糖質制限ダイエットの注意点と悩み対策・糖質の少ない食品

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

糖質制限ダイエットを正しく理解すると、「体重が減らない」「体に悪いのでは」などの悩みも解消されます。

ダイエットは長続きしないと効果がないようです。では対策方法も考えながら紹介します。

糖質制限ダイエットは肥満になる糖質を抑えて、基礎代謝を高め脂肪を消費させる働きがあります。食べ過ぎてしまうことをセーブする働きがあり、ダイエットにつながります。

ただ勘違いしがちなのが、糖質を全て断ち切るという訳ではありません。糖質も体の中で重要な働きをしています。特に体を動かすエネルギーの成分となっています。

エネルギーが減少すると病気にもなりやすいです。だるさや疲れがとれない、などの原因ともなりやすいです。糖質を適切に摂取すると軽減されます。

糖質ダイエットの注意点

f8aad6b58ffe5dbe79e0614172067bd9_s

ダイエットに良さそうな野菜ですが、糖質が少ない野菜もあれば糖質が多い野菜もあるので注意が必要です。

糖質の少ない野菜

ブロッコリー・ほうれん草・キノコ・カリフラワー・小松菜・ピーマン・もやし・レタス・白菜・キャベツ・ニラ・などがあります。緑野菜は食べていい食材が多いです。

糖質の少ない野菜を選ぶと、効果が高まります。

糖質の少ない食べ物

肉・魚類は全般的に糖質が少ないですが、あまり食べ過ぎるカロリー増加に注意です。

卵・豆腐などの大豆食品・糖質オフの食品全般、今は糖質オフの商品が売られているので利用すると便利です。ビールも糖質オフならOKです。糖質少なめのマヨネーズなら使用できます。

このように商品を購入するさい、成分をよく見ると糖質が少ない食材も多くあります。

悩み・「体重が減少しない」対策方法

b713e1f223d4322a4314a0825947b361_s

糖質制限ダイエットは、好きな食べ物にも規制があるためストレスが溜まり糖質を多く取りすぎている可能性があります。なので、糖質管理を見直す必要があります。

食事の量も減らしている可能性があります。糖質だけを制限するので食事量は通常の量で大丈夫です。しかし、食べ過ぎには注意が必要です。

筋力の低下による代謝に異常がでている。糖質制限ダイエットでは、過度の運動をする必要がありません。しかし、適度な運動を行う必要があります。

代謝が低下すると、エネルギー消費量が少なくなります。なので、糖質制限ダイエットでも体重が減少しにくい傾向があります。

そこで、有酸素運動や筋トレなどで代謝を良くすると体重減少につながります。

平均の成人の糖質摂取量とは?

自分の体重×1グラムで摂取量が算出されます。個人差もあるので参考にしてください。

糖質制限を理解して、長く続くダイエットをするのが大切です。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone