敏感肌の方は必見!ファンデーションの塗り方のコツを紹介!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

敏感肌だと、化粧ののりが悪くなってしまい、乾燥もしやすく粉がふいてしまうと悩んでいる方はいませんか?

そんな敏感肌の方は、ファンデーションの塗り方を少し工夫するだけで、化粧ののりも良くすることができます。

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションに分けて、塗り方のコツをこれから紹介していくので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

リキッドファンデーション:塗り方のコツ

・厚くならないように手の甲で伸ばしてから塗る

直接リキッドを顔に塗るとムラになり、厚塗りの原因になるため、手の甲で一旦馴染ませてから使うようにしましょう。

肌の色と合うファンデーションかも確かめることもできますので、季節や日焼けによっては変えるようにしましょう。

・顔の中心から塗っていく

ほほや鼻から塗っていくことで、自然な肌の仕上がりになります。気になるところは指の平でぽんぽんと、厚塗りにならないように馴染ませると良いでしょう。

最初に頬でファンデーションを伸ばすと、急いでいるときでも、全体に均等に広げることができます。

パウダーファンデーション:塗り方のコツ

CRI_IMG_6053_TP_V

・ブラシをつまんで平らにして、気になる箇所から塗る

ブラシを指でギュッとつまみ、平らにしてから塗るようにしましょう。ブラシではなくパッドを使っている方は、定期的に新しいものと交換しないと、割れて肌を傷つける恐れもあるため、注意しましょう。

そして、パウダーファンデーションの場合は自分の気になる部分を塗り終わってから全体を塗るようにして下さい。全体にサッと塗るだけでは、シミやシワが目立ってしまうので、塗る順番はすごく重要です。

・強く塗りすぎない

パウダーファンデーションは、リキッドのタイプよりも肌に負担がかからないのでオススメですが、ブラシやパッドで強く力を入れて塗る方が多いので気をつけましょう。

そして、リキッドのように伸ばす作業がないため、顔の輪郭の塗り忘れもしやすいので、輪郭まで軽く伸ばすようにして下さい。塗り忘れると、化粧が余計に濃くなり、ナチュラルに仕上げることができません。

パウダーファンデーションはパッドで塗るよりも、ブラシで塗る方が、全体に馴染みやすく時短にもなるので、パッドで上手くいかないという方は、ブラシを使ってみると、化粧のりも良くなるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。敏感肌の方は特に上記の手順を参考に、肌に負担をかけずにお化粧を楽しみましょう。

関連記事:【ヘアケア・トラブル】頭皮にカサブタができる・皮がむける人の対策5選







Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone