やっちまった!メイクをしたまま寝てしまったときの回復ケア5ステップ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

肌に悪いと分かってはいるんだけど、ついつい飲み過ぎて、ついつい仕事で疲れてて、うっかりやってしまう、「メイクをしたまま寝てしまった!」という大ピンチ!

化粧を落とさずに寝るのは肌の上に雑巾を乗せているのと同じくらい汚いとも言われています。

また、1日メイクを落とさないだけで3歳老ける、なんてことも言われているんです。

もちろん「きちんとメイクを落として寝るようにする!」ことは大前提ですが、うっかりやっちまった、というときの、緊急対処法を学んでおきましょう。

しっかりケアすることで肌へのダメージが最小限になり、回復が早まります!

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

【ステップ1】すぐに洗顔しない!まずは落としやすくする!

ぎゃー!やっちまったー!メイクをしたまま寝て、朝起きたら、「急いで洗顔しなきゃ!」と思いますよね。

一説によると雑巾並み、トイレの便器並みに汚くなってしまったお顔、すぐに洗いたいのはよくわかります。しかし!

一晩経ったメイクは毛穴に入り込んでしまっているので、なかなか全てをきれいに落とすのは難しいんです。

しっかり落とすのにゴシゴシするなんて、ダメージを受けたお肌には逆効果!まずは落としやすくするために、蒸気で毛穴を開きましょう。

お風呂に入り、湯船につかって蒸気でお肌をふやかします!

時間が無い場合は水で濡らして絞った清潔なタオルをレンジでチン、蒸しタオルで顔を覆うだけでもだいぶ毛穴が開きます。

しっかり毛穴の汚れを浮かせてから洗えば肌にも負担をかけず綺麗に落とせます。

【ステップ2】クレンジング剤をたっぷりつかってやさしく落とす!

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_s

お風呂や蒸しタオルで毛穴に入り込んだ汚れを浮かせたら、さあ、落とします!

しっかり落としたいところではあるのですが、ここは1晩メイクを放っておかれてダメージを受けたお肌だということを忘れないでください!

しっかり落とそうとゴシゴシすると弱った肌がさらにダメージを受けてしまいます。

クレンジング剤をいつもよりたっぷり使って、ゆっくりゆっくり、メイクを浮かせるように洗ってください。

蒸気でだいぶメイクが肌から離れやすくなっているので、こすらなくても落ちます!

洗浄力の強いオイルグレンジングでなく、ミルククレンジングやジェルクレンジングがおススメです。またやわらかいテクスチャーのもののほうが、肌をこすりすぎずに済みます。

【ステップ3】洗顔後は大急ぎで保湿をしましょう!

やっとメイクを落とせてすっきり、ちょっと休憩・・・なんてしててはいけません!

一晩メイクを落とさなかったお肌、だいぶ弱ってダメージを受けています。クレンジングと洗顔を終えると、とっても乾燥しやすい状態になっています。

洗顔後、肌の水分は時間がたてばたつほどどんどん蒸発して失われていきます。とにかく、洗顔後、すぐに、他の何よりも最優先で保湿をしてください。

化粧水をいつもより多めにつけ、できればちょっと質のいい保湿パックなどのスペシャルケアをプラスしましょう!

こういうときのために緊急用の高級パックを常備しておいてもいいかもしれませんね。

急だったから準備してない、という場合はコットンに化粧水をしみこませた化粧水パックでもいいでしょう。

大きめのコットンを使うとパックしやすいですよ。

化粧水やパックで保湿し、乳液などでしっかり蓋をしたら、さらに保湿性の高いクリームなどでいつもよりしっかりめの保湿をして肌を守ってあげてください。

【ステップ4】身体の中からもケアしましょう!

「やっちまったー!」の朝、大急ぎで洗顔して、しっかり保湿して、このくらいはみなさんやっているでしょう、しかし一晩傷めつけてしまった肌へのダメージは大きいもので、これくらいではすぐに肌は回復してくれません。

ここからさらに肌の回復を促進するよう、身体の中からのケアもしておきましょう。

メイクをしたまま寝てしまうほど、前日は疲れた、もしくは飲み過ぎた、ということが予測されます。疲れた身体だと肌の回復も後回しになってしまいます。

軽くストレッチをして身体をほぐし、首・肩・足などのリンパマッサージをしで老廃物を流し、温かい飲み物で身体をあたためてリラックス状態になりましょう。

このときの飲み物はノンカフェインのものにしましょう。コーヒー紅茶はリラックス効果はありますが、胃腸への刺激になったり、身体を冷やしてしまったりします。

時間が無い場合、大きく伸びをして白湯を飲むだけでもだいぶ違います。

朝食にはビタミンが多く含まれているものを食べるとさらに効果的です。

こういうときのためにサプリを常備しておくのもいいかもしれませんね。

好みのビタミンサプリがあればそれでもいいですし、いっぱいあってどれかわからないという場合は肌荒れ用に処方されたサプリがおすすめです。

【ステップ5】とにかく今夜しっかり寝ること!

たっぷり質の良い睡眠を取ることが美肌につながることはみなさんもご存知ですよね。

化粧を落とさず寝てしまった夜はお肌の再生がちゃんとできておらず、さらに落とさなかった化粧品からダメージを受けてしまいました。

次の夜こそはしっかり寝て、肌の回復、再生を促進しましょう。リラックスして深い眠りにつくことが大切です。いつもより長めに睡眠時間がとれるとさらにいいです。

ここで気を付けておきたいのは、前日メイクをしたまま寝たため、枕カバーや掛け布団の顔周辺部分がメイクで汚れている可能性があるということです。

ファンデーションや口紅はが白い付いていれば目立ちますが、カバーがカラフルだったり、皮脂などはよく見えないことも。

枕カバーやシーツ、掛け布団のカバーを変えてから寝るようにしましょう!

綺麗な寝具でぐっすり眠って肌をよみがえられせてくださいね!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone