【人気パン教室講師が贈るコラム第6回】フライパンで作れるハートチョコベーグルとココアとくるみのお菓子レシピ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。大阪堺市の自宅で、フライパンで作れるおうちパン作りを提案しています、パン教室エミ・サロン・キッチン尾下友佳子です。

2月はバレンタインデー!

大好きな人や、お子様に愛をこめて、パンやお菓子をプレゼントをしてみませんか?

今回は、フライパンで作れるココアハートチョコベーグルや、オーブンでも簡単に作れるココアとくるみのスノーボウルをご紹介させていただきます

1.モチモチしたココアハートチョコベーグル

chokobeugltop

[材料8個分(フライパン27~28センチ2台分)]

強力粉 240g
ドライイースト 4g
きび砂糖 29g
塩 4g
ココアパウダー 5g
水 127g

※フィリング用・・・チョコチップ適量
※ケトリング用・・・お湯1リットル、きび砂糖大さじ1
※お好み仕上げ用・・・粉糖適量

[作り方]

1. ボウルに強力粉、手前にドライイースト、イーストの反対側に塩、真ん中にココアパウダーを入れる
chokobeugltsukurikata1
2.ドライイーストに強力粉を少しかけて、軽く混ぜて全体に混ぜ合わせる

3. 真ん中にくぼみをあけてきび砂糖を入れて、砂糖の上に水の半量をかけて砂糖を溶かす
chokobeugltsukurikata3
4. 砂糖が溶けたら、残りの水を入れて、全体にひとまとまりになるまで混ぜ合わせる
chokobeugltsukurikata4
5. 台の上に出します。
油脂などを使わないので、かなり固めですが、手前に生地を折りこみ、しっかり押します。
これを3~4分繰り返しながら、しっかり捏ねていきます。
その後、生地を丸く丸めなおす
今回は、1次発酵なしです。

chokobeugltsukurikata5
6. 分割・丸めていきましょう
5の生地を8等分に切り分けて丸めなおしをしていきます
乾燥をしない様に密封容器に布巾をのせて、パン生地を置き蓋をして15分休ませましょう

chokobeugltsukurikata6
7. 次は形をつくっていきます。めん棒で伸ばしましょう!!
生地を軽く手で押さえて平らにして、真ん中から下へ、真ん中から上へ、力を入れすぎない様に転がします。
楕円形に伸ばします

8. フィリングを伸ばしましょう
生地の上にチョコチップをのせて、手で馴染ませる
chokobeugltsukurikata8
9. 手前からくるくるときつめに巻く
chokobeugltsukurikata9
10. 棒状にする
棒状に14~15センチくらいに伸ばす
chokobeugltsukurikata10
11. 生地を折る
生地を1センチくらい奥に差を残して、折る

12. 包丁でカットする
折った長い方の生地を上にして、1センチくらいを残して包丁でカットする

13. ハート型にする
包丁でカットしたところを左右に広げて、ハート型に整えます

14. 仕上発酵をしましょう。
フライパンにクッキングペーパーをのせる
生地を置き蓋をしたまま弱火で1分加熱をして、火を消してその まま20分置いておくchokobeugltsukurikata14
15. 仕上発酵をした目安になります
chokobeugltsukurikata15
16. ケトリングをする
別のフライパンにお湯を(1リットル)の中にきび砂糖大さじ1を入れる
沸騰したら表面を下にして生地を10秒ずつ茹でる

17. 焼きましょう
ケトリングをしたベーグルの水気を、布巾などでしっかり取る
フライパンにのせて蓋をして弱火で表裏7分ずつ焼く

18. 焼きあがったら、粉糖でお化粧をしましょう

2.ココアとくるみのスノーボウル

kokoakurumiokashi

[材料30個分]

薄力粉 75g
ココアパウダー 10g
粉糖 25g
塩 少々
有塩バター 60g
全卵 10g
くるみ 35g

※仕上げ用粉糖適量

[下準備]

1. 薄力粉、ココアパウダー、塩は一緒にざるなどでふるっておく

2. 無塩バターと卵は、冷蔵庫から1時間前くらいに出して、常温に戻しておく

3. くるみは電子レンジで600Wで1分半加熱をして、粗熱が冷めたらビニール袋に入れて、粗く刻む

[作り方]

1. ボウルに柔らかくした無塩バターを入れて、クリーム状に練り、粉糖を加えて白っぽくなるまで混ぜる

2. 全卵を溶きほぐし、1をいれて混ぜて下準備をした薄力粉、ココアパウダー、塩を入れ混ぜる

3. 2に下準備をしたくるみを入れ混ぜて、7g分ずつ手で丸める

4. オーブンは予熱をする
ガスオーブン160℃12分、電気オーブン170~180℃12~13分焼く

5. 熱いうちに、袋にいれた粉糖の中にいれて混ぜ合わせる

可愛くバレンタイン仕様のラッピングで、愛をこめて、プレゼントをしてくださいね。

kokoatokurumiokashirapping

最後に

レシピに作り方については、コラム第1回目にも詳しく記載しておりますので、ご参考にしてみてくださいね。

[人気パン教室講師が贈る第一回オーブン不要!フライパンで作る基本のパンの作り方5ステップ
furaipan5ban
以上バレンタインにも愛をこめて作れる、ハートチョコベーグルとココアとくるみのスノーボウルをご紹介させていただきました。

ハートチョコベーグルは、茹でることになるより、独特なもちもち感が生まれます。

ベーグルは、いつものパン作りと違い、油脂(バター)などが入らないので堅いイメージがあるかと思いますが、体重をかけて、折りこんで、しっかり押さえるのが捏ねるのがポイントです。

この他には、抹茶パウダーとホワイトチョコチップをいれると、和風ベーグルも出来ますので、チャレンジしてみてくださいね。

次回は、フライパンで作れるアレンジミニ食パンや、サラダやスープをご紹介させていただきます。

ライター情報

ライターyukako

ブレッドインストラクター
おうちパン教室「emi salon kitchen」(エミ・サロン・キッチン)代表 尾下友佳子

子育てのママが野菜嫌いな子どもに、野菜を楽しみながらおいしくパンを食べさせてあげたいという想いで、ママと子どもにフライパンで作れるおうちぱんを提案しています。

Valentineのパンレッスンでは、卵不使用なチョコパンや、ゆきだるまパン。
カラダから温まる豆腐豆乳グラタンパンなども登場いたします。

詳しい詳細は、下記のホームページ&ブログにてご確認くださいね。

パン教室エミ・サロン・キッチンの情報です
ホームページ→https://www.emi-salon.com

オーブンやフライパンで作ったおうちパン作りのこと、レッスン風景などをご紹介しているブログです
https://ameblo.jp/emi-salon/

 

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone