【人気パン教室講師が贈るコラム第4回】牛乳パックとフライパンで作れる食パンなど朝ごはんレシピ3つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。大阪堺市の自宅で、フライパンで作れるおうちぱん作りを提案しています、パン教室エミ・サロン・キッチン尾下友佳子です。

朝食は1日の基本ですよね。

パン屋さんで購入する方も多いかもしれませんが、おうちで作れるといろんなアレンジができて、今回のパンは色も意識して作れるパンなので、毎日の食卓が華やかになります。

日本茶ともあう抹茶ミルクミニ食パン、人参をたっぷりすりおろしてカロテンたっぷりな人参食パン、朝食にぴったりな、トマトのレモンマリネをご紹介させていただきます。

1.日本茶とも合う!抹茶ミルクミニ食パン

抹茶ミルクミニ食パン

[材料1個分(フライパン27~28センチ1台分)]

強力粉      140g
薄力粉      60g
ドライイースト  4g
きび砂糖     12g
塩        2g
抹茶パウダー   3g
有塩バター    20g
牛乳       145g

[牛乳パック型の作り方]

・牛乳パックの口を開き、1面分をハサミで切り離す
・口の部分をパタンとたたんで、ホッチキスでとめる
・クッキングシートを敷いておく
食パンレシピ・牛乳パック型の作り方

[作り方]

1.ボウルに強力粉と薄力粉、手前にドライイースト、イーストの反対側に塩、真ん中に抹茶パウダーを入れる

2.ドライイーストに(強力粉と薄力粉)を少しかけて軽く混ぜて、全体に混ぜ合わせる

3.真ん中にくぼみをあけてきび砂糖を入れて、砂糖の上に電子レンジ600Wで30秒ほど温めた牛乳を半量かけて、砂糖を溶かす。砂糖がとけたら残りの牛乳を入れて、全体にひとまとまりになるまで混ぜ合わせる

4.捏ねましょう
台の上に出し、バター少量を手につけて、2分捏ねて、バター全量を入れて5分捏ねる

5.捏ねた生地をまとめて10~20回台にたたきつけることで、表面を滑らかに整えていきます

6.丸め直しをして、ボウルに油を少量塗り、捏ねあがりの生地をのせてサランラップをかける

7.1次発酵をしましょう
フライパンに水を200CCくらい入れて、6の捏ねあがりの生地をボウルをいれて弱火で50秒加熱をして、火を消して20分置いておく

抹茶ミルクミニ食パン生地の膨らみ方

8.約2倍の大きさになっていれば、OKです

抹茶ミルクミニ食パン生地の膨らんだあと

9.分割、丸めていきましょう
4等分に切り分けて、丸める。
乾燥をしない様に密封容器に布巾を置き、生地を置いて20分間生地を休ませましょう

10.次は形を作っていきましょう
・きれいな面を下にして手で押さえてガス抜きをする
・丸め直しをする
・牛乳パックの型に、端から入れる

11.仕上発酵をしましょう
フライパンにクッキングペーパーをのせて型ごとのせて、蓋をしたまま弱火で50秒加熱をして火を消して、蓋をしたまま20分置いていきましょう

12.1.5倍膨らんだら、仕上発酵の目安となります

12.焼きましょう
このあと、蓋をしたままで弱火で底面12分、ひっくり返して弱火で8分加熱をする
蓋をあけて側面3分ずつ焼く

machashokupan4PG

2.カロテンたっぷり人参食パン

人参食パン

[材料1個分(フライパン27~28センチ1台分]

強力粉      140g
薄力粉      60g
ドライイースト  4g
はちみつ     20g
塩        3g
有塩バター    14g
人参のすりおろし 59g
牛乳       85g

[下準備]

牛乳は600W30秒加熱して、はちみつと人参のすりおろしを一緒に混ぜ合わせておく

[作り方]

1.ボウルに強力粉、薄力粉、手前にドライイースト、イーストの反対側に塩を入れる

2.ドライイーストに(強力粉と薄力粉)を少しかけて軽く混ぜて、全体に混ぜ合わせる

3.真ん中にくぼみをあけて、下準備であわせた牛乳・はちみつ・人参のすりおろしをいれて全体に混ぜ合わせ、ひとまとまりになるまで、しっかり混ぜ合わせる

4.捏ねましょう
台の上に出し、バター少量を手につけて2分捏ねて、バター全量を入れて5分捏ねる

5.捏ねた生地をまとめて、10回台に叩きつけることで、生地の表面を滑らかに整えていきます

6.丸め直しをして、ボウルに油を少量塗り、捏ねあがりの生地をのせて、サランラップをかける

7.1次発酵をしましょう
フライパンに水200CCを入れて、6の捏ねあがりの生地をボウルに入れて、弱火で50秒加熱をして、火を消して 20分置く

8.7の発酵の目安は、約2倍の大きさになっていればOKです

9.分割、丸めていきましょう
1次発酵した生地を3等分にして、丸め直しをして、乾燥をしない様に密封容器に布巾をのせて、パン生地を置き蓋をして20分休ませましょう

10.次は形を作っていきましょう
・きれいな面を下にして、手で押さえてガス抜きをする
・めん棒で楕円形に(縦15センチ×横10センチ)に伸ばす
・両サイド内側に向かって折り、手前からくるくると巻く
・牛乳パック型に、巻き終わりを下にして端から生地をのせていく

11.仕上発酵をしましょう
フライパンにクッキングペーパーをのせて型ごとのせて、蓋をしたまま弱火で50秒加熱をして火を消して、蓋をしたまま20分置いていきましょう

12.1.5倍膨らんだら、仕上発酵の目安となります

13.焼きましょう
このままこ蓋をしたままで、弱火で底面13分・ひっくり返しして弱火で7分加熱をする
蓋をあけて側面2分、反対側の側面1分焼く

3.プチトマトのレモンマリネ

プチトマトのレモンマリネ

[材料2人分]

ミニトマト     130g
A
レモン汁      15g
塩         少々
きび砂糖      2g
オリーブ油     4g

[作り方]

1.ミニトマトを半分に切る

2.1にAを混ぜ合わせて、冷蔵庫で1時間以上冷やして味をなじませる

最後に

レシピの作り方については、コラム第1回目にも詳しく記載しておりますので、参考にしてみてくださいね。
【人気パン教室講師が贈るコラム第1回】オーブン不要!フライパンで作る基本のパンの作り方5ステップ
furaipan5ban

以上フライパンでと牛乳パックで作れる食パンと、朝食にぴったりなトマトのレモンマリネをご紹介させていただきました。

今回は抹茶や、人参を使った食パンですが、このほかにもほうれん草とベーコンなどを合わせたお野菜食パンもアレンジができますよ。是非おうちの食パンを華やかに、色を意識したおうちぱんも挑戦してみてくださいね。

次回はフライパンと牛乳パックで作るクリスマスパンや、ほかほかスープレシピをご紹介いたします。

ライター情報

ライターyukako

ブレッドインストラクター
おうちパン教室「emi salon kitchen」(エミ・サロン・キッチン)代表 尾下友佳子

子育て中のママが野菜嫌いな子どもに、野菜を楽しみながらおいしくパンを食べさせてあげたいという想いで、ママと子どもにフライパンで作れるおうちパンを提案しています。

12月はクリスマスパンもたくさん。
洋と和のシュトーレン、りんごたっぷりリースパン、ゆきだるまの白ぱんや、白ぱんの中に、たっぷりいちごを挟んだパンが揃います。
https://ameblo.jp/emi-salon/entry-12329592048.html

女性やママを応援する
自分らしく働ける「フライパンオンリー♪おうちパン教室講師養成講座」
https://amblo.jp/emi-salon/entry-12307846397.html

パン教室エミ・サロン・キッチン情報です
ホームページ→https://www.emi-salon.com

オーブンやフライパンで使ったおうちパン作りのこと、レッスン風景などをご紹介しているブログです。
https://ameblo.jp/emi-salon/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone