くらい振られる可能性もありそうだ」と躊躇していることもあるんです。

えー!よわい!意気地なし!女々しい!とお怒りにならないでください。

このタイプの男性は、告白までは長い代わりに浮気などもしにくいので、いったんお付き合いが始まれば、多少頼りない部分はあれども、一途で誠実な態度で接してくれますので、きっと幸せになれますよ!

もうこれ以上ないくらいの「告白OKです!」ということをアピールして差し上げてください!なんなら「何?付き合う気ないわけ?」とか聞いちゃってもいいくらいです。




3.ちょっと酔った時

870cd683f2d3b9710783bfc0971d2313_s
普段はおとなしい、あまり本音を外に出さないタイプの男性にあるのがこのパターン。普段は勇気がなくて、言いたいことが言えなくてモジモジしちゃっているわけですね。

少しほろ酔い状態のときはいつもと違って饒舌に、言いたいことも言えるようになるのです!その勢いで告白できちゃった!やったー!というわけですね。

これは「ほろ酔い」がポイントです。あまりに泥酔していると、もう誰でもいいからつきあってくれーと、告白でもなんでもない謎の発言になってしまう可能性もあります。

お酒の力で勇気だけもらって、あとはしっかりと真面目な本音を話してくれるのが一番いいですもんね。

4.いつもと違ったデートのとき

a254500a4c1a1eee1fb88dcbcb1cb6a9_s

ロマンチックな夜景を見ながらの食事、いつもより二人ともちょっとおしゃれをしている、そんなちょっと背伸びしたデートをしてみるのはいかがでしょうか。

そして女性側もいつもは楽しくぺちゃくちゃおしゃべりをしますが、この日に限ってはちょっと控えめで静か、大人な雰囲気。

この場合、男性もしっかり覚悟をきめてくる上、彼女がずっとしゃべってていつ切り出していいかわからない、なんてこともないので、さすがに頑張ってくれるでしょう!

そんなのキャラじゃないと思わず、試しにやってみてください。いつもと違う、ということが大事なので、夜景でなくても、何か雰囲気のよいデート、考えてみてくださいね。

5.聞かれたので答えた・・・

7b606569e2a42b6053059950bfd2ed72_s

そう、長々といろんなシチュエーションやコツをご紹介してきましたが、こんなにイライラさせたうえ、女性側からこんなにあれこれサービスしても、ダメな男、いるんです。

ここまでしても告白ができない男性、これを「優柔不断」などと判断して、あきらめて他の男性を探すのもありですが、それでも彼がよいと考えた場合は仕方ありません。女性から聞きましょう。

「私のこと、どう思っているの?付き合う?付き合わない?」「は、はい、付き合います」っていう感じです。聞かれたので答えました、というシチュエーション。

残念ながらここまでしないとダメな場合もあるんです。でもそこから付き合ってみたらいい人かもしれないので、イライラしている時間がもったいないと思ったら直球で聞いちゃいましょう!

関連:イライラ!モヤモヤ!全然告白してこない男の心理5パターン

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone