敏感肌さんに!肌に優しい日焼け止めを選ぶポイント5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

この季節に必要不可欠な日焼け止め、ドラッグストアなどでは、店頭に制汗剤と共に特設コーナーができています。でもたくさん商品がありすぎて敏感肌の人のなかにはどれを選べばいいのか分からず悩んでいる人も多いのでは。

効果はもちろん大切ですが肌に優しい日焼け止めはどうやって選べばいいのでしょうか。

1.日焼け止めは一年中使うもの

2582c1dde3c0129bff1d5396f45b39d3_s

日差しが強くなり、紫外線が気になってくると日焼け止めを使い始める方がほとんどだと思いますが、紫外線に関して言えば実は一年中注意が必要です。

本当に紫外線をブロックしたいと思っている方は、いくら長袖の季節でも屋外にいる時間が長い時などは日焼け止めを使ったほうがいいと思います。それは敏感肌の人も同じです。

2.敏感肌の悩み

a67417fd2311db2524954b9dbb40c43b_s

紫外線や日焼けが気になるのは敏感肌ならなおさらです。少しの刺激で赤くなる、かゆくなる、乾燥してカサカサになる、などなど・・・。そのうえ紫外線まで浴びてこれ以上肌のダメージを増やしたくはないですよね。

でも、敏感肌の人の多くが日焼け止めが合わずに悩んだことがあるのではないでしょうか。

3.日焼け止めの成分について

SPFとPAという言葉を聞いたことがあると思いますが、この値が低いほど肌への負担が少なく敏感肌の人へはおすすめです。さらに、大人用・子供用とあった場合子供用を使うのがいいと思います。

子供用のものは刺激が少なく肌に優しいうえ香料なども控えめになっているので顔などにも使いやすく、伸びもいいので肌に塗る際も刺激が少ないと思います。

4.正しい塗り方や塗る時間も大切

IMG_0277

たいていの場合、日焼け止めを塗るときは白く残らないように薄く塗ると思いますが、実はそれでは効果があまり期待できません。本当は白く残るくらいがベストです。でも、それはちょっと見た目が良くないのでこまめに塗るようにしましょう。

敏感肌の人は特に汗をかいたところに日焼け止めを使うと効果が期待できないばかりか汗と混ざって刺激になることもあるので、丁寧に汗を抑えてから使うことをおすすめします。

5.クレンジングも忘れずに

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

せっかく日焼けによるダメージをブロックしてもクレンジングがきちんをできていないと肌荒れの原因となってしまいます。

ここでも敏感肌の方は注意が必要で、あまり強いものを使うと刺激が強すぎるし、弱すぎるとしっかり落とすことができません。どちらにしても肌に良くないのです。

普段メイクをする方なら、使い慣れたメイククレンジングで落とすのがいいと思います。そして落とした後はいつも以上に水分補給や保湿をおすすめします。

少しでもほてりなどがあったらまずは冷やすことが大切です。冷たいタオルなどで冷やしてから使い慣れた化粧水などでお手入れしましょう。

敏感肌の人には気を付けることが多いこの季節ですが、自分に合った対策やお手入れ方法を見つけ、少しでも悩みを減らし、楽しい夏を過ごしてください。







Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone