春に旬の野菜である、春キャベツ5つの美容効果とオススメの食べ方は?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

春に出回る始め、何気なく食べている新キャベツと菜の花ですが、どんな良い効果があるのでしょうか?

「春野菜=苦味が強い」というイメージもっている方もいるかもしれませんが、その苦味はとても美容によく、効能もさまざまです。

これから春野菜の、キャベツをピックアップして、美容効果について詳しく紹介していきたいと思います。

ここで美容効果を知ることで、きっとキャベツをもっと食べたくなること間違いなしです!

キャベツの美容効果

ASE_024_TP_V

1. 女性ホルモンを促す

キャベツにはボロンという女性ホルモンの分泌を高めてくれる栄養素が含まれているため、美肌効果があり、ニキビなどの肌荒れ予防の役割があります。

2. 紫外線対策

暑い季節になると、紫外線によるシミや日焼けが気になりますが、キャベツには紫外線から守ってくれるビタミンCがたっぷり含まれているので、外出前に食べておくと効果抜群です。

3. アンチエイジング効果

キャベツのビタミンCは、紫外線から守るだけでなく、メラニンを生成し、抗酸化作用もあるため、若返り効果も高いとされています。

4. お通じを良くする

キャベツは食物繊維の野菜といって良いほど、便秘解消にはピッタリの野菜です。

便秘になると、肌も荒れてくるので、便秘薬の代わりにキャベツを利用するのも体にその分負担がかからないのでおすすめです。

キャベツの外側や芯のあたりに、ビタミンCがたっぷり含まれているので、そこを捨てるのはもったいないので、サラダにする場合は、その辺を重視して食べるとより効果的です。

5. むくみの防止・改善効果

キャベツにはカリウムや葉酸も含まれているため、むくみ防止と改善の効果があり、仕事の疲労を改善してくれる役割をもっています。

さらに葉酸は血のめぐりを良くするため、貧血の方にはオススメです。

キャベツのおすすめの食べ方は?

white-cabbage-432608_960_720

上記でキャベツのたくさんの栄養素と効果を紹介しましたが、実際にそれを効率良く取り入れるには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか?

キャベツの外側の1枚から2枚を食べることで、一日分のビタミンCが含まれていると言われ、食べるサプリとも言われています。

しかし一度に食べてしまうと、体内に吸収されるビタミンも限界があるため、一日で何度かに分けて食べると良いでしょう。

もちろん、キャベツは生で新鮮なものの方が栄養価が高いのでおすすめですが、加熱をする場合は、最後にサッと火を通すぐらいにして下さい。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone