ハロウィンパーティーにおすすめの献立アイデア3選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

近年はクリスマスやお正月に次いでハロウィンも定番化しているので、10月31日付近にホームパーティを開いている人もいるでしょう。

けれどメジャーになったのが割と最近のため、カボチャや仮想のイメージは有ってもどんな料理を作ればハロウィンらしさが出るのか分からなくて困るという人も多々いると思われます。

なのでハロウィンパーティに打って付けの献立の例を、3つ紹介しようと思います。

1.カボチャをメイン料理にする

かぼちゃを器として使ったスープ

まずハロウィンのイメージでもかなり上位に来る、「カボチャ」はメイン料理に持って来ましょう。

野菜で有るカボチャはメインよりもサブになりやすい食材なので、ハロウィンパーティの時くらいは大役を与えてあげて下さい。

カボチャを使った料理なら味付け次第でデザートにも主食にもなる「パンプキンパイ」や、カボチャの皮を器代わりに使った「パンプキングラタン」等のインパクトの有る物がオススメです。

ジャックランタンを意識して目や口を彫れば、雰囲気と出るでしょう。

2.ハロウィンの意味を考えた料理を作る

ハロウィンの飾り

またハロウィンは仮想をして街を出歩く楽しいイベントのような印象が強いでしょうが、本来の意味は違います。

本来は秋の収穫をお祝いする事と、悪霊が取り付かないようにするお祭りでした。ですから元々の意味に沿った、献立を立てるというのも有りでしょう。

秋の収穫を祝うのなら、秋が旬の果物や木の実を使った料理を作ってみましょう。

10月から11月が食べ頃なのはさつまいもや銀杏やニンジンなので、「さつまいもと豆のスープ」とか「銀杏を入れた炊き込みご飯」とか「人参グラッセ」等を並べればハロウィンっぽさを出せますよ。

3.トリックorトリートにあやかってスイーツを沢山用意する

チョコフォンデュとハロウィン料理

それからハロウィンには、有名な「トリックorトリート」という台詞が存在しますよね。

「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」という意味で使われているフレーズで、アメリカ等では実際にお菓子をねだりに家を訪ねたりもするそうです。

その週間に習って、テーブルにお菓子を沢山並べてみるのも素敵でしょう。

お菓子がテーブルにズラリと並ぶという光景はそうそう見られ無い物ですから、子どもなんてかなり嬉しいハズです。

またお菓子もカボチャやさつまいもを使ったマフィンやスイートポテトに、ジャックランタンやオバケ型のクッキー等にするとハロウィンらしさを出せるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ぜひハロウィンパーティの時の食卓には、秋らしい具材で作った料理とお菓子を並べて下さい。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone