本気の人だけに教える!35歳以上の独身女性が結婚するためにすべき5つのこと

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

本当に本気で結婚したい女性の皆さんだけに教える、35歳以上の独身女性が結婚するためにすべきことを教えちゃいます。

本気の人以外は読まないでください!

1.出会いのない趣味や習い事はすべてやめましょう

35歳以上となるともう時間はありません。一刻一刻と年を取っています。ご存知の通り、というか既に身をもって体験していると思いますが、20代後半くらいから、女性は驚くほどのスピードでモテなくなります。

学生時代は「こんなやつ恋愛対象外だ」と見下していたレベルの男性からもどんどんと見下されるようになります。あなたの人間的な価値が下がっているわけではありません、ただ、婚活市場における価値が日に日に下がるのです。とにかくスピードが一番大事です。

習い事や趣味なんかでキャッキャと楽しく過ごしている場合ではありません。出会いがないものはすべてやめてください。自分磨きももういまさら不要です。

仕事と最低限の衣食住以外のすべてのお金と時間を婚活に費やしてください。できれば3股くらいかけるつもりで同時進行でいろいろな男性とデートし、吟味して、さっさと結婚してください。

もちろん婚約するころには一人に絞る必要がありますが、デートくらいなら何股でもいいです。それくらい急がないと結婚なんかできないです。

「そんな急にバンバンデートなんてできない、自分のペースで進めたい」と思うのは誤り!「自分のペースで進めた」結果、35歳まで結婚できてないんです。そんなペースはダメだって自分で証明しているじゃないですか。

走る赤いドレスの女性

2.20代で結婚した友人を参考にしない

20代後半くらいで結婚した友人たちの多くは「人生で5人目くらいの彼氏と、4年くらい付き合って、結婚。旦那さんの年収は500万くらい。35年ローンで戸建てを購入」した。

だから自分も、次付き合う人が5人目だから、年収500万円くらいの人をみつけて3年くらい付き合って、結婚しよう。先に結婚した友人たちと専業主婦どうし集まってランチしよう。そんなことを考えていては完全にアウトです。

友人の旦那さんは付き合い始めは年収500万円もなかった、もしくは学生だったかもしれません。「年収を気にせず選んだ」もしくは「将来性を見込んで選んだ」男性が見事に年収500万円になったのです。

あなたはその頃そうしなかった。もう遅いんです。その頃そうしたかったけどできなかったのなら同条件は望めないと考えましょう。

「私はそこまで高望みしていない、なんで結婚できないんだろう」という女性に最低年収は?と聞くと「500万円くらい」と答える人もいます。

あなたが女優やモデル並みの美人ではなく、35歳以上なら、「非常に高望み」と思ってください。現時点で年収500万円の人は35歳の女性とは結婚しません。

また、今から何年も付き合ってから結婚なんて子供産み損ねますし、子供がいらなくたって、その時点で振られるリスクは最悪です。吟味期間は1年以内にすべき。ゆっくり決める時間は残されていません。

あなたと同年代と結婚して旦那さまだけの収入ならもう35年ローンは厳しいかもしれません。20代で結婚した友人たちと同じ生活レベルはあきらめましょう。

悲観する必要はありません。自分で稼げばいいんです。夫300万妻300万なら世帯収入600万です。普通の暮らしならできますよ。仕事を頑張ってきたでしょう?

参考に20代で結婚した人を参考にしてはダメ!するなら35歳前後で結婚した人を参考にしてください。

3.あなたがすべきことは自分磨きでなく実戦経験

モテる女子になるには自分磨きだ!料理や着付けを習って花嫁修業だ!エステに長期間通って全身つるぴかに!自分の価値を上げて素敵な男性とめぐり合うんだ!と意気込んでいるなら「もう遅い」です。

そんなの20代前半でやっておくこと、今からやっても意味ないです。自分磨きで自分の価値を上げるペースより、年を取って自分の価値が下がるペースの方が大幅に速いです。とにかく急ぐこと!

ここでいう「価値が下がる」は結婚市場における価値です。あなたの人間的な価値は下がっていません。むしろ35年の人生で酸いも甘いもいろいろ経験してきたはずです。もう充分なのです。

必要なのは、自分磨きでなく、恋愛の実践経験です。とにかくいろんな人とデート、デート、デート!デートしまくってください。婚活パーティー行ってデート、同窓会行ってデート、逆ナンパしてデート。全ての出会いをデートにつなげる勢いで!

そのデートまでこぎつけないって?「デートしてください」って言いました?何回言いました?何人に言いました?言ってないなら「こぎつけない」でなく何もしてないからです。

どうやったらモテるのか、相手に気に入ってもらえるのか、なんて、実践経験で養ってください。繰り返すとわかります。自分に合う人合わない人、自分に好意を持ってくれる人くれない人、年齢を気にする人しない人、自分が好きになれる人なれない人。

付き合って別れたりを繰り返す人や、ナンパされてすぐ付いて行ってしまうような人、ミーハーな人や男性の前だけ態度が変わる女性を「軽い」「よくないこと」と思いこんできたせいで、あなたには恋愛の実践経験が不足しています。不足しているから結婚できてないんです。

見た目が美しいなどのモテる女性は、多くの男性からチヤホヤされるので自然に学んできた男女間コミュニケーションの方法や恋愛戦術が、あなたには不足しているんです。モテない女子ほどデートを重ねて実践経験を積む必要があるんですよ。

チャラチャラしてるとバカにしてた彼女たち、みんな結婚しているでしょ?若さという市場価値を生かしたんですよ。あなたはそれすら生かせなかった。これからは経験知不足補いつつ婚活もするんです。

決して「すぐに身体を許す」という意味ではありません。デートでの会話や態度、メールやラインでのコミュニケーションなどから始まり、誘いかた誘われかた、タイミングや駆け引きなど、そういったことを実践しながら学んでください。

どんなに苦手なことでも、繰り返せば上達します。数を打てば当たります。失敗から学ぶことは多いです。

先ほど「できれば3股くらい」といいました。同時進行なら失敗しても立ち止まらずすぐ次に行けます。ショックを受けて落ち込む暇なんてないですよ!次々と行きましょう!

ガッツポーズをする白い服の女性

4.ファッションやヘアメイクを完璧に

短時間でキメなくてはいけません。そのためには見た目が一番大事です。

見た目以外のよいところは、結婚後のものすごい膨大な時間の中でゆっくり知ってもらえばいいんです。今はそこじゃないです。短時間で結婚までこぎつけるにはとにかく見た目をよくしてください。

ここでありがちなのがテレビや雑誌に出ている女優さんやモデルさんに憧れてそれに近づけようとすることです。そっくりな女優さんがいてちょっとした工夫で似るならいいですが、目を大きく見せようと細い眼をアイプチなどで強引に変身させようとして、近くで見ると不気味な人、結構いますよ。

あなたの良さを生かすメイクやファッションをしてください。自分で魅力に気づいていない、個性を殺してしまっている人、もったいない人たくさんいますよ。

信頼できる友人のうち美的センスのある人に、全てお任せするのが一番いいです。該当者がいなければ服装ならパーソナルスタイリストなどに相談してみるのも手です。

美容院も何件も渡り歩いて「おまかせ」で似合う髪型をバッチリチョイスして素敵にしてくれる担当者を探し出しましょう。カリスマ美容師と言われている人を渡り歩くのもいいですし、ヘアスタイルの素敵な友人に紹介してもらうのもいいです。

ここに時間はかけられませんから、お金をつぎ込んでパパっと終わらせてくださいね。どうしても譲れないコンプレックスがあるのならこの際、美容整形もありです。

5.ダイエットが必要な人はとにかく痩せる

ウエストを測るトレーニングウエアの女性

とにかくスピード!見た目!ということで太っている人はダイエットが先決です。ぽっちゃり、ちょっとぷよぷよ、くらいの人はそのままでいいです。

ガリガリも不人気です。恋愛市場といえども、所詮はオスとメスの結びつき、本能がモノをいいます。意識的であろうが無意識だろうが、結果的に「子供ができやすい体型」が一番人気になるんです。BMI19以下は妊娠しづらいですから、婚活市場では不人気です。

ダイエットが必要なのはBMI25以上の人。妊娠リスクが高く、婚活市場でも不人気。自分はデブだと認識し、とにかくダイエットしてください。

「太めな女性が好きな男性もいる」は残念ながら忘れてください。「若くて太めな女性」ならともかく、「35歳以上で太め」は婚活市場ではアウトです。結婚後にお相手が「太めな女性が好きな男性」だったらまた太ればいいです。太るのは簡単ですから。

「どうしても痩せない」「いろいろ試したけどどれもダメ」「そんなに食べてないのに体質だから太る」とか言っている人いますが、どれもこれも言いわけです。太ってるのは食ってるからです。努力が足りないだけ。食べなきゃ痩せます。

とにかく時間がないので、ダイエットが完了するまで何もしないのはダメ、大急ぎでダイエットしつつも同時進行でデートデートデートそっちも進めちゃってください。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone