美容やダイエットにも効果的。旬に食べたい栄養満点で美味しいルッコラ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

スーパーでもよく見かけるルッコラ。

イタリア料理の付け合わせやサラダで食べたことはあるけれど、実際はどんな野菜なの?栄養や美容の効果は?どんな風に食べれば良いのかなどルッコラについて調べてみました。

1.ルッコラってどんな野菜?

salad-1445041_1280

ルッコラは地中海沿岸が原産のアブラナ科の野菜でロケットとも呼ばれています。

イタリア料理の広まりとともに日本でも食べられるようになりました。ゴマのような香りとクセのある苦味と辛味が特徴です。

2.栄養は?美容効果はあるの?

6d9766ede0d7a2e1f94a6850d0aeed2c_s

ルッコラに含まれているアリルイソチオシアネートは大根やワサビなどに含まれる辛味成分と同じで、血液をサラサラにしてくれ血栓予防に効果があります。

アリルイソチオシアネートは強い抗菌作用があり、また抗がん作用があることもわかっています。

この辛味成分には脂肪を燃焼させる効果がありダイエット効果も十分に期待できます。

その他にも豊富なβカロテンとビタミンCが含まれており、2つの相乗効果で抗酸化作用を発揮し肌荒れや疲労回復を促し、食物繊維が腸内環境を整えてくれ、美肌にも効果的です。

女性が不足になりがちな鉄分やミネラルも多く含まれあのクレオパトラも美容のためにルッコラを食べていたとも言われています。

3.簡単でおすすめのルッコラレシピ

filled-855184_1280

ルッコラとベーコンのサラダ

生のルッコラを食べやすい大きさに切り、細かく切ってカリカリに焼いたベーコンを乗せて塩、コショウ、オリーブオイルをかけるだけ。

オリーブオイルがルッコラに含まれるβカロテンの吸収を高めます。健康的で美味しい簡単サラダです。

ルッコラと豚バラ肉のオイスターソース炒め

みじん切りにしたニンニクと食べやすい大きさに切った豚バラ肉を炒め、豚肉に火が通ったら軽く塩コショウをしルッコラを入れオイスターソースで味付けします。

油の多い豚バラ肉とクセのあるルッコラは相性抜群です。

ルッコラのおひたし

一品足りない時にすぐ作れるおひたしは簡単でおすすめです。

さっと湯がくことでルッコラの苦味や辛味などのクセも気になりません。

西洋の野菜ですが醤油や出汁、鰹節などの和風の味付にも意外と合います。ポン酢をかけても美味しいです。

4.初心者でも育てやすいルッコラ

eha0167-003

ルッコラは初心者でも育てやすいので自分で栽培するのもおすすめです。ベランダのプランターでも種から簡単に栽培できます。

春まきは3月上旬〜6月まで、収穫時期は4月〜7月まで
秋まきは9月〜12月まで、遊郭時期は10月中旬〜1月まで

1週間〜10日ほどで発芽します。芽が出たら密集している部分は間引きします。間引いた葉っぱも芽が小さい時はスプラウトとして、5〜6cmくらいに伸びてきたらベビーリーフとして食べられます。

自分で育てて食べれば新鮮な上、安上がりで一石二鳥です。

色々な料理にも使えて美容効果やダイエット効果も期待できる栄養満点なルッコラ。身近な食材としてどんどん活用したいですね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone