節約術!一人暮らしの食生活を無駄なく楽しく工夫する2つの方法

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

一人暮らしにあこがれを抱き、一人暮らしを始めてみたり、就職のために一人暮らしを始めた方や自分の修行のために一人暮らしをはじめた方などその背景もさまざまです。

今までは実家暮らしで、洗濯に出した洋服が洗濯を終えてたたまれて返ってきたり、お腹がすけば何かしらの食事が出てきたり当たり前に生活をしていたそんな経験はありませんか。

一人暮らしで悩みの種になることといえば、食事面です。

食費のために自炊をしたいけれど自分一人分の食事を作るのがなかなか難しかったり、ついつい買いすぎてしまって廃棄せざるをえない状況になってしまったり、逆にせっかく買い物にいったのに買い足りない思いをしてしまうなんてことも多いのではないでしょうか。

なるべく毎日を無駄なく過ごしたいものです。そこで少しでもお力になれればと、おおよそ1週間くらいの献立を考えてみることにしました。あくまでも例の一つとお考えください。

1.買い物編。

IMG_2010ISUMI_TP_V

まず、食材を購入しなければいけませんが、どうしても手軽なお惣菜に目がいってしまいますが、偏ってしまいがちな野菜を積極的に摂取するために野菜を購入したいものです。

スーパーなどに食べきりサイズのサラダなども置いてありますのでぜひ活用したいものです。お肉も少量のものが置いてあるので使いそうな分だけ購入すると無駄がありません。

お魚に関しては、なかなか焼くのが面倒な方も楽ちんアイテムの缶詰めがあります。

あと、ニンジンやジャガイモ、玉ねぎといった何個ずつか入っているものは、使うことができずに冷蔵庫にしまったままになってしまうと勿体ないので、1つずつバラ売りになっているものを購入したほうが無駄なくお得かもしれません。

野菜炒めやきんぴらごぼう等のパックもありますので活用してもよいかと思います。

2.献立編。(夕食のみ)(例)

FCFG100111356_TP_V

●1日目→肉野菜炒め、きんぴらごぼう、お味噌汁、ご飯
(ご飯はまとめて炊いて、一食ずつラップをして冷凍保存すると便利です。)

●2日目→缶詰めのサバ、きんぴらごぼうの残り、残りの野菜炒めをのせて味噌ラーメン

●3日目→サラダ、鶏肉の塩コショウ炒め、カレー

●4日目→鶏肉の塩コショウ炒めにネギを入れた炒めもの、野菜の煮物、残りのカレーでカレーうどん

●5日目→野菜の煮物、残りのカレーにチーズをのせて焼きカレー、サケの缶詰め

●6日目→豚肉の生姜焼き、キャベツ中心のサラダ、ご飯、お味噌汁

●7日目→キャベツサラダのキャベツの残りと卵を混ぜて焼いたお好み焼き、お味噌汁

無駄がなく、リメイクできるおかずがあれはなるべくリメイクできないか考えて毎日の献立を考えていくと、楽しく工夫して毎日の食生活を送れるのではないでしょうか。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone