春が旬の美味しいたけのこ!知られざる美容・ダイエット効果とは?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

若竹煮、炊き込みご飯・・食卓に春の訪れを感じさせる食材と言えば「たけのこ」ですね。

4~5月頃が旬のシャキシャキとした食感の美味しいたけのこには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか?

女性は特に必見の美容やダイエットのほか、疲労回復にも効果的な成分をご紹介します。

1.豊富な食物繊維で腸内からキレイを作る

7fd4394ab41d8dc0b1cba73b26a665e0_s

たけのこに含まれる食物繊維は100gあたり約2.8gで、意外に豊富だということが分かります。

食物繊維はダイエットの大敵である便秘を解消するのはもちろん、体内の余分な脂質やコレステロールを排出する働きがあります。

また、たけのこに含まれる不溶性食物繊維は水に溶けない性質があるため、腸内を刺激してぜん動運動を促すだけでなく、お腹の中で水分を吸収することで満腹感を得られ、食べ過ぎ防止にもなります。

また、ミネラル成分のカリウムも豊富に含んでいるので、体内の水分バランスを調整する働きによりむくみの解消にも役立ちます。

カリウムで摂りすぎた塩分を排出し、食物繊維で腸内の滞った環境を一掃するたけのこには、優れたデトックス効果が期待できますね。

たけのこにはビタミン類もバランス良く含まれていますので、便秘の改善とともにニキビや肌荒れが解消され、健康的な美肌を保つのにも役立ちます。

2.疲れた体の回復やストレス軽減の効果

cri_img_6021_tp_v

たけのこにはアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が含まれています。アスパラギン酸には代謝を促したり、疲労回復やスタミナを増強させる効果があることで知られています。

アスパラギン酸は栄養ドリンクなどにも含まれている成分で、日頃の疲れが溜まっている時には、積極的に摂ることで体や脳を元気に回復してくれる効果が期待できます。

また、たけのこに含まれる「チロシン」という成分にも注目のポイントがあります。

茹でたたけのこの隙間に付いている白い物の正体が、アミノ酸の一種「チロシン」です。チロシンは神経伝達物質の原料となって、脳の機能を元気にする役割を担っています。

そのため、ストレスの軽減やうつ病など様々な病気の予防・緩和治療にも効果が期待されています。

ストレスや疲労を抱えている、働く女性の多い現代では特に積極的に取り入れてほしい栄養素がたっぷり含まれていることが分かりました。

まとめ

IS107112702_TP_V

いかがでしたか?低カロリーでダイエット・美容・健康など、幅広く効果のあるたけのこについてご紹介しました。

春の風物詩でもある旬の美味しいたけのこを食卓に取り入れて、心も体も元気で美しい女性を目指しましょう!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone