たくさん買っちゃった!レタスの大量消費アイデアレシピ4選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

安かったから、旬だから、とついつい買いすぎちゃったお野菜。大量消費アイデアで無駄なく使い切りましょう!

今回はレタスをたくさん食べられちゃう「レタスの大量消費アイデアレシピ」のご紹介です。

1.まずは普通に生でシャキシャキと

レタス

買ったばかりや畑でとれたばかりの新鮮なレタスを食べるとなると一番に思いつくのは、水洗いして、ミニトマトや何かと一緒にお皿にもって、食卓へ…というのが一般的ではないか、と思います。

私の母は、甘辛く煮たひき肉やぱりぱりの春雨(おそらく焼いたもの)をレタスでくるんで食べる料理をよく出していました。

私自身は生で食べるものは苦味があるし、好きでもないのであまりサラダには使いません。外食先でハンバーグなどの付け合せにだされたものは食べるのですが…。

2.火を通してつかう、その1

煮物

レタスは手でちぎることができ、またすぐに火がとおるので楽にゆでることができます。

薄上げとキャベツやほうれん草などの葉物をおだし・しょうゆ・みりんで煮る煮物が我が家にはときどき登場するのですが、レタスの煮物は意外とおいしいです。

一度ゆでるとかさも減り、また少し苦味がへるように思います。

3.火を通して使う、その2

丸ごとレタス

一度ゆでたレタスですが、レタスだけをいれたお味噌汁にしたことことがあります。個人的には、このレタスだけのお味噌汁はもうひとつ…です。

昔、テレビで紹介されていたので「レタス、お味噌汁にいれて食べれるんだ」と実際につくってみたのですが…。個人の好みによるんでしょうが、もうひとつです。

薄上げと一緒にいれたお味噌汁だとまあまあおいしいです。

また定番の食べ方だと思いますが、洋風にウィンナーとレタスのコンソメスープもおいしいです。

4.それでもたくさん余ったら?

94ebb50b5c29fe89d041abab5fe46d9b_s

レタスは一応生のまま冷凍ができるようです。ただし、シャキシャキ感はなくなります。

煮物やお味噌汁、スープには使えますがもうひとつおいしくない!と思われるのであれば、「レタスのお漬物」や「炒め物にレタス」などたくさんの調理方法があるようなので、それを新しい味に挑戦できる好機ととらえ、台所の調味料や冷蔵庫の中身と相談して、時間の許すかぎり作ってみてはいかがでしょうか。

「レタスかにかまあんかけ炒飯」はそれまでつくったことがなくクックパッドで調べてつくりましたが、おいしかったですよ!

最後に

4cb740692063db872054179fc30b1c50_s

レタスはごわごわしているので見た目にボリュームがありますが、ゆでると本当にかさが減り、「え!これだけ」となります。

まだ挑戦はしていないですが、またレタスが安いときには、「レタスのおひたし」「おなべにレタス」「レタスチャーハン」「やきそばにレタス」を料理してみたいと考えています。 

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone