美容のカリスマ君島十和子さんから学ぶ!3つの徹底したこだわりとは?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

年齢を重ねてもずっと変わらない美しさで、世の女性から羨望の眼差しを集めているカリスマ美容家の君島十和子さん。

コスメをプロデュースする実業家でもある彼女から、日頃の美容法や徹底した美へのこだわりを探ってみましょう。

1.毎日の徹底した紫外線対策で肌の老化を防ぐ

zen-865022_1280

肌が老化してしまう最大の原因は紫外線だという事実に気付いてから、ずっと徹底した紫外線対策を続けている十和子さん。どんなスキンケアを一生懸命するよりも、まずは「紫外線から肌を守る事」が美肌を維持する上で何よりも重要なのだそうです。

10代の頃、十和子さんは水着のキャンペーンモデルの仕事でこんがりと日焼けしていた時期があるそうです。しかし、日焼けした肌はその後ボロボロの状態になってしまい、20代にかけて肌トラブルに見舞われました。

十和子さんはこの時の経験から、紫外線が肌に与える影響の怖さを知り、徹底して対策するようになりました。紫外線対策は日差しの強い夏だけでなく、365日徹底して行っています。

外出時の日傘・手袋・サングラス・サンバイザーはもちろん、家の中にいる時も日焼け止めを塗っているそうです。その他に洗濯物を干す時や、室内の蛍光灯にも気を配るという徹底ぶりには脱帽ですね。

2.発酵食品を摂って腸内環境から美しく整える

portrait-1319951_1280

十和子さんは毎日必ず発酵食品を摂ることで、体の中からも美へのアプローチを徹底しています。

ヨーグルト・納豆・キムチ・味噌汁など、毎日必ず何かしらの発酵食品を摂り入れる食事をすることで腸内環境をキレイに保ち、それが彼女の透き通るような美肌へと繋がっています。

近年、美容に良いと人気を集めている発酵食品といえば「甘酒」ですが、十和子さんは1年中冷蔵庫に常備しているのだとか。甘酒は「飲む点滴」や「飲む美容液」とも言われる発酵食品です。

肌トラブルの改善や便秘解消、疲労回復などさまざまな効果を得られる甘酒を毎日飲めば、十和子さんのような若々しさを保てるかもしれませんね。

3.印象的な目元の秘密は「まつげ美容液」

beautiful-2315_1280

人の第一印象は目元に集まりますが、年齢とともにまつげは薄くなり、目ヂカラがなくなっていきます。50代になっても人形のような長いまつげで若々しい目元を保っている十和子さん。

その秘密は自身がプロデュースしている「まつげ美容液」にありました。十和子さんのこだわりは、まつげエクステや付けまつげに頼らず「自分のまつげを育てること」にあります。

十和子さんのコスメブランド「FELICE TOWAKO COSME」から、安全性にこだわって作り出した「FTCパーフェクトFFラッシュセラム」というまつげ美容液はリピーターも多く、幅広い世代の女性達から支持を集めています。

エクステや付けまつげで目元を酷使せず、健康的で濃密なまつげを育てるという十和子さんの美意識は素敵ですね!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone