若さがなくても楽しめる!40代の恋愛のいいところ5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

アラサーアラフォーで恋愛や婚活がうまくいかなくて「私はもう、恋愛はあきらめよう」「恋愛は若い娘のもの、私はもう遅い」と思っている女性のみなさん!40代でこそ楽しめる恋愛というのがあること、ご存知でしたか?

もちろん妊娠しにくくなったり、若い娘が好きな男性にはモテなくなったり、20代のころのような恋愛はできませんが、40代でこそ楽しめる部分、40代だからこそできること、など、また違った恋愛の楽しみ方ができるんですよ。

今回は「40代の恋愛のいいところ」をご紹介しますね。

1.バツイチ・子持ちが不利にならない

「バツイチ」「子持ち」などは20代や30代の恋愛では足かせになることが多かったですが、40代になれば「バツイチ」「子持ち」の率も増え、当たり前の空気。むしろ「ずっと独身」のほうが何かあるんじゃないかと勘ぐられます。

逆に、こちらが恋する相手としても「バツイチ」「子持ち」が射程圏内に入りますよね。これまでなんとなく避けていた男性と恋に落ちる可能性が出てきました。分母が増えるわけですから、恋の可能性もあがります。

また人間的に優れていたのに、なんとなく避けていたような人とも恋愛関係になることが可能に。要は視野がが広がることで、いい人と恋愛できる確率が上がるのです。

2.若いころ見た目に自身がなかった人が逆転も

20代や30代前半くらいまでは、生まれつき見た目のよい女性がモテて、見た目が劣った女性には恋愛は不利な感じでしたよね。でも40代になってみると、美しかった人も老けてきて、「生まれつき」の部分より「後からの努力」がものをいうようになります。

40代の美しさは「生まれ持ったもの」というよりは「女性として気を抜かなかったこと」が如実に現れてくるのです。美しかった女性が「劣化した」なんて声、聞きませんか?

生まれついたものはよかったのに油断してぶくぶく太った主婦よりも、地味顔で生まれたものの気を抜かずそこそこ美容に気をつけていた人が美しくなる世代なのです。

これまで身につけてきた知性や品格が見た目にも出ます。努力が実ります。

自然の中のカップル

3.あせらないのがいい方向に働く

若いころの失敗としてはもう20代後半だし、みんな結婚したし、仕方ないからこの人で!とあせって変な人を捕まえてしまうことです。これはやはり妊娠出産の年齢があるので、生物学的にも本能的にあせってしまう時期なのです。

40代にもなるとその辺はゆっくりのんびりと人間性を観察して、本当に大事なものは何かを見極めて恋愛ができます。しっかり見据えて相手を選ぶことで充実した素敵な恋愛ができるのです。

20代であせって失敗した人も、ここで取り戻すことができるかもしれません。40代なんて恋愛可能年齢の範囲内で数えるとまだ折り返しですよ。先は長いのです。生涯の伴侶はここでみつかるかもしれませんよ。

4.身体目当てな人は言い寄ってこない

若いころ、本気で好きだった人に、遊ばれて捨てられて悲しい思いをしたことがありませんでしたか?そういうことも40代ならほとんどなくなります。遊びなら若い娘に行きますよね。

ただ、身体目当てな人は減りますが、お金目当て、ヒモ願望あり、な男性が言い寄ってくることは増えるかもしれません。その辺は注意してくださいね。

経済的に余裕があるならヒモを飼うのもアリだと思います。養う喜び、若い男性に癒されること、これは母性を刺激して若々しくいるためにはいいことなんです。エステ代と思えばたいしたことないかもしれません。

5.安らぎが得られる

若いころは、男女ともにドキドキする恋愛、刺激を求める恋愛をしがちです。刺激が世界を広げ、失敗も成長につながり、人間性を高めるのにはいい面もあるのですが、安らぎや癒しは得にくいです。

40代にもなると、男女ともに「ドキドキする」よりも「ほっとする」を選ぶようになります。安らぎや癒しをお互いに求めて一緒にいると、お互いに気持ちが大きくなりますね。寛容な心でお互いを思いやることができます。

若いころには小さなコンプレックスでいっぱいだったあなたも、そんなことは気にせずに自由で開放的な気持ちになることができるでしょう。

こんな幸せ、若いころにはなかった、という日が来ます!40代にも期待しましょう!気を抜かず、自分を磨き続けてくださいね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone