塗るほど悪化?!リップクリームを塗っても唇が荒れているのはアレルギー症状かも!?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

乾燥や荒れが気になるから何度もリップクリームを塗りなおしている。

塗り忘れたりしていないけど、唇の皮がよくむける。ついついむいてしまって血が出たりしている。

そんなお悩みを持つかたはいませんか?それ、実はリップクリームそのものが原因かもしれません!

良くなると思って塗っていたものが逆に悪化させてたなんて!

唇の荒れや乾燥の原因がリップクリームの成分によるアレルギーの場合がある

96b3cbd00ee9965dbed25e3b444d2621_s

なんでマメにリップクリームを塗っているのに私の唇はいつも荒れているんだろう、ぷるぷる艶々の唇にあこがれるなー。

そんなお悩みを持つ人は、実はリップクリームに含まれる成分や雑菌にアレルギー反応、もしくは炎症反応を起こしている可能性があります。

■薬用成分、保存料、香料などにアレルギー症状を起こしている

特にスースーするメントールなどの成分が含まれる薬用リップという部類のリップクリームは、効果的に働く場合もあるのですが、肌質によってはアレルギー症状を引き起こして、逆に余計荒れてしまうひともいるのです。

また、メントール以外にも、香料や保存料などに反応してしまっている人もいます。

■リップクリーム側に雑菌が繁殖している

元々ふくまれる成分だけでなく、雑菌によって炎症を起こしたり、アレルギー反応をしている、という場合もあります。

食後などにリップクリームを塗ることで、唇からリップクリーム側に細かい食べカスなどがつき、そのまま蓋をしてしまっておくと、中で雑菌が繁殖する、ということですね。

汚いものを塗りつけていれば荒れてしまってもおかしくありません。

■長期間経っていて劣化や酸化をしている

保存状態に気を付けて、清潔に保っておいても、長期間経ったリップクリームは劣化している場合があります。

油などの成分は酸素に触れることで徐々に参加しますし、蓋をしていても、何度か開けたり閉めたりしたものであれば酸化は進みます。

また美容成分なども一度蓋をあけてしまえば、何年もその状態を保つわけでなく、変色したり劣化したりするものです。

そういった古くなった成分を毎度毎度塗りつけていれば肌の調子が悪くなるのは当たり前ですよね。

■自分に合ったリップクリームを見つけましょう!

何の成分に反応してしまっているのか、自分の使っているリップクリームが劣化しているのか、なかなか判断しにくいですよね。

今使っているもので荒れた唇が良くならないのであれば、一度捨てて、新しく買いなおしましょう。

まず、アレルギー症状を起こしている人が多い「薬用タイプ」「スースーするタイプ」は避けてみましょう。

また買う時に成分表示を見て、たくさんの成分が書かれていると、何にアレルギー反応を起こしているのか判別しにくいので、可能な限りシンプルなものを選びましょう。

合成成分や香料を使用していないタイプを探してみましょう。

オイルとミツロウだけでできているものがおススメです。


成分:ハイブリッドヒマワリ油・ミツロウ・ヒマシ油・シア脂・カルナウバロウ・アニス油・ユーカリ油・トコフェノール(天然ビタミンE)


成分:ツバキ種子油、日本みつばちミツロウ

オイルやミツロウだけでもダメな人もいますよね。もう私に合うリップクリームはないのかしら・・・そんな人はワセリンがあります!


成分:白色ワセリン


成分:白色ワセリン

唇の荒れや乾燥の原因がリップクリームを塗るときの摩擦の場合がある

68dd971d385176ec52d8ec2853b1de03_s

唇は食べたり飲んだり喋ったりする過程で、食材や唾液がついたり皮膚が引っ張られたりこすれたりするので、身体中の肌の中でも結構過酷な環境に置かれています。

全然平気な人もいれば、食べ物でかぶれやすかったり、外気でさらされたことで乾燥しやすかったりする人もいます。

そして摩擦という物理的刺激に弱い人もいるんですね。

リップクリームを塗らないとカサカサする、冬は特に乾燥するから、たくさん塗ろう、そう思って、こまめに、何度も何度も、しっかりめに、たくさん塗ることで、その塗る刺激じたいが原因で、逆に唇が荒れてしまっている人も結構多いそうです。

■塗りなおしは落ちた時だけでよい

まず、気になって唇を舐めてしまって、リップクリームが完全に落ちてしまい、それで塗りなおしている人は、特に注意して舐めないようにしましょう。

塗れば塗るほど効果があると考えて、トイレに行くたびに、など、ちょっとしたタイミングで、1日に何度も塗りなおしている人、まだリップクリームが唇に残っているのに上から塗っている人はちょっと過剰です。注意してください。

朝、会社や学校に出かける前に塗って、昼食を食べたら塗ったものが取れるのでそのタイミングで塗りなおす、というくらいで大丈夫です。1日3回~4回程度でよいでしょう。

■ぐりぐり塗らない!優しく縦方向に塗る

ぐりぐりとこすりつけることで、リップクリームの保湿成分が浸透していきそうな気がしますが、摩擦で荒れてしまっている人はそんなことをすれば逆効果です。

スティックタイプで固めのものは押しつけてしっかりとこすりつけないと肌にあまりつかない、と感じることも多く、ついついぐりぐりしてしまいます。

やわらかいテクスチャーのものや、チューブや缶に入った指で塗るタイプのものを選ぶとよいでしょう。

※チューブに入ったタイプ

※缶に入ったタイプ

もしくはリップクリームだとこすり過ぎてしまうので、美容オイルやワセリンなどを代わりに使用するのも手です。摩擦がダメ、かつ何かの成分にアレルギーも起こしている、という両方の場合はオイルかワセリンがおすすめです。

※シンプルな美容オイルなら肌にも髪にもマッサージにもなんでもつかえます。

また左から右、右から左に向かって塗り広げるようにぬるのではなく、ちょんちょんと乗せる感じ、縦方向に動かすとさらに摩擦が減りますし、縦シワにきれいに美容成分が入ります。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone