【大量消費レシピ】さつまいもを大量に消費するための3つのポイント

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

秋になると、ついつい買ってしまうさつまいも。ただ、さつまいもを調理するにあたり、「焼く」「蒸す」の2つしか調理法が思い浮かばないという方を多く見かけます。

焼いて焼き芋にしても、蒸してふかし芋にしても、美味しく食べられるさつまいもですが、大量に消費するには、他の調理方法も知っておいた方が良いでしょう。

1.さつまいもを揚げる

さつまいものてんぷら

さつまいもは揚げても美味しく食べることができます。揚げたさつまいもで最も代表的なものは、大学いもでしょう。

大学いもの作り方ですが、まず、さつまいもを一口大にカットし、180℃程度の揚げ油に投入して5分程度揚げます。

芋に箸が通る程度に柔らかくなったら、揚げ油から取り出します。

次に、フライパンに油を入れて、そこへ砂糖を加えてトロトロにし、芋に絡めるタレを作ります。

タレの材料の分量ですが、芋1本に対し、油大さじ3、砂糖小さじ2程度です。

タレが出来たら揚げた芋を投入し、絡め、そこにゴマをふりかけて完成です。

揚げるのが面倒という方は、揚げて芋に火を通すのではなく、レンジで柔らかくしてからフライパンに油を多めに敷いて炒め、タレを絡めても美味しく食べることができます。

2.さつまいもをペースト状にする

スイートポテト

さつまいもをペースト状にすると、ぐっとレシピの幅が広がります。ペースト状にする方法ですが、さつまいもを茹でる、もしくは蒸して柔らかくします。

柔らかくしたさつまいもを裏ごし器で裏ごしすると、ペースト状になります。

裏ごし器が無い場合は、家庭にあるザルで裏ごししても大丈夫です。

ペースト状にしたさつまいもは、お菓子にも、そして料理にも使うことができます。

料理で最も簡単に使う方法は、茶巾にしてしまうという方法です。

ペースト状にしたさつまいもに少量だけ水を加え、形成しやすいようにします。

ラップを手のひらサイズにカットし、その中央にペースト状にしたさつまいもを乗せ、ラップでさつまいもを包むようにすると、簡単に茶巾を作ることができます。

出来た茶巾にゴマをふると、美味しさも、見栄えもアップします。

簡単にお菓子を作るなら、さつまいもを蒸すときに、縦に二つに割ってから蒸すようにします。

蒸しあがったら、皮を破らないように中だけをスプーンなどですくってペースト状にし、ペースト状にしたさつまいもに砂糖とバターを少量加え、それを皮に戻します。

皮に戻したら、トースターやグリルで焼き目を付けると、スイートポテトの完成です。

3.さつまいもで簡単グラタン

焼き芋

さつまいもをおやつに食べることはあっても、食事として食べる人はほとんどいないのではないでしょうか。

焼き芋、蒸かし芋、スイートポテトなど、さつまいもは間食にぴったりな食材ですが、調理次第では食卓メニューにもなります。

簡単なさつまいもの食卓メニューの1つにグラタンがあります。

作り方ですが、まず、さつまいもの火を通して柔らかくします。蒸しても、茹でても大丈夫です。

ただ、最も簡単に柔らかくするには、さつまいもを洗ってラップで包み、10分程度チンするのが良いでしょう。

チンする時間は、自宅にあるレンジによって異なるので調節してください。

このとき、さつまいもは良く洗えば皮つきのままで大丈夫です。

火が通って柔らかくなったさつまいもをグラタン皿に乗せ、どこにマヨネーズをたっぷりと、とけるチーズもたっぷりと乗せ、トースターで焼き目が付くまで焼きます。

これで、立派な食卓メニューの完成です。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone