【大人女子の趣味事情】完全初心者が30代でパン作りをスタートしてみた体験談

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

30代40代に人気の趣味のひとつとしてパン作りがありますよね。

でもパン作り歴の長い凝っている人を見ると、今から始めるのもどうなんだろうと迷っているかたもいるのでは?

そこで30代以降で初めてパン作りをスタートしてみた私の体験談をお話しようと思います。パンのいい香りに包まれる暮らし、してみませんか?

パン作りを始めたいと思うのはこんなとき

SayakaAさん(@sayaka52900925)がシェアした投稿

最初にパンを作ろうと思ったきっかけは、小さい気持ちでしたがたくさんありました。

普段、朝ごはんにパンを食べることが多いのですが、もし自分で作れたら良いなあと思っていたこと。

休日に行くカフェで食べたサンドイッチやタルティーヌが美味しくて、これを1から作ってみたいなあと思ったこと。

映画”しあわせのパン”を見た時、映画に登場するふくふくとしたパンを日々つくる夫婦の姿。

お米から出来る自動パン生成機が発売された時。

キャンプに行った時に、ダッチオーブンでパンを作って食べられたらとっても楽しいだろうなあと妄想した時。

しかし、これらの小さな事は、日常のなんとなく湧き上がってきた気持ちで、それを行動に移すことはなかなか出来ませんでした。

実際にスタートしたきっかけはオーブン!

はるさん(@haru0827)がシェアした投稿

まず、行動に移せなかったひとつに、パンが焼ける環境ではなかった事が大きくありました。

一度だけ、パン教室の体験に行った事があるのですが、丁寧に作ろうと思うと酵母を適した環境で膨らませたり、焼くには当たり前にオーブンが必要です。

最近になって、転職して時間に余裕が持てるようになり、お料理を楽しめるようになり、オーブン機能が無い事を少し残念に感じていました。

そして、思い切ってオーブンを購入したのですが、それがパン作りのきっかけになったのです。

そのオーブンでは、本格的なパン焼き機能だけでなく、酵母が膨らむ機能まで充実しています。

同封していたレシピ本では、テーブルロールやメロンパン、ピザ等今まで不可能だった事がたくさん掲載されていて、早速色々と挑戦していることにしました。

作ってみてパン作りの良さを実感したところ

はじめは、小麦粉を練る作業が以外と大変だなあと思っていましたが、美味しいパンが出来上がる事を思うと苦に感じなくなりました。

どれも失敗なく、初めてにしてはまあまあな味かなと思いましたが、一回作ると一人では食べきれず、彼や知人に配ることもあり、その度に喜んでもらえる事が何より嬉しい事です。

そして、何より嬉しいのは休日に作る朝起きてパンの香りで起きる幸せです。

実際は、生地を前日に仕込んでおくのでその手間はかかるのですが、その朝のひとときの為なら頑張れます。

凝ってくると楽しみ方に広がりが

最初はそれだけで満足していたのですが最近は、健康の事も考えるようになり、グルテンフリーの米粉のパンにも挑戦しはじめました。

食感がモチモチなので、小麦粉とはまた違った美味しさがあります。

そして、最近は酵母菌にも興味を持ち始めました。

今までは使いやすいイースト菌を使用していたのですが、天然酵母(自然の植物や果実を培養した酵母)にチャレンジしていきたいなと考えています。

パンが好きだった理由に、人の手間がとてもかかっているという理由があります。

元々、パン屋めぐりが好きだったので、市販のパンはあまり買わなかったのですが、やはりこだわりの詰まったパンはそれなりの美味しさがあるのです。

自身もパンを作り始めるようになって、なおさらその手間を愛おしく感じています。

これからもし家族を作ったりする事があれば、この趣味を活かし、日常の皆の楽しみの1シーンになるといいなと思っています。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone