バツイチ男性ってどうなの?やめるべき?バツイチ男性との恋愛5つのポイント

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

バツイチ男性と恋愛関係になりそう、バツイチ男性に恋をしてしまった。このまま突き進んで大丈夫?どうやっておつきあいを進めればいいの?

そんな不安ありますよね。バツイチ男性との恋愛ってうまくいくんでしょうか。注意点やうまくいくコツをご紹介しますね

1.早く結婚をしたい女性には不向き

20代後半など、今、結婚適齢期で、できれば早めに結婚して子供も産みたい、と考えている女性にはバツイチ男性との恋愛はあまり向きません。

バツイチ男性と結婚するには多くの壁を乗り越える覚悟が必要です。独身男性との関係に比べて結婚まで時間をかける必要が出てくることが多々あるでしょう。前妻との間に子供がいる場合はさらに時間がかかる可能性があります。

逆に、あなたがまだ若くて数年くらい余裕で待てる、もしくは結婚適齢期は過ぎてしまって、これから子供を産むこともさほど重要視していない、数年待つ覚悟がある、というのであればバツイチ男性といい関係を築ける可能性があります。

バツイチなのにあなたとの再婚を急いでいるような男性であれば、ちょっと危険かもしれません。問題を抱えて離婚し、その問題を抱えたまま再婚、というパターンになりかねません。結婚してから後悔しても遅いです。

バツイチ男性との恋愛は常に、時間をかけて、ゆっくりものごとを進める、ということを頭に入れておいてください。

1231232

2.ダメ男は嘘をつきます

こんなに素敵な男性なのに、前の奥さんは何で離婚したんだろう、問題箇所が全然みつからない。そんな男性との恋愛には、ときどき落とし穴があることが!もちろん問題ない男性もたくさんいるんですが、とんでもない地雷があることも!

DV男性、ギャンブル中毒、借金癖がある、など結構な大問題を抱えている男性って、実は結婚するまではものすごく上手にそれを隠していたりすることがあるんです。こういう誰がどうみてもダメな男性というのは絶対避けたいですよね。

こういう場合、彼の家族にも問題があったり、一緒になって隠していることもあります。なかなか正体が見抜けません。

できれば彼の友人関係や職場の上司など、第三者からの意見を聞いたり、経済状況などについては、実際に通帳などを見て貯金額やお金の流れに不審な点がないかチェックしたほうがいいです。

借金関連は郵便物をチェックするとわかることがあります。前の奥さんと別れた理由も、彼の口から聞いたものを100%鵜呑みにするのは危険です。

可能なら前の奥さんと少し話す機会が設けられたら理想的です。慰謝料の額や理由なども聞けたら安心ですね。

前の奥さんは立場上、あなたに攻撃的かもしれませんが、そういったことを乗り越える覚悟がないとバツイチ男性との恋愛は成り立ちません。

なかなかそこまでするのは難しいかと思いますが、結婚してから豹変されるよりは、事前に可能な限り確認しておきましょう。

この人に限ってはそんなこと絶対ない!と思っているかもしれませんが、前の奥さんもそうだったかもしれないんです。気をつけましょう。

3.女性に変な幻想を持っていない点が良い

バツイチ男性のよいところは、ある程度の期間、結婚生活をした経験があるので、女性にへんな幻想を抱いていないことです。

いつも物静かで穏やかで、身だしなみも完璧で常に小奇麗にしていて、家事も子育てもぬかりなく完璧で、ついでに仕事もバリバリしてしっかりして家計も支えてくれて、旦那を立てるのも忘れない、そんな完璧な女性、どこ探してもいませんよね?

独身男性の場合、「あったかい家庭を築きたい」とかほんわかしたことを言っておいて、実はそういった完璧な女性を思い描いていることがあります。

どんな女性もたまにはイライラすることもありますし、家事と子育てと仕事、すべて完璧にこなすのは至難の技、どこかに手抜きが出てきたりします。

幻想を抱いていた男性の中には「理想のあったかい家庭」と違うと不満を抱いたりする、そんなこともあります。

家計も半分奥さんに支えてもらっておいて、家事も子育てもしないのに、男性を立てろって、お前は何様だ、って感じですが、本当にそんな男性たくさんいるんですよ。

そういう部分は、多くの夫婦は日々の生活中で歩み寄り、時には喧嘩をし、話し会い、お互い努力して解決していくもので、その過程は結構大変だったりします。

バツイチ男性は結婚生活を営んでいた経験があるので、ある程度「そういうもんだ」と現実を見据えていることが多いです。変な幻想を抱いていないぶん、結婚してからのそういう面での苦労は少ないです。



4.経済的に自立しましょう

バツイチ男性は慰謝料や養育費など、経済的な負担が多少ある場合が多いです。慰謝料養育費以外にも離婚に伴い、引っ越したり、財産分与があったり、離婚は精神面でなく経済的にも打撃があるものなので、お金にシビアになっていることもあります。

バツ無しの独身男性との恋愛や結婚は、女性が男性にある程度経済的に支えてもらうイメージがありますが、バツイチ男性との恋愛ではそういったことは期待しないほうがいいです。

むしろ万が一のときにはあなたが彼を経済的に支える覚悟を持つくらいでちょうどいいです。最低限でも自分ひとりの生活費くらいは、自分で食べていくくらいの経済力は持ってください。

バツイチ男性は経済的に支えることができないから、という理由で恋愛に臆病になっていることもあります。あなたが自立していることは彼の支えになるでしょう。

5.自信を持たせてあげましょう

バツイチ男性というのは基本的に女性不審になっていたり、自信をなくしていたり、ちょっとしたトラウマになっていることが多いです。

そういう男性と良い関係を築いていくには、彼を励ましたり、支えたり、待つことができることが重要になってきます。独身男性と比較しても、迷いや悩みがあったりします。結婚など結論を急いだりするのはよくないです。

一人で悩みたいときには一人にしてあげる、考える時間を与えてあげる。前の奥さんとの間に子供がいるような場合には、その時間を奪わない。仕事の悩みなども、しっかり聞いて励ましてあげる。

そんな風に、縁の下の力持ち的な存在になることで、バツイチ男性ともうまくやっていくことができるでしょう。頑張ってくださいね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone