1回出来ると気になってしまう!頭皮のかさぶたの原因3選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

かさぶたが出来る一般的なイメージとしては、転んで怪我をした後だけに出来るというイメージしか思い浮かばない人が多いです。

頭皮は髪の毛に守られているから怪我をしないはずなのに、なぜ頭皮にかさぶたが出来るのかなと思いませんか?実は現代の女性は頭皮のかさぶたが出来やすくなっています。

今回はその原因をご紹介します。

1. 皮脂量が多い

DI_IMG_5788_TP_V

20代後半以上は若い頃に比べて責任ある仕事を任せられている人も多いと思います。責任ある仕事を任せられているというのは嬉しい事である反面、やはりストレスが溜まります。

ストレスが溜まると女性でも男性ホルモンが多く分泌されるようになります。男性ホルモンが多くなると皮脂量も増えます。頭皮は特に皮脂が多い箇所なんですね。

それにより脂漏性皮膚炎という皮膚炎になります。人間の皮膚にはマラセチア菌と言うカビが常在しているのですが、マラセチア菌は皮脂を好みます。

つまり皮脂が多いことが脂漏性皮膚炎の原因です。脂漏性皮膚炎になると頭皮が荒れてそれがかさぶたになります。

2. 洗髪の刺激


現代は様々な種類のシャンプーが販売されています。汚れをしっかり落とすシャンプーや自然環境の事を考えた石鹸シャンプー、刺激の少ないシャンプーなどです。

汚れをしっかり落とすシャンプーなどはたまに使用するのは良いのですが、毎日使用するのはおすすめ出来ません。毎日使用するのは皮膚に対する刺激が強すぎます。強い刺激を繰り返し皮膚に与えていると皮膚が荒れ、その結果かさぶたになります。

石鹸シャンプーも然りです。石鹸シャンプーは確かに自然環境に良いのは間違いありませんが、人間の皮膚にとっては好ましくないものなのです。なぜなら皮脂を落とし過ぎるからです。

皮脂を落とす事は良い事なのでは?と思うかもしれません。でもそれは違うのです。

皮脂を落とし過ぎると、それを補おうとして皮脂が過剰に分泌されるようになってしまうので、皮脂の落とし過ぎは厳禁です。

洗浄力の強くない肌に優しい成分配合のシャンプーでじっくり丁寧に洗髪し、シャンプー剤が頭皮に残らないようにしっかり洗い流しましょう。

ちなみに、一般的に販売されているシャンプーの大半は洗浄力が強いです。「肌に優しい」などとはっきりと記載されているシャンプーを選びましょう。

関連記事:頭皮にかさぶたができる人にオススメのシャンプー5選【スーパーやドラッグストアで買える】

3. 我慢できずかいてしまう

OMG151007420I9A8958_TP_V

脂漏性皮膚炎になると頭皮がかゆくなります。かゆみというのはやはり我慢するのが難しいのでかきむしってしまう人も多いと思います。

かきむしることで肌が傷つき、その傷が治る過程でかさぶたになります。

まとめ

頭皮にかさぶたができて困っている人は参考になってのではないでしょうか。シャンプーを見直したり、うまくリフレッシュしてストレスを軽減したり、工夫をしてみましょう!




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone