【美容】まじで?!出かける直前に日焼け止めを塗るのはNGだった!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

紫外線の強い季節になってきました。美容に少しでも興味があるなら紫外線がどれだけお肌に悪いか、心得ていますよね。女子の身だしなみです!

さて、でも強い日差しの中、ちょっと歩いただけなのに、しかも「しっかり日焼け止めを塗って」出かけたのに焼けてしまった、なんて経験ありませんか?

実は「出かける直前」に日焼け止めを塗るのは間違いだそうです!

夏のあるある!日焼け止め塗っていたのに焼けちゃった!

びっくり!「出かける直前」に日焼け止めを塗るのは間違い!

日焼け止めにはSPFなどの数値にもよりますが、1時間から数時間程度しか効果がなく、効果が切れたらこまめに塗り直すことが大切だと言われており、その知識はわりと広く知られていますよね。

その知識があるがゆえに、長時間外にいるような時は、なるべく塗り直す回数を減らしたいという考えが働き、日光に当たる「直前」に塗る、という人も多いようです。それが間違い!

クリーム状の日焼け止めの場合、塗ってからしっかり肌になじむまで30分程度かかるそうです。

紫外線吸収剤は肌の表面にぴったり密着しているときに、紫外線を吸収し、熱として発散させることで日焼けを防ぐ仕組みです。

しっかり肌になじむまでは紫外線を吸収する効果がうすく、日焼けしやすい状態だと考えてください。

ですから、塗った直後に外出すると最初の20分~30分で日焼けをしてしまうのです。

ですから日に当たる30分前には日焼け止めを塗るのが正解です!

紫外線吸収剤の含まれていない日焼け止めもあります。

乱反射させて日焼けを防ぐ「紫外線散乱剤」が含まれているものがそうですが、この場合にも、肌により密着していたほうが効果が高いので、同じように出かける直前ではなくちょっと前に塗るのがおすすめです。



ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA ポンプ 140g

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone