肌にやさしくて安心?!ミルククレンジングのメリット・デメリット

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

ドラッグストアやネットなどを見ると、クレンジングだけでも本当にたくさんあり、迷ってしまうことはありませんか。

クレンジングにもウォータータイプ、オイルタイプ、泡タイプなど様々で今使っているものがいいのか、もっと自分に合ったものがあるのではないか、と探し始めるとキリがありません。

そんな中で今回はミルククレンジングにスポットをあて、メリット・デメリットを考えてみたいと思います。

1.ミルククレンジングのメリット

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

クレンジングはどうしても肌に負担をかけることが多く、特に敏感肌や乾燥肌でなるべく肌に負担をかけたくない、という人には伸びがよくやわらかい乳液タイプの使い心地のミルクタイプはおすすめだと思います。

あまりごしごしこすったりしないよう注意が必要ですが、乳液タイプはあまり力を入れなくても伸びがよくマッサージしやすいと思います。

2.デメリットも覚えておいて

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ミルクタイプは手や顔が濡れていると使えません。今までお風呂で手や顔が濡れている状態で使えるクレンジングを使っていた方には面倒かもしれません。

さらに敏感肌や乾燥肌の人は使うときに手で温めてから使ったほうがいいことや、洗い流すときもぬるま湯で洗い流したほうがいいなど気を付けることがいろいろあります。

そしてほかのクレンジングに比べてメイクを落とす洗浄成分が穏やかだということがあり、軽いメイクなら十分落とせますが、しっかりメイクなどには向かないかもしれません。

普段からしっかりメイクでいつもお風呂でクレンジングをしている方が、肌に優しそうだからと言ってミルクタイプを使っても逆にキチンとクレンジングできていない、ということになるので注意が必要だと思います。

3.結局どれがいいのか

AI_IMG_7769_TP_V

まずは自分の肌質を考えましょう。乾燥が気になる、テカリが気になる、吹き出物ができやすい、など人それぞれなので、一度じっくり見直してみるのもいいかもしれません。

そして、自分のメイクがいつもしっかりタイプなのか軽いタイプなのかによって選び方も変わってくると思います。そして自分にはミルクタイプがあっていると思ったら、使い方や気を付けることを意識しながら使ってみてください。

4.メイク落としを楽しむ気持ちで

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

きちんとメイクを落とすためのものですが、毎日のことなので、ストレスのないものを選ぶことも大切です。メイク落とさなきゃ、ではなく今日もスッキリできる!くらいの楽しむ気持ちで使えるといいですね。

スッキリさっぱりした後は、その後のお手入れも楽しくなるし、キチンとメイクが落ちていれば効果もきちんと現れると思います。

肌は季節によっても状態が変わるので、今までとクレンジング後の肌の感じが違うと思ったら一度クレンジングを見直してみるのもいいかもしれません。

自分の肌に合ったクレンジングを見つけて、ストレスのない快適なメイク落としを続けましょう。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone