良質な油を摂取して痩せよう!びっくり!オイルダイエット!?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

「オイルダイエット」と聞いてもう名称からしてびっくり!なんと油を摂取するダイエットですって!

これまでダイエットの始めの一歩として揚げ物を控えたり、油をカットしていくこと、常識的かと思っていました。実は油分が不足すると肌つやがなくなったり脂肪を燃焼しにくくなったり、美容と健康に悪い作用を起こすこともあるんだとか!

でももちろん高カロリーの食べ物ですから、間違った方法で摂取すると太っちゃうので、良く読んでからスタートしてくださいね!

オイルが不足するとどうなる?

オイル(油)はカロリーが高いので大量に摂取するともちろん肥満の原因となります。しかしダイエットを気にしすぎるあまり、まったくオイルを取らないと、身体に様々な悪影響を及ぼし、肌や髪につやがなくなったり、脂肪燃焼のための運動をしようにもエネルギーが足りなくてでできなかったり、ひどいときは病気になったりてダイエットどころではなくなります。

では、オイルの大切な働きをひとつひとつ見ていきましょう。

まず、ひとつめは、エネルギーになることです。スポーツをして余分な脂肪を燃やしたいなら運動するためのエネルギーが必要なのです。エネルギーがなければいくらやる気をだしても運動は続きません。エネルギーが足りていないのに無理に運動をすれば貧血で倒れたり様々な症状が出てダイエットどころではなくなるでしょう。

運動するエネルギーだけではありません。燃えて体温を維持しているわけですから、オイルが不足するとダイエットの大敵、冷え症になってしまいます。冷え症になれば脂肪は燃えにくく身体に毒素がたまりやすくなります。

他にも脂溶性ビタミンというオイルがあることで保持できるビタミンがあります。ビタミン類が不足すると肌や髪の状態も悪くなり、血管や消化器官なども弱くなります。簡単にいうと老化が進んで老けた印象になっていきます。

美しくなるためのダイエットなのに、老化が進んで醜くなるなんて本末転倒ですよね。

f9f0f4ef2dd353d52f02976dff510eb1_s

ダイエットに適したオイルを選びましょう!

オイルは大切な役割があるんだ!では積極的にオイルを取ろう!とガンガン揚げ物を食べるのはちょっと待ってください!

積極的にとりたい油と、できれば控えたい油というのがあるのです。種類を学んで良い油をとるようにしてください。

オイルは油に含まれる脂肪酸の種類で分類できます。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸ですね。また不飽和脂肪酸はさらにオメガ3、オメガ6、オメガ9という細かい分類があります。

飽和脂肪酸・・・牛の油(ラード)、バター

不飽和脂肪酸
・オメガ3・・・亜麻仁油、魚の油、エゴマ油
・オメガ6・・・ゴマ油、コーン油、サラダ油(大豆油などが混ざっている)、マーガリン
・オメガ9・・・キャノーラ油、オリーブ油

基本的に現代人の食事は飽和脂肪酸とオメガ6が過剰摂取の状態であるといわれており、ここは控えるべき油であるといえます。積極的にとるべき油はオメガ3で、これは現代人の食事で不足しがちな油です。

オメガ3は魚メインの食事にしたり、ドレッシングに亜麻仁油やエゴマ油を使ったりすることで摂取できます。ドレッシングがおすすめなのは加熱すると酸化しやすいためです。

オメガ6を減らすのにオメガ9に置き換えるのもOKです。たとえば炒め物にサラダ油でなくオリーブオイルを使う、など簡単にできますね。

オイルダイエットで痩せました!

オメガ3の油(亜麻仁油、魚の油、エゴマ油)を積極的にとっているという人も増えていますね。

オメガ3の油で痩せた!という人も続々と出てきています!

美容意識の高い人はオメガ3を意識して食事をしていますね。

肉料理を控えて魚料理中心にするだけでもOK!

亜麻仁油で痩せた!

運動と組み合わせることで効果もさらにアップ!

美肌効果もばっちり!

オメガ3の油を意識してとるだけのオイルダイエット!ぜひ挑戦してみてくださいね!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone